2015年03月19日

死亡ニュースで

ついにこのときが来たか・・・
桂米朝師匠がついに逝かれた・・・

落語といえば米朝、米朝といえば落語。
この人に魅せられて落語が好きになった人は多い。
自分もその一人でもちろん全集をもっているし、全部のネタを聞いた。

そんなだから実際に寄席に行こうと決意したんだけど、その頃には
もうかなり体の方が弱っている状態で、寄席も年に数回だったかな。
半分あきらめ、半分は夢を持っていたけど、もう夢と終わりました。
いまは脱力感です。

個人的には枝雀、談志、松鶴、 五代目文枝にそれぞれはまったもの
です。その中でも米朝はずっと王道としてありました。
女性の表現をしたときの独特の語り口が面白い。
それが可愛い女の子から妙齢の女性まで、落語家の中ではぴか一
というのが心を話しませんでした。

もう二度とあそこまで惹かれる落語家には会えないと思います。
残念だけど画面越しに生で見れただけでも幸せですね。
ご冥福をお祈りしたいと思います。

そして亡くなるといえば、また中東で日本人がテロで殺害されました。
前回の後藤氏・湯川氏についても厳しい意見があがっていたけど、今回
もいくらツアーとはいえちょっと軽率に思う。

というのも、現在はエジプトがかなりやばいと伝わっています。
はっきり言って絶対に行ってはいけない。
実際、テロリストグループはピラミッドを破壊するとまで宣言しています。

そういう視点で考えればエジプト周辺、イラン・イラク周辺は赤信号で
地図を見れば前回日揮の人が殺害されたアルジェリアとこちらも政情
不安で多数の武器が流れ込んでいると噂のリビアに挟まれてます。

ISISは人質を手ぐすね引いて誘拐しようと待ってますし、観光客を狙う
というやり方もスリランカやバリでも行われたように常道手段、欧米や
北米なんかで遭遇するならまだ同情するけど、さすがに中東では・・・

なぜ危険地帯に好き好んでいくのか、しかも多額のお金を出してとそれ
しか思い浮かびません。たぶん自分のような意見の人は少なくないと
思いますね。同じようなことではレイプ被害が多数報告されるインドに行
った邦人女性が事件にあっていたけど同情コメントはほとんどありません。 

前回も書いたけど自分は死なない、自分は事件にあわないと過信して
いないのかと勘ぐってしまいます。残念だけど米朝師匠のお亡くなりなっ
たのとは別の気持ちになってしまいますね。
春休みは卒業旅行シーズン、海外で蛮勇を試そうとする日本人にたくさん
出会い、少ないながら痛い目に遭った人にも出会いました。
二度と同じ報道がされないことを祈るばかりです。 

taka1346yu at 23:45│ニュース