2015年03月09日

時間の無駄

自分自身のテレビがつまらなくなった理由の一つがはっきりしました。
というのも先日ある記事にマツコ・デラックスが人気なんだけど、テレビ
局の人間にとってはその理由がわからないという。

オイラは特に好きじゃないけど嫌いでもない。
彼?の冠番組を定期的に見るほどのファンじゃないけど、たまに見ると
面白くてついつい引き込まれてしまいますね。
とはいえなぜなのか深く考えたことはありませんでした。 

同じようにいわれているのが今でしょの林先生と池上さんで、お二人と
も一発屋というと少し変なんだけど一年も持たないうちに消えると思わ
れていたのが、いまだに細々ではあるけど続いています。

マツコ、林、池上3氏は芸人ではありません。
芸人の中では有吉と上田の二人が何となく好印象な部類の人たちかな?
そんなこんなでいろいろ考えると二つのことが思い浮かびました。

一つ目はある程度は真面目であるということ。
自分がテレビでほしいのはあくまで情報、また興味深い映像とか知識を
求めるのが ほとんどでお笑い関係はほんの少ししか見ません。
それなのに何でもお笑いに関連付けるのが大嫌い!

とにかく早く教えてほしいというのが第一にある。
そういうのもあって盛り上げてCMに行くというのもかなり嫌われています。

二つ目がクイズ形式にして芸人にボケを求めること。
例えば世界一受けたい授業っていう番組が好きで毎回見てるんだけど、
司会の上田はいいとして有田のボケ回答が頭に来る。

前にも書いたけど録画でしか見ないんで早送りにします。
他にも関西ローカルではけっこういいのがあるけど、同じようにクイズに
して笑いに変えようとするんで絶対に飛ばします。

現代人にとって大切にしたいのは時間でしょう。
今はあれやこれやすること、したいことがあるんでテレビにかじりつきなん
ていうのは、ヒマな人でもじいちゃん、ばあちゃんくらいと聞きます。

若い人ならスマホしたり、社会人なら疲れをとって明日に備えているだ
ろうし、いろんな人に聞くとテレビを見る暇もないという。

そういう傾向と正反対にテレビは視聴者をなんとか引きとめようとしたい
のはわかるんだけど、もうそんな時代は完全終了。
なにせ一家に一台といわれたテレビも一人に一台になり、それ以上に
一人に数台のIT時代に変わってしまいました。

またニコニコ生放送を見てたらわかるんだけど、自分自身が突っ込みたい
感想を語りたいという人たちが大挙して押し寄せています。
それ以上に自分と同じような考えとか反対意見が知りたいという人も。

それからいくと「突っ込み」をする司会者や芸人はまだしも、時間を無駄
にし、不必要なボケはもう不必要ということじゃないかな。
マツコ・上田氏なんかの人気の理由がわかる気がします。
いいとこ突くなあっていうのがちょこちょこありますから。

またお笑い芸人のレポートよりも素の役者さんやタレントのものの方が
自分たちに近い感覚というのも好かれるのか人気があるようです。
とにもかくにも笑いたいふざけたいなんていうのはもういいでしょう。

これに似ているのがウケを狙って失敗炎上するバカッターたちという印象。
楽しむのはいいけど、ちゃらけたりふざけたりするのはちょっとね・・・
 

taka1346yu at 22:32│テレビ