2014年12月18日

現実味

ここにきて急にロシア経済に危機が訪れてきました。
これまでは中国や韓国の方が我々の耳に届いていており、そちらの
方が大丈夫だろうかと心配してたというのに。

サウジ主導のAPECで石油の減産はしないというというニュースに、
ガソリン高騰、エネルギー代値上がりの心配がなくなったって喜んで
いたというのに、世界情勢というのは本当に難しい。

サウジがなぜ決断しなかったのか、理由の一つにイスラム国に対する
牽制があがっていました。彼らの資金源を断つというもので、そこには
同じイスラム教徒ながら、旧オスマントルコ領土奪回を企んでいるとい
う情報に怒ったといわれているようです。
そもそも派も違うみたいですしね。

とはいえ、オイラが別で懸念するのは2015年に戦争が確実に起こる
といわれる12年周期説の年になるからなんです。
それはアメリカが兵器の在庫一掃に12年に一度必ず戦争するという
もので、前回は2003年イラク戦争。1991年湾岸戦争、1979年は
ベトナム戦争の時代でした。

とはいえ、本当にそうなのかって思ってたら、キューバとの国交回復とか
話が急展開するものもあり、なんだか心がざわつきます。
中国も景気が悪化し、中東もやばい、アフリカも・・・ん~世界は平和から
正反対の方向へむかっている印象がありますね。

とはいえ、日本だって尖閣の緊張から20年前には考えられなかったほど
日本人の危機意識は高まっています。
確かに戦争は避けたいし、してほしくない。
でもケンカと同じで、自分はそう思っていても巻き込まれるということも。

そうならないためには、外出せず大人しく家でじっとしてるしかないでしょう。
しかし国際社会とこれだけ緊密になっていて、世界への影響力も大きい国
になっているので閉じこもってるわけにはいきません。
特に同盟国のアメリカがやばい動きを加速しているだけに、自ずとコミット
していく流れになるんでしょうね、残念ながら・・・ 

2015年は悲しいかなまた歴史に残る激動の年になるという予感がします。
当たらないことを願いましょう。 

taka1346yu at 23:14│ひとりごと