2014年07月09日

負けに不思議なし

ブラジルが負けてしまいました。
予想外の部分もあれど、今回のタレントで優勝というのも過去のスター軍団
から比べると納得いかないところもあります。

それに対してドイツの組織&個人技の熟練度、例えるならサッカーマシーン。
正確無比でこれくらい相手を研究し、自分たちの出来ることを個人と組織が
徹底するとブラジルさえも完膚なきままに倒せることが証明されました。

また今大会は接触プレイが問題視されてるわけだけど、体格の方もトップク
ラスにでかいため、少々のことで倒れないしそうしたアピールもしない。
すぐにこけて審判を振り向くような姿を見たくない者には、ドイツ代表の威風
堂々としたアタックに圧倒されましたね。 

ところでなぜここまで惨敗することになったのか。
オイラにはさっぱりわかりません。
巷ではネイマールとチアゴ・シウヴァの欠場が一番だとされているけど、それ
にしても7点も取られるというのは異常でしょう。

ブラジルも組織化されていたのが、二人がはずれたことで機能しなくなったと
いう検証も納得はいくけど、それにしても次元が違いすぎました。
マラカナンの悲劇が過去には有名だったけど、不名誉な歴史をまたまた刻む
結果となり、逆に強者たりとも決して気を抜けない教訓を得た感じです。

ところで意見の中にはドイツも5点くらいで止めてやれよというものをけっこう
目にしました。地元開催だし、少しはかわいそうだと・・・
でも、オイラはそうは思わない!
日本もドイツ大会では1-5でやられました。
あの屈辱、悲しみは忘れられない。

また24分までに大量得点されてしまったというけど、日本もオーストラリアに
10分で3点そして今大会もコートに数分で2点やられました。
確かに日本とブラジルでは格が違うといわれるかもしれないけど、失敗や
惨敗から得るものがあるだろうし、逆にどこかに隙があるからこそ、そうした
悪夢につながっているかもしれません。

日本も協会の体制、マスコミの報道ぶり、高額な放映権料・・・いろんな負の
部分が勝っていれば消されていたかもしれないけど、負けたことでクローズ
アップされているように思います。

さてさて3位決定戦は今回の屈辱を跳ね返せるだろうか。
正直、優勝しかありえないなんていう驕りも、今回の負けにつながっていると
思う。日本の柔道をみていれば同じだもん。
W杯は集まってほんの少しの調整で勝てない大会になってると思う。
今のままでは1200億円の価値には程遠いと感じます。

taka1346yu at 15:50│スポーツ