2015年02月19日

あ~やだやだ

昨日まで能天気にやってたんだけど、今日は嫌な気分になったことが
二つありました。ん~こういうときはどうしたらいいんだろう。

そもそも嫌な気持ちになるとはどういうことなんでしょうね。
読んだり聞いたりした中では生きていく上での知恵でもあるというのが
ありました。どういうことかといえば、嫌な気持ちの原因となる嫌な記憶
というのは脳に強く残され、そのさい許せない、身震いがするなどという
キャッチコピーがつけられ脳内の記憶にしまわれるのだという。

そして二度と同じ轍を踏まないように、また同じようなことが起きると急ぎ
引き出しが開き、なぜか嫌な気分になってしまうという。
なるほど生きていく上での防御本能なんでしょう。

オイラの場合だと火事を体験したので焦げ臭いと過剰反応します。
音でもありますし、特定の現象で普通とは違う反応をする自分がいると
改めて感じました。

そう考えると良いことよりも悪いことのほうを思い出しがちな今日この頃
特に寝る前にうじうじ思い出してしまい眠れなくなるのが週2回くらいは
あるような気がします。えっ少ないですかw

面白いのは朝になると忘れているんですよね。
たぶん生存本能でもあるんじゃないかな、これが起きても消えないとと
精神的に参ってしまうということになると思われます。
本当は繊細なのにA型というと100%意外に思われるのから、図太いと
みられてるんでしょうねw

というわけで、この段階はまだうじうじ・・・
だからとっとと寝て気持ちを切り替えていこうと思います。

ちなみに本当に心が傷つくトラウマ、自分自身で「俺あれが嫌でトラウマ
になってる」なんていうのは言えないという。
トラウマはなんだかわからないけど嫌な気分になるものですって。
その対処法は「慣れ」もしくは現象を見下すこと。

見下すのは先を読むことらしい。
こんな嫌なことばかりしてたら数年後は身を滅ぼすぞとか、こういうのは長続
きしないとか未来を想像する。そうすることで客観的、冷静になれるのだとか。

これについては以前短気で怒りっぽかったのに、ここでやっちゃえば・・・
ここで自身をさらけ出してしまうと・・・なんて風に思えるようになってから、
まったく腹を立てないようになりましたね。

昔を知ってる人ならなんで?って思われるみたいだけど、それなりに人生
経験で失敗から学んでいます。
特に負けるが勝ち、逃げるが勝ちを体験してしまうとかなり変わります。

これは若い人にはなかなかわからないことでしょう。
負ける、逃げる、弱いは生きる術のない時期には決定的な価値観でもあるから。 

さてさてずい分時間が経ちました。
こうして書くことも冷静になれる一つでもあります。
ただストレートに感情を出すか、少し引いて落ち着いた文章にするか、それも
もうおわかりのことでしょう。

明日は絶対にいいことがある!と信じて
それではおやすみなさい~ 

taka1346yu at 23:39│ひとりごと