2014年06月25日

日本、終了!

昨夜は野球があり、たぶん朝起きて観れないと思ったけど、目覚ましも
なくぱっと起きたら良さそうな時間。
テレビをつけた瞬間に飛び込んできたのは今野が原因のPK。
あちゃ~と頭がすっきり目覚めてしまった、

その後も最後まで見てたんだけどいやはや良いとこなし。
彼らは本当にプロなんだろうかと思ってしまった。
というのも、どういう世界のプロでも一流の人たちは力が抜けている。
逆に緊張したり、力むのはアマチュアといわれるでしょう。

しばらくみてたらコロンビアは2軍状態だという・・・
ん~バカにされてるし、それでもこじ開けることが出来ない。
ようやく前半の終わりに同点に追いつき、後半にはかなり期待しました。
しかしコート戦同様、エース一人が加わるとあっという間でしたね。

やっぱあれこそが一流でワンチャンスは逃さないし、その後の追加点も
ふかさず日本ゴールの空いたところへ落ち着いて流し込んでました。
これがFIFAランク一ケタ台の底力でしょう。

「出るからには優勝」なんていう言葉の恥ずかしいこと。
まずは自分たちの足元を見つめ、出来ることをし、身の丈にあった戦い方
をすべきだと感じました。 ベスト8の経験すらないチームに言う資格なし!

さてさて前回サッカー観戦後に日本の弱点をあげました。
奮起して変化があるかどうかを観察しましたが・・・
・ゴール前のペナルティエリア内ですらパスをする 
・DFによく当たるシュート、枠内から大きく外れたシュート 
・ドリブル突破にチャレンジせずにすぐパスをする 
相変わらずでしたね。パスサッカーのし過ぎでか、ドリブル突破のチャレンジ
が少ない。強敵の場合はトラップしてすぐか、一ひねりないとこじ開けられ
ないんだけど、守備のコロンビアは日本にてこずってませんでした。
 
 ・ドリブルの際に相手のボディアタックですぐに倒れる
これは本当に何とかならないんだろうか。
最近のスポーツ科学では体幹トレーニングがよくいわれています。
他国の選手も確かに倒れるけど、日本のそれとはちょっと違う感じ。
なんていうか接触=倒れるありきみたいなのかな。

・ニアサイドで勝負せずファーサイドで待っている
言わずもがなでした。足が速く、俊敏なのが日本の特徴のはずなのに、
あえてニアで勝負しない。キーパーはさえぎられると嫌だし、DFにもボディ
ブローのように効いてくるのに残念。

・パスを受けてから味方を探す
・連動が遅い 
いったい練習ではどういう意思の疎通をやってるのかなって思う。
カバーリングや動き出しの連動に約束がないのか、それとも相手にコース
をつぶされているのか、それならそれで戦術を変更すべきなんですが、
いわれたことは忠実に出来るけど、応用は無理なのかと思ってしまう。

・決定機にふかす
オイラもサッカーをした経験がありほとんどはDFだったんですけど、相手の
嫌になるFWというのは受ける場所、トラップそして落ち着いて枠を狙う
技術がとても素晴らしい。逆にどんなにシュート力があっても単純なタイプ
とか読めるような技術の人は突進でもしないかぎり怖くないです。
日本が初めてW杯に出場した初戦アルゼンチン戦で、強引で有名だった
バティステュータがふわりと柔らかいジュートを決めました。 
今回の4点目がそうだったように緩急と落ち着きが日本にはなかった感じ。

・トラップが下手
今回一番感じたのはこれですね。逆に世界のトップクラスはここでのミスが
極端に少ない印象です。パスが高速化している現代サッカーではシュートの
ようなパスをしないとダメだといわれます。だからこそきちんと止める。
とはいえ、日本だって本来は下手じゃありません。
しかし相手がトップクラスだと寄せも厳しい、焦るんだろうと思います。

そしてよくいわれるのが、OO選手を使えばいいという声。
そこには一言、つまり日本国内レベル、アジアレベル、EUクラブチームレベル
そしてW杯レベルと段階があると感じます。
つまり我々でも地域で上手くても県ならどうか、全国大会ならどうかというもの
で、そこを冷静に見なければならないでしょう。

攻撃についてはまだ楽観視しています。
逆に深刻だったのは守備でしたね。
今回もし安心したディフェンスなら、攻撃もかなり違っていたように思う。
パスカットされ逆襲のカウンターパターンで何度やられたことか。
今回は過去と違い、攻めに期待した分、守りの悪さが目立ちました。

そしてなによりはリーダー。
もし日本人選手に真のリーダーが無理なら、監督は日本人がいいと思う。
次の監督候補も外国人みたいだけどどうかなあ・・・
今回一番猛省を迫られるのは協会のはず、ここに自浄作用がなければ日本
の今後に期待はできません。

選手はそのキャリアや今後のスカウトに影響が出たはず、ある意味ペナルティ
が課されたといっていい。しかし協会の人間は誰も安泰なんて許されるべき
ことじゃないでしょう。そういう大人たちの無責任体質も若者のリーダシップが
育たない遠因になってると思います。

一般人と同一ホテルだったギリシャ。
彼らに奇跡が起き、グループリーグを突破しました。
何かを犠牲にしたり、厳しい環境においてこそ日本はミラクルを起こしてきた
んだと信じています。体調万全にという心遣いも甘やかしになってしまうと・・・
とはいえ、ここからの這い上がりに期待します。
日本はまだまだだって思ってますから。 

taka1346yu at 17:08│スポーツ