2014年04月20日

雪融けは?

今日はのんびり過ごしていたので、いろいろ余計な事ばかり思ってた
一日になりました。まあ、こういう日もたまにはいいでしょう。

昼には急用でほんの少し出かけたけど、そのときは残雪を眺めながら
例年はGWまで残っているけど今年はどうかなあって。
こんな穏やかで平和な時間を過ごしていると急に心の中を風が吹き抜
けるようにあの沈没事故のことが頭をよぎりました。

なぜ韓国人はあのような対応をするんだろう。
逆に日本人は冷静に対応してるけど何が違うんだろう。
いろんな記事を見聞きしているうちに思い浮かんだのは、国とか公共
機関に対する信頼性の差じゃないかと。

日本でも政府や公共機関がどれだけ信用できるかっていわれれば、難
しいとは思うけど、それでも今回のような事故で考えると、関わると思わ
れる国土交通省、海上保安庁、自衛隊、警察、消防、地元の役所など
に任せていれば最善のことはやってくれるだろうという気持ちがある。

まずきちんと調査し、それを公表し、どのように対応するか進捗状況を
示し、納得のいくようなデータなり、ロードマップを示してくれるでしょう。
冷徹かつ過酷な現実をたたきつけられるからこそ、まずは何をしなけれ
ばならないのかという優先順位を明確にすれば、被害者家族の心情も
また変わってくると思います。

いま報道されているのを眺めていると、はたから見ても不安しか起きない
ため、最初は水をかけたり、殴りかかったり、罵倒するのを冷ややかに
感じていたけど、仕方ないかなあって思うようになりました。
しかも余計な情報は錯綜するし、どうなっているんだろうかって。

日本でも似たような状況だったのが福島第一原発の事故なんかの対応
と日本人の反応が感覚的に近いと思う。
東電に対して信用がないため、不透明で遅々として進まない状況に業を
煮やした人は多かったんじゃないかな。

お上に対してはわりと信用があるけど、民間会社とかワンマンな企業の
ようなところへの感情は韓国人と似た感じになる。
不祥事への対応で炎上したり、評価を下げるのもそんなようなものでしょう。

とはいえ韓国については、反日ドーピングに頼ってきたことへの反省がな
いと、この先も何も変わらないんじゃないかな。
日本では「なぜそうなったか」への原因追求が厳しいし、二度と繰り返さな
いという金科玉条の方針が時間経過とともに冷静さを取り戻している。

韓国では加害者側が矛先をかわそうと逃げ回る方法の一つに日本をあげ
そちらへと誘導しようとする。そうなると始末に終えない・・・
韓国の掲示板でも日本へのきちんとした評価があるけど、「日本信者」
と書かれるとすぐに過剰反応し、時には自身の意見さえひいてしまう。
そこをがんばってほしいんだけどなあw



hachi03



taka1346yu at 22:55│話題