2015年05月24日

OOな日々

何も予定がなくのんびりしていると、何かの拍子に「もう今年も半分近くか」
なんて思ったりします。気がつけば今年も次々恒例の行事をこなしていて、
来月の初めには春祭りがあり、これが終わると梅雨、消防の操法、お盆、
そして秋祭りになって・・・今年も終わっていくでしょう。

学生時代は1年、2年・・・卒業、社会人の初めは知識も技術もないため、
それらの取得に必死、ある程度年齢がきて毎年のルーティンがだいたい
こなせてくると、冒頭に書いたような状態になっていきます。

子供がいればまだ入学や卒業その他の学校行事に追われるでしょうが、
自分には関係ないし、子供も成人になれば月日の早さを感じることでしょう。

友人と話すと記憶力のいい人は、1997年はこれこれ、2003年は、2010年は
なんていうのを覚えていて驚きます。
こちとら先週のことでも忘れてしまうくらいですからw

だからこそ、メモをするのが好きです。
こうして書いているのもいろいろ事情があるけど、そのうちの一つに日記みた
いな意味合いもあります。もう記録してないと思い出せません。

こういう考えに至ったのもくよくよ物事を考えないということがあります。
逆に言えばくよくよするタイプでした。
あの時こうしてたら、こう言ってたら・・・後悔したり深く考え込んだり。

あるときから止めました。
きっかけは忘れたけど、とにかく終わったことは仕方がない。
そして自分がそのとき、そう選択したんだから、ベストだったと思うしかないと。

ただそういう風に考えるようになってから、選択決定するのも間違いが少なく
なってきたように感じます。
今この買い物をすべきか、このイベントに行く価値はあるかなどなど。
何でかっていうと、なるようになるからです。

どういうことかといえば、金欠で厳しい買い物だと思ってたら、必要な場合
は、なぜか不思議なことに臨時収入が入ってきたり、忙しいから無理だと
思ってたら予定が空いたりとそういう流れになって行きます。

その反対にダメな場合は、急に仕事が入ったり、買おうと決心したと思った
ら何かが壊れてそちらの修理なんかが入用になったりしました。
なるようになるというのを今では実感しています。

10年前くらいに体力がなくなっていく恐怖を感じていました。
当時はちょうどピークを過ぎ、視力や反射神経が落ちていくのがわかった
上に筋力や体力も急激に落ちていくような状態でした。

たぶん自分はそういうのと無関係、まだまだ若い子たちには負けたくない
など何かに抗っていたんでしょう。
5年経ち、完全に無理だと思うようになり、落ち目の自分を受け入れ、それ
なりに別の楽しみを見つけると何とも思わなくなりました。
なるようになるものなんですね。

食べ物では肉食がかなり減りました。
もともと魚は大好きなんで、そこに野菜も食べるようになり体調がいい。
そしたら20年以上前の服も着られるようになってびっくりです。

バブル当時の服は高価だったんで案外強い。
捨てるのももったいなくて置いてたんだけど、まさか今でもいけるなんてw
ゴルフウェアなんかも買ってたんだけど、3年前からまたやり始め、また着ら
れるはうれしいですね。

ある人から聞きましたが、あまりに肉食系などのたんぱく質が多いと体臭が
臭くなるのだとか。オイラも加齢臭はあると思うけど、そんなには臭くないと
は思うんですが・・・これから暑くなりますから注意したいところです。

今週も総会とかいろいろ。とはいえ、予定があるのはありがたいことです。
いろんな人に会って、まだまだ自分の知らない話を聞くのは刺激的。
ただ・・・すぐに忘れてしまいますがw
それこそストレスを貯めないいい生き方かもしれないと自画自賛してます。
 

taka1346yu at 22:01│ひとりごと