2017年07月16日

2:6:2

この週末は地元の商店夏祭りでした。

毎年恒例ながら、この時期特有の梅雨明けとの戦い。
あと近隣地区の花火大会などのイベント競合などいろいろ。

今年は天気も大丈夫だったし、他とも重ならず成功。
ただ暑さがかなりだったため、熱中症が心配されたけどセーフでした。

この他に地方の人ならわかってくれると思う消防夏季訓練の代表
ともいえるポンプ操法の練習もあります。
その他いろいろ参加してるといつも考えるのが2:6:2の法則。

こちらにも何回か書いてる働きアリの法則といわれるもので、集団の
うち2割はきちんとした人がいて、残り8割のうち6割が普通であったり、
五分五分な感じの関わり方、そして残り2割が幽霊といわれる無関心な人。

どういう組織、団体もこんな感じで、面白いのがある団体で自分はきちんと
した側にいるけど、あるところでは無関心となったり、中庸の6割に存在し
たりと様々。その決め手は自分の心の中にある優先順位や役員に選ばれるか
どうかの立場なんかで変わってきます。

これを理解してないと、在籍組織に対しイライラしたり、人にもあたってしまう。
どういうことかといえば2-6-2ならほぼ運営は順調、しかしこの比率が崩れると
例えば真面目が増えると船頭が増えて揉めたり、無関心派が増えれば真ん中の
人々もやる気をそがれたり、出席者が少なくなったり・・・

だから、確実に出ない人をどうにか出すようにしようなんていうのはご法度で
8割の人がいればいいでしょっていう程度にし、中庸の6割の人にも特に
もっと精を出してくれなんて強要しない方がいい、そこそこでw

指導的立場の人がいて、従う人がいて、どうしようもないのもいて・・・
そんな感じの何となく一番いい感じになると。
そんな風に夏祭り、ポンプ操法、その他の活動を見ています。

自分の経験で崩れたときの話をすると、それは野球のクラブチームでした。
今でも地元のご近所さんチームは続いているけど、クラブは廃部。

原因はやはり2-6-2が崩れたからといえます。
でも仕方がなかった・・・
若い時期はいいけど、結婚、仕事、年齢といつまでも同じじゃないですから。

個人の条件が変わり、参加への意欲も年を追うごとに一人、また一人と減り、
ここに新たな人が加わってくれるうちは何とかもったけど、自分が役をし、
年を取ると若い子への勧誘もたいへん。

じゃあ役を交代し、若い子に変われば入りやすくもなるんだけど、引き受けて
くれる人がいなくなり、残念ながら・・・でした。
ただ上手に禅譲できた組織・団体は今でも存続しています。

そうやって経験を積むと、ほんといろんなことがわかりますね。
正直この人はダメだと思えば平気で切れるし、その反対に信用できる人とか
この人はきちんとすべき人というのも自然とわかります。
たぶん自分が世渡り上手といわれるのもそこだけはうまくやってるからかなw

難しいのは八方美人でもダメなんですよね。
切る場合ははっきり切る。
そういう厳しい態度も持っておかないと、逆についてきてくれる人から嫌がら
れてしまう事例もた~くさんみてきました。

独りよがりもダメ、ワンマンもダメで批判してくれる人も重要。
また全員が同じような戦力になってほしいという高望みもご法度だし、地位
とか力量を判断して、期待も濃いの薄いのきちんと分けるべきでしょう。

今回の夏祭りでも人間模様がいろいろあり、久々に思い出した次第です。
イベントは粛々と進みましたが、協力ではいろんなことがありましたので!

そして自分がされたことが今度他人から必要とされた時、その人が自分に
どれだけのことをしてくれたかで、組織の6もしくは2になります。

オイラは基本、怠け者で意地汚い人間ですから、そうした損得もっといえば
打算で動くタイプともいえますからw

批判する人もいるでしょう。
しかしストレスを溜めない生き方はそれが必要!
嫌われる勇気もないとね。

taka1346yu at 23:32|Permalink人間観察 

2017年07月14日

あなたは何者?

安倍首相が加計問題なら、民進党の蓮舫代表は日本国籍と台湾籍の
「二重国籍」だとされる問題。
既に台湾籍がなく、問題は解消されたことを証明する資料を、18日に
公表すると明らかにしたそうなんですが、ここに来て風向きがw

「(証明資料として)何を示すかは今、弁護士を含めて整理している」
「戸籍謄本そのものを公表するとは言っていない」

あれれ?何だかこの前誰かさんがツィッターで記者会見する予定なんて
ぶち上げながら、結局しなかったことを多くの人が怒ったら、あくまで
予定なんて逃げをうったのを思い出しましたよ。

そもそも彼女が発表するとした後、なぜか党内や運動家などから公表は
ヘイトを誘うなんていう意味不明な意見が出てましたね。
発言は認めないといけません、が、どこがヘイトなんでしょう。

彼らが言うには、そういう前例を党首がすることで一般社会からも戸籍を
示せなんていう風潮が出来上がるっていうものらしい。
いつもの論理の飛躍としか思えないんですけどねw

また得意の海外事例を出すから、自分もそれなりに調べてみました。
(海外を出すなら、スパイ防止法や盗聴は当たり前w)

多くの国が多重国籍について緩いという事例が多いです。
しかしあくまで一般社会であったり、生活でのこと。
そりゃあ違法行為さえなければ、また犯罪性向さえなければ、そんなに
うるさく言うことはないでしょうから。

これが問題視されるのは、外国人や多重国籍者の犯罪が増えると見る目は
変わってきますよね。それをヘイトとする風潮が保守層がリベラル派へ
怒りを向ける原動にもなりつつあります。

そしてこと政治家に限っては多重国籍には厳しい。
多民族国家で少々緩い国であっても大臣クラスでは許されないようです。
そりゃそうでしょう、だって国民を縛るための法律を作り、また執行する
機関にいる者がその国の国籍を持たないとしたら・・・

恣意的に反国家行為をされる可能性は十分考えられますから。
それでも多文化共生の観点から良しとする日本国民がどれだけいるんでしょう。

ヘイトという言葉は便利に使われていて、今では徐々に軽くなってきました。
本当に深刻なヘイトでさえ、真剣に受け止められないような感じ。
ひと昔前に問題になった部落差別、男女差別はもっと重かったのに・・・

民進党内で問題にすべきじゃないという人は、選挙をどう考えているのか。
民主主義の基本中の基本は選挙じゃないですか。
デモや革命で政権交代するような国ははっきりいって後進国!
日本では226や安保運動もあったけど、そんなのでは何も変わりませんでしたよね。

その選挙において、投票権のある人々に国籍をきちんと明らかにするのは
ある意味立候補者の義務だと思う。
たまに経歴詐称が問題になるように、人となりのわからない立候補者を判断する
のに経歴で見る人も多いですから、どれだけ重要なのかを考えないと!

蓮舫代表はまだ有名人ですから、人となりもわかってます。
でも無名な候補者だとさっぱり。
ある著名人は国会議員すべての国籍を明らかにすればいいという意見もw
これは大賛成ですね。なにせ、蓮舫氏以外にも多重国籍者が・・・

とにかく、発表の日を見守りたいと思います。
自分が何者かを明らかにしないなんて、そんな人に政治家を任せたくない上に
そういう人が他者を攻撃するなと言いたい。


taka1346yu at 23:15|Permalink話題 

2017年07月13日

テレビメディアの変わり目?

加計学園問題の国会中継はなかなか面白かった。

けっきょく進展はなく、大山鳴動状態に。
真相究明なんて言ってた野党やメディアへの怒りが徐々に湧いてる感じ。

そりゃそうでしょう。
なんでこんなことにエネルギーを費やすのか。
海外事情や経済事情が厳しいなか、そうしたことと無関係な特に東京の
そのまた一部の連中だけがぎゃあぎゃあ騒ぎ立ているだけ。

今日もニュースに上がってたように、景気回復傾向でありながら消費は
向上してない。地方は本当にアップアップ。

だから東京のキー局や新聞、雑誌が加計の真相よりもそれらで視聴率や
部数を上げたいだけの姿勢に怒りがこみ上げます。

ただ安倍首相の責任があるとすれば、「辞めます」のひとことが余計だった。
これがアンチ安倍をヒートアップさせたといえる。
軽々にそういう言葉は言うべきじゃなかったと思う。

さてさてメディアの変わり目とタイトルにしましたが、その意味は二つ。
まず一つ目は参考人招致後のメディアの報道ぶりへの批判がかなりw

オイラも中継を見たけど、加戸元愛媛県知事の説明はわかりやすさを通り超え
美しさ素晴らしさを感じるレベル。
いろんな答弁を聞いてきたけど、態度、言葉使い、内容と品格も併せて近年
まれに見るものでした。

そして次の日の報道ぶりは・・・やはりでしたねw
相変わらず前川答弁ばかりに、これまた相変わらず疑念は晴れずだって。
そりゃあわかろうとしないと者には永遠にわかりませんよ。

あのサリン事件で河野さんを容疑者に仕立て上げたメディアは、反省のふりを
しながらやっぱ全く変化がありませんでしたね。

ただし、きちんと見てた者、ネットも情報源としてる者はその嘘がはっきり
わかってますから。そして最近はやりのフェイクニュースという言葉があちこち
で散見されるようになりました。

一番笑えたのは加戸氏がユーチューブのみが真実を伝えてくれたという言葉。
中継してたNHKはどう思ってたんだろう。
和らしい言葉の奥にメディアへの怒りを痛烈に感じました。

批判の声が沸々と湧きながらどうにもならないのか・・・
それが二つ目の変わり目で、2020年を目途に放送と通信の融合が今年から
話し合われるのだという。

地上波の配信とネット配信を同時にやろうというのを東京オリンピックまでに
間に合うように、放送内容も2019年には本格実施したいとNHKもいってるそう。
そのためには2018年に法律を改正しなければならないため、2017年の今年中に
結論を出さなければならないのだという。

すでに総務省とNHKは少しずつ話し合っていて、半年以内にその骨子が発表
されると思われます。となると、メディア特に放送の世界はかなり改革の嵐が
吹くんじゃないでしょうか。

もちろん抵抗も考えられるため、悠長にはできないけど少なくとも良くなると
信じたいですね。方向はもちろんより良い日本!
そして現在一番問題だと思う報道しない自由を行使させないこと。

イデオロギー支持者の一方的な意見を反映させない、スポンサーの意向で事実が
捻じ曲げられたり、情報操作や印象操作をさせない、都合や不都合に関係なく
事実を提供してもらいたいものです。

hyou



taka1346yu at 23:10|Permalinkテレビ 

2017年07月12日

五輪の先行き不安

個人的にオリンピックに対する魅力と権威は確実に半減していると思う。

その理由は競技の種目と階級があまりにも多過ぎて、メダルの価値が
軽減されてしまったのと、増えたにしても単にその国の人の興味のある
または得意種目が放映されるだけで、全体は全く分からなくなっている。

莫大な放映権やスポンサーなんちゃらに縛られ、挙句は選手のパフォー
マンスなんてどうでもいいと灼熱の時期に開催する。

そして何と言ってもメダルの数へのこだわり。
ご存知の人もいるでしょう、同じメダルでも競技によって価値が違う。
こういうと平等主義者は同じだというけど、はっきり違いますよ!

単純に考えても競技人口の多いものと少ないもの。
参加国数とかね。
残念ながら野球は不人気の方だし、メダルが獲れてもピストルやアーチェリー
なんていうのもマイナー競技扱いです。

別にバカにしてるわけじゃなく、それよりも国別に数を出してそれがさも
威信のように報じるメディアが大嫌い。
総数よりも獲れた競技の選手を称えればいいでしょう。
仮に数を見るなら、その競技別で見ればいいと思う。

メダル信奉に続くとIOCのあり方。
こちらは候補地を競わせ、あからさまに賄賂が通用する世界になっている。
東京五輪も莫大な資金を使い、その使途は不明w

ここ数年の開催地は明らかにそれらに強い国、都市が開催となった。
その上、リオは何とかやれたけど、平昌でははたして大丈夫かという懸念が
おきているのも本当に候補地選定を真剣にやっているのかと思う。

また莫大な費用がかかるのにいつまでも都市開催にこだわっている。
今後はもう新たな都市は考えられないみたいだし、国ごとにすべきじゃ
ないかな。そしてとうとう・・・

国際オリンピック委員会は、11日、スイスで臨時総会を開き、
東京オリンピック後の2024年と28年の夏の大会について
24年の開催都市に立候補しているフランスのパリと、アメリカの
ロサンゼルスとの調整がまとまれば、9月の総会で2大会の開催都市を
同時に決定することを決めました。

IOCでは、オリンピックの開催都市に立候補した都市が巨額の開催費用
などを理由に撤退するケースが相次いでいることに危機感を持ち、
選考方法の見直しを進めてきました。11日にスイスで開かれた臨時総会
では東京大会後の2024年と28年の2つの大会の開催都市を同時に
決める異例の措置について話し合われました。

その結果、現在、開催都市に立候補しているのはパリとロサンゼルスだけで、
IOCとこの2都市との調整がまとまれば9月の総会で、2大会の開催都市
を同時に決定することが提案され全会一致で承認されました。

また、オリンピック憲章では、特別な事情がなければ開催都市の選定は
7年前に行うと定められていますが、今回は、特別な事情に値するとして
憲章の改訂は行わないことも確認されました。

一方、調整がまとまらなかった場合は従来どおり、2024年の大会のみ
投票を行ってこの2都市から開催都市が選ばれることになります。

ひとことで言うと「バカでやんの」w
お前らの闇のマネーはつぶされて当然だよ!
そもそもスポーツ自体も巨額なマネーゲームの一つになってますしね。

金持ちが運動して、貧乏人がそれを観る。
いや、すでに観れない国もある。
オリピックってなんだ?

taka1346yu at 22:40|Permalinkスポーツ 

2017年07月11日

夏が終わる

梅雨明けしてません。
夏はまだです。
が、夏は夏でも甲子園の夏ですw

今日は県予選の1回戦を見に行って来ました。
ふつうは行かないんだけど、甥っ子が最後の年ということで、しかも
対戦相手が過去に全国制覇もしてる有名強豪校w

ん~こりゃあ勝率5%もないなと思い、失礼ながら確実に負けそうだから
見とくかと思い立ったもので。
またどれくらい抵抗できるかと期待もしました。

結果は予想通りの惨敗。
それでも少し抵抗できたのは良かったと思います。
彼らの夏は終わりました・・・

野球が観るのもやるのも好きで、その反動もあり、こちらでは批判を
書いてます。それも良くなってほしからこその愛情の裏返し!

そして今回久々に高校野球を見てきたんだけど、やっぱいいですね。
昔も今も根本的は変わってない感じ。
ただ観客のほとんどがおっさんというのが寂しい。
少年野球の子とか、ちょっとはいないのかなあとw

というのも、試合を観察するといろんな課題が見えてきます。
今回の強豪校の穴もよ~くわかるし、効果的な練習法もわかりました。
ま、今の自分には披露する場がないんですけど!

よく考えれば8月の半ば過ぎまでにはほとんどの3年の高校球児の夏は
終わるんですよね。この1か月の間で順番に。
負けて泣けるほどのくやしさ、もちろん勝つ喜びと、こういう団体競技
ならではの悲喜こもごもは若い時期に絶対経験すべきだと思う。

最近はコミュニケーションできない若者が問題になってるのを見聞きする
けど、少なくともオイラが過去関わってきたスポーツの子たちにはそういう
話をあまり聞きません。

コーチなどの大人、先輩後輩、チームメイト、同級生といろんなパターンの
人間に関わるうちに学ぶものがあるんでしょう。
甥っ子も野球では残念ながら才能は感じませんでしたが、人間的な成長には
目を見張るものがあり、オイラなんかよりもすごく立派になってます。

明日からは受験に切り替えていくでしょう。
そちらが一段落したらキャッチボールをしたいと思います。

taka1346yu at 21:59|Permalinkスポーツ