2017年07月26日

少し風向きが変わった?

なんかメディアの流れが少し変わってきましたね。

なんていうか、加計学園の件に対してやばいと思い始めたのか、
偏向して隠してた報道内容が少しずつするようになった感じ。

前川氏が完全にウソがばれ、彼を出さなくなり、加戸元知事の証言が
けっこう出るようになったし、今日は青山参議院議員も出てました。
それでいくと稲田氏の方はほぼ無くなってるw

今日は安倍首相が知ったのは今年の1月20日かどうかばかり。
ただ質問は申請の日だったんで、そう答えても仕方ないと
ここはよくわからないけど、知っててどう?知らなくてどう?のレベル。

それにしても見てて一番思ったのは、そもそも獣医学部を作って学校経営
として儲かるのかどうかということ。
ここは調べてないから想像なんだけど、そんなに儲からないでしょ。

もし儲かるなら、もっと多くの大学が岩盤規制に抗ってたと思う。
それが52年でほんの数校ですから。

それに対し、反対する人々の方が明確!
規制により新規参入を防ぐ業界、規制を強めることで存在価値を持つ文科省、
それらを守ることで利を得る政治家の政官業のタッグ!いや学も入るねw

行政に関わってるようなことをしてたらよ~くわかると思う。
規制、許可、免許、補助金、助成金のおかしさ!
こういうのこそ国際的にはおかしいものなんですが、世界基準が大好きな
リベラルは何も言わないんだよなあ・・・w

ま、少しずつ報道内容も沈静化してきたから黙って見守りましょう。
明日からはどうなっていくか・・・ね。

ところで、逆に目立つのは松居某さんとか、上西某さん!
悪いけど、こういう人たちはサイコパスだと思うんだけど、そういう人を
面白おかしく利用するのはどうかと思う。

この前は奏葉さんなんかも出てたように、いくら有名人でも取り上げるべき
ではないことくらいわからないかなあ。
内容は見ないようにしてるんで詳しく知らないけど、ネットのコメントなんか
見てるとメディア批判してる方が多いからね。

問題の根幹は毎日やるからじゃないかな。
毎日やろうと思えばネタが必要じゃないですか、そんなに落ちてるわけない
から、どうしても歪なものになるんだと思う。

いじめとか、自殺とか、事故とかでも昔からず~と日本全国あちこちで起きて
きたけど、そんなに取り上げられることってなかったでしょ。
自分の近所でも過去、すごい事故があったけどそんなに騒がれなかった。
今だったからどうだったか。

それが熊が出たっていう方が取り上げられるくらいネタに困ってるw
印象としては映像や動画があれば取り上げるみたいなレベル。

もうね、ガラガラポンしてほしい。
そんな日は来ますかねえw

taka1346yu at 22:30|Permalinkテレビ 

2017年07月25日

報道姿勢

もうかなり前のこと。
今はそれぞれの家庭事情が変わり、一緒に飲めなくなった同級生たち
彼らとよく飲んでいたころの話。

最近は何て言うのかわからないけど、当時はスナックとよばれる店で飲ん
でいて、そこのママさんがふと我々にこう言った「あなたたち仲がいいね」

ん?おかしい、だってさっきからお互いを罵り、注意し、面白おかしく揶揄
したりしていましたから。

「なぜそう思うの?」て聞き返すと、「あなたちは面と向かって言ってるで
しょ、普通は誰かがトイレに行ったすきに陰口とか言うから」

普通っていうのを知りませんでしたw
だって基本は嫌いな奴とは飲みたくないですから。
でも仕事上とか、団体組織に所属するとそうはいきませんよね。

世の飲み屋経営の方々はいろんなシーンを観察してるんだろうなって思ったの
と、それ以降はできるだけ陰口は言わない、言うなら堂々と!
そして本当に言ってはいけないことは絶対に言わない、これを守りました。

性悪な方だと思うけど、人に避けられてる風でもないと思う。
友人知人もそこそこいるし、上からも下からも慕われこそはしてないけど、
一緒に飲むと楽しいって言ってもらえるから大丈夫だとは自己診断してます。
それもこれも先のことを最低限守ってきたからだと。

でも人間ですから、どうしても許せない人、嫌いな人はいます。
そういう人への不満は心を許したほんの数人にしか言わないようにしてる。
また悪口大会になることはあってもそれで終始しないようにも。

悪口や陰口ばかりだと何ていうか個人的な言葉として魂が腐るって呼んでます。
負のパワーにとらわれてしまうと、絶対いい方向に行かない。
それよりも人を褒めたり、いいところを見つけることがプラスというか運気も
上昇していくと信じてます。

そういう風に心がけいると、メディアの報道ぶりに頭がおかしくなる。
上手な批判、巧妙な揶揄、ちょっと笑える皮肉や少しは相手への思いやりとか
優しさも感じられるようなものなら見ていても心地いい。
それがご存知のように罵倒のレベル、ものの5分もすれば吐き気がする。

しかも情報化社会で多くのことが表立っているというのに、構成制作したものが
明らかに偏向と思い込みの度が過ぎ、飲み屋の悪口大会の比じゃないくらい品性
下劣というかそれ以上に愚劣と言いたくなる内容。

あまり仲良くない集団とか、下卑た集団にありがちなのが、仮想敵であったり、
共通の敵を作ってその人の悪口を言うやり方がある。
これを国をあげてやっているのが中国と韓国の反日で、これにより国内での不平
不満のはけ口にして、自分には攻撃が向かないように避けている。

結果、敵ばかりに目が行って、本当に重要な自らの足元が手薄になり、気づけ
ばどうしようもないくらいとんでもないことが起きるというパターン。
昔からある愚民化政策ともいわれていますよね。

日本の主要メディアも同じようなことをやっていると思う。
ただし中国や韓国と日本が全く違うのは、その愚民化政策が通用してないことw
そもそも長年にわたって自虐史観といわれるものをメディア、日教組ともに
がんばってきたのに、日本の現状はおわかりでしょう。

その昔、世界中を制覇したキリスト教の宣教師が日本にやって来た時、音を
上げた話が興味深い。当時の日本人はすでに情報をそのまま受け入れず、自分の
頭で考え、疑問を持てば聞き返していたため、宣教師が「キリスト教を信じれば
救われる」という言葉に、我々は救われてもご先祖は救われないのかなんていう
風に聞いたりしてかなり困惑したという記録、日本での布教は難しいと。

たぶん多くの人にもそうしたDNAが残っていると思う。
だからこそ、大悪人でもなぜそうなったのか、そうせざるをえない環境があった
んだろうかと研究する人や疑問を投げかける人も多い。
優しさとは言わないけど、他人の業も自分に投影して考える傾向にあると思う。

だから、安倍が悪い、稲田が悪いと連呼しても何がどう悪いのか、政治家である
ならどんな違法行為をしたのか、はたまた違法とまでもいかなくても倫理規定
違反とかそういうのレベルなのかがはっきりしない追及にイライラする。

その反対に自分たちに理があるからと、声高に一方的に相手を罵倒するような
質問を見ていると、巷のモンスターたちを連想してしまう。
ほとんどの人が仕事、バイト、学校、ご近所などにそうした人と対峙したことが
あるでしょう。自分に非があっても認めず、他人ばかり責める嫌な奴!

そうしたこともメディアや野党はその姿勢に投影されているのを理解してないし、
先日はビートたけし氏が土曜日の番組で「民進党は蓮舫議員が人気があると思って
いるんだろうか、もしそう思ってるなら相当なバカだな」というコメントがあった
という記事をみました。

これは何回も書いてるけど、本当に小さな自分たちだけの世界でしか価値判断を
してない証拠であり、メディアムラはもちろん政治家、官僚、運動団体など首都
東京のほんの小さな区内でしか物事が見えてないんだろうと思う。

反論を探せば、少し離れた場所や50キロも離れた地方とか、もっといえばネット
なんかでもいくらでもあります。しかし、反対意見すら見えないほど耄碌してる
のかそれともある意図が働いていて、自身もがんじがらめになっているのか・・・

池田信夫氏が今の安倍攻撃は憲法改正案を出したときに始まったと、時系列で説明
しているのがけっこう納得できますから。
とすると、この前オイラは中韓問題と消費税増税について多くの国民は関心を
持っていて憲法改正はそこまでって書いたけど、この考えは過ちかもしれない。

今日でモリカケ問題は一段落、次の山場は内閣改造になるかな。
それまでにどうしたものが流されるのか注目ですね。
この国からイジメ問題が無くならない理由が何となくわかる気がしますw

taka1346yu at 23:01|Permalinkマスコミ 

2017年07月24日

2020年の今日

みんな口をそろえて言うのが「暑い」

例年より過ごしやすいね、思ったより暑くならない、案外涼しい
何て言う人は一人もいないw

夏休みに入ったみたいだけど、暑さのせいか子供たちの声も聞こえない
ほど、みんな家の中にいるんでしょう。外はやばいもんね。

自分は今日、午前中まで山の方にいました。
こちらはさすがに過ごしやすかったとはいえ、それでも少し動き、何か
飲んだとたんに汗が吹き出しました。
田舎でもこんな感じなのに、都市部はさぞかし厳しいでしょう。

ふと何かで目にした記事が2020年の東京五輪、開会式は7月24日だって。
この日本トップクラスの暑さの中でスポーツ競技会をするんでしょうか。

お隣韓国のの冬季五輪は資金不足をはじめとした危機がいわれているけど、
日本は開催の危機はないにせよ、選手から不満の声が出そう。

前回の東京オリンピックは10月10日。
体育の日に指定され、運動会にももってこいの日。
なのになぜ真夏のオリンピックにするのか・・・

知ってる人はもうわかってますよね。
放映権料の関係で最大のスポンサーであるアメリカの要請。

日本は3月末、4月開始の春で区切るけど、海外はそれが夏。
プロリーグも夏がちょうど休暇となり、秋から始まります。
それもあって閑散期にオリンピックを放送するのはアメリカにとっては
すごくいい。でも選手にとっては・・・

思い出すのがワールドカップアメリカ大会。
こちらも放映権の関係から暑いときに、しかも日中にやってしまい。
選手のパフォーマンスがガタ落ちになりました。
予選リーグはまだしも、決勝Tは惨憺たるものになったのを思い出します。

実際オリンピックでもマラソンや競歩などで棄権が続出した大会もありま
した。そうなってしまうと観る側もつまらなさを感じます。

オリンピックは完全に商業主義となり、スポンサーあっての大会になって
しまい、選手にとっても好都合だとは思うけど、本来のパフォーマンスを
削がれてしまっては矛盾するんじゃないかな。

ナイターなどを使用してやるのか、室内競技ではエアコン設備するのか、
早朝にマラソンなんていうのも見たように思います。
夏の甲子園さえ見てて気の毒なのに、世界の1位2位を争う大会がはたして
どうなってしまうのか。今日の暑さをかみしめながら思いました。

taka1346yu at 22:43|Permalinkスポーツ 

2017年07月23日

知っててどうなる?

テレビではクイズとうんちくが安定して続いている。

自分としては出演者が完全に芸能人ばかりになったことが嘆かわしい。
ひと昔前はこういうのは素人全盛だったのに、いつしかタレントの独壇場。
最近は一般人も出るようになったとはいえ、東大だの京大だの範囲が狭い。

商品や賞金がかかっても出演料を貰ってるんだからどうだっていいでしょっ
て醒めた気持ちで見ているのはオイラだけだろうか。

なかには自腹を切る番組がいくつかあるけど、そちらも白ける。
そういうのにドキドキする視聴者は申し訳ないけどバカでしょw

さてさてその手の番組の中で気になるものがあるんですよ。
それは国民のほとんどが使い方を間違えてるみたいなもの。

例えば汚名挽回とか、的を得るとか、確信犯とか。
正解を聞くと確かにそうなのかって納得はする。
でもね、そもそも大多数がそう思って使っているのなら、本来の意味はどう
でもいいんじゃないかな。

あえて本来の意味に戻す必要がないと!
多数決の論でいけばそれでいいと思うんだけどね。

長い歴史の中で、人々の知恵が作り上げてきたものは本当に多い。
逆に必要無くなれば消えていくし、みんなが認識できればそれでいい。
そもそも言語ってそんなもんじゃないのかって。

そういう系で面白いなあって感じたのが青と緑。
信号は赤、黄、青っていうけど実際には緑。
そして野菜も緑なのに青野菜っていう。

こういうのも紐解けば、言葉自体がどうだったか、人々の認識はなど歴史の
流れから今に至っていて、多くの人がわかっていれば問題ないという感じ。
まあクイズを作る方はそういうのが面白いかもしれないけど。

あとどうでもよくなるのにものの数え方なんていうのもある。
ひとつ、ふたつ、みっつでいいのに、タンスは?ウサギは?先日なんかだと
霊魂の数え方が出題されてましたw

自分は雑学が好きでけっこうクイズなんかには強い方だけど、先のように
それを知ってて得する系とどうでもいい系に分かれると思う。

また物知りの人でもそうした知識を実生活とか、コミュニケーションとか
生き字引のように生かせる人と、単なる知識で終わってる人もいる。
前者だと感心するけど、後者は気持ち悪いだけ。
言っちゃ悪いが時刻表を覚えているだけの人とかかなw

また本当にすごい人は知識欲がどん欲で、自分よりない人だろうが、子供だ
ろうが、おかまいなしに質問して得ようとするから驚いてしまう。
でも人生的にはそういう人の方が楽しいんでしょう。

最近の自分は地元の昔話を聞くのなんかが好きですね。
やはり歴史の流れを知ることはけっこう現実社会にも生きてきます。
本当はもっと世界史や日本史も知っていれば、それらとリンクして深い知識
が得られると思うんだけど、さすがにそこまで優秀に生きてませんw

さあて今夜も本を読んで寝ますか。
生かせるか知識か、そうじゃないかはわからないけどw



taka1346yu at 23:42|Permalinkひとりごと 

2017年07月22日

安倍さんを批判すると・・・

安倍首相の支持率が急落しているという。
反安倍界隈は喝采の嵐。
ここにきて息を吹き返し、自民党内のクズどもも顔を出し始めた。

でも根本的な間違い、いや勘違いをしていると思う。
というのもポスト安倍はってなったとき名前が出てこない。

またネット上のいろんな意見を見聞きしてもほとんどがポスト安倍で
ストップしてしまい、最終的には彼しかいないという結果に。
じゃあ何を基準にそうなのか、逆に言えばそれができれば簡単に彼に
変われるとも思える。

そのキーワードは外交と増税。
憲法改正は?っていう人もいるでしょう。
しかしそんなものはほとんどの有権者には影響がないんですよ。

そりゃあ周囲の状況は緊張感が高まってるし、いろんな閉塞感は憲法から
来てるとはいえ、大多数は今すぐという感じじゃない。
たぶん20年後にはあれは何だったのというくらい簡単に改正するという
のが個人的な見解です。理由は団塊の世代がいなくなれば・・・でしょw

外交とあげましたが、特に中国と韓国そして北についてです。
こちらはご存知のように国内の数々の工作があまりにも酷いところまできて
いて、メディアはもちろん外国人に対しての優遇策などは日本国民の懐を
圧迫してるし、国連をはじめとした海外工作もほっておけません。

これらに対して過去の歴代政権がどれだけの対抗策が出来たか。
今でも媚びる人たちが有象無象発生してるけど、それらを抑え、また最近は
官僚の動きもきちんとしたものになって来てるのも安倍政権からです。

先日は広島地裁で朝鮮学校についての判決が出ましたよね。
あれも今の日本の流れだからという気がしてならないんですよ。
いくら司法は別といえ、もしもっていう気がします。

そして安倍首相に代わって次に誰ができますかって話。
普通にやってくれれば問題ないのに、こと中国や韓国が相手になると及び腰
であったり、媚びたり、友好とか交流しようとする政治家がほとんど。

記憶に新しいものでは舛添元都知事とか、もういい加減にしてくれってなりま
したよね。彼自身、自分への反対が増えたきっかけは韓国に関してだったとイン
タビューで語っているように、みんなもうああいう土下座外交は止めてほしい。

根本的には彼らを嫌いになりたくない、仲良くしたい。
でも何年も何十年のやられ続け、いつ終わるの、これで終わるのと思ってたら
まだまだ続けると宣言する人たちをどうして好きになれと!

百歩譲って彼らが貧しい苦しい時期は助けてあげるのは特に反対じゃなかった。
しかしGDPが2位とか、日本を抜いたなんて言い出した上にこの仕打ち、
そうなれば日本国民の考えも変わらざるを得ませんよね。

だから政治もそうした国民の意志をきちんと外交で伝えてほしい。
彼らは曲解しまくってますがw

そして増税。
こちらについては財務省が消費税を10%にしたくて手ぐすね引いてるという話。

安倍政権になってから財務省を遠ざけ、経産省の人を重用し、また東大出身者
がすくないことも影響してか東大閥も少ない。
ちなみに民進党とか共産党はやたら東大卒が多いですねw

消費税が10%になれば日本の消費活動は大打撃でしょう。
また財務省の増税路線がそれで終わることも決してありません。
また次のネタを探すのは目に見えてる。

こちらについても安倍首相の他に日本最大級の岩盤ともいえる財務省とガンガン
やってくれそうな政治家って誰が思い浮かびます。

その反対に10%になってまったく影響なさそうな現時点で利権にあずかってる
連中ばかりが増税に賛成してる姿の醜いこと!
特に新聞なんて自分たちは軽減税率適用なんて馬脚を現してましたよねw
国民の生活とかどうだっていい奴らしか言ってないのを観察しましょう。

さてさてここまでタイトルの批判としながら擁護してますw
しかし自分は好きですが信者じゃありませんから。

何より経産省閥が多いせいか、エネルギーに言及しない。
特に原発関係ではだんまりがほとんど。
最近日本近海ではメタハイ、熱水鉱床、レアメタル、水素・・・数多くの発見が
なされています。しかしそれを国をあげてという話にならない。

そもそも安倍さんは石油企業の出身。
そちらの利権も考えれば大型タンカー、備蓄基地、精錬所・・・数多く存在
しますからね。これらを擁護する立場にあると見ています。

また明日からはいよいよ稲田防衛大臣に対する国会が始まります。
個人的に彼女を応援してた方ですが、今ではもう・・・
最初に靖国に参拝しなかった時点で半ば嫌になってました。
それを追及されて泣いたのでさらにさらに嫌いになりましたw

彼女は自民党が野党時代にすごくいい質問をしまくり、保守層から人気を得た
わけですが、それはあくまで下地あり。
これが答弁側であったり、インタビューになるとさっぱり。
ん~これで弁護士出身なんてどうよ状態になりました。

それらが安倍さんの任命責任に行きます。
だって憲法改正だの9条や専守防衛、自衛隊のあり方などかなり重要視してた
わけじゃないですか。それがこんな人を防衛大臣なんて・・・

ここのところ防衛省内部からの反逆だという話も出ています。
シビリアンコントロールから問題だという意見も当然だけど、自分が命を預ける
組織に所属しながら、トップが稲田氏のような人じゃあ嫌になりますよ。

報告を受けてもわかっているのか、わかってないのか・・・
海外に行くときはド派手な格好w

自衛隊の人たちは災害救助に向かうトラックの後部座席で、暑くてもヘルメット
をかぶり、半袖にもならない。それくらいの時はリラックスしてればいいのにと
思うけど、そうした姿も信頼の一つになっているのかな。

制服の人が歩いているのを見れば、背筋を伸ばし颯爽と歩く。
そりゃあ四六時中そんなとはいわないけど、少なくとも自衛隊とわかる服を着た
ときは上から下まで自分がその顔として振舞っています。
なのに、稲田大臣は・・・・

森友と加計ではメディアと野党のやり方に頭に来てたものです。
しかし稲田氏に関してはとっと辞めてほしい。
そのうえ、なぜ日ごろから重要視してるはずの防衛大臣を彼女にしたのか。
これらについては安倍首相への批判はかなり多いですね。

8月の組閣は真剣にやってほしい。
外交と増税について変わる人がいないからこそ応援されているけど、ある意味
それらの受け皿があれば、安倍首相でも簡単に変わられますよ。
特に消費税増税は絶対にアウト、真のレッドゾーンはそこでしょう。

それにしても人材は本当にいないのか。
それとも組織の在り方によりいい人材が使われにくいのか。

日本にはいい人がたくさんいると思うけど、つまらない人間の方が出世欲が強く
いい人ほど疎いから困りますw
とはいえ、それも日本の縮図なんでしょうね。



taka1346yu at 22:05|Permalinkひとりごと