2015年01月19日

変更が始まるぞ!

人にとって名前というのは本当に大きい。
最近ネット上でよく見る在日通名問題にしても、そうした意味もあるからで
公的個人的なにより国際的にも重要な名前は一生もの。

とはいえ、そんな大切な名前だけど自分では決められません。
それでも自分の生を喜んでくれたであろう両親からの授かりものと思えば
こそ、百歩譲って文句をいう人も少ないのではないでしょうか。

そんな常識が崩れ始めてきたのが世の中でいわれているキラキラネーム
で、ネットではDQNネームと呼ばれているとんでも名です。
自分の子供が可愛い、宝、大切、かけがえのない・・・よ~くわかります。

でも、だからこそよくぞこんな名前にしたよなっていうのにはドン引き。
オイラは少年サッカーで多くの子供と関わるのですが、普段は呼び名でしか
いわないんでどうってことないけど、名簿に向き合うと謎解きになります。

これどうやって読むの?
学校の先生はたいへんだなあ・・・
そして自分自身が名簿を作るとき、変換ができなくてあせるあせるw

いつだったか仕事上で「凜」という字を出さなくてはいけなかったのに、当時
は「稟」しかなかったので二水を手書きしたら、怒られた怒られた。
こちらも電話して変換できないのを伝えようと何度もしたのに留守ばかりで、
泣く泣くやった結果とはいえ、申し訳なかったと反省しました。

しかし年を追うごとに難読名は増え、何人かアニメの何かかと思うような
不思議なものが多くなってきましたね。
目の前にいる子供は、今も昔も変わらない子供たちなのに・・・w

そのためオイラは多くの人にこう言っていました。
「今は名前の変更はたいへんだけど、数年後には裁判で増えてくると思う」
思い出すのは田中角栄と名づけられた子が、ロッキード事件以降いじめられ
裁判で変更できるようになったという有名な話があります。
とはいえ、そのハードルは簡単ではないことも。

そして・・・来ましたよ~
やはり子供自身が嫌で変えてほしいという裁判。
しかもあっさり効いたため、今後も増えていくでしょう。
ちなみにその子が改名したのが「健太郎」、子供の方がまともやんか!

またその記事にはこういうこともありました。
結婚しようと親に話したところ、名前を見て「その子はいいかもしれないけど、
そんな名前をつける親はロクな人間じゃない。
そんな親に育てられたと思うと・・・」とすごく苦労したという話なども。

外野からは笑えるけど、当人にしたらたいへんですよね。
オイラが知ってる範囲ではとある大人の製品と同じ名前の子供がいます。
これを話しただけでもバカウケするくらいだから、当人はかなり可哀想、
今は高校生前後だろうか、この子も変えるべきだと思いますね。

これから付ける人たちはよ~く考えてほしい。
本当に子供が可愛いのなら・・・ 

taka1346yu at 22:07│話題