2015年05月29日

FIFAの闇

ようやくというか、ついにというか、FIFA国際サッカー連盟に捜査のメスが
入りましたね。世界のサッカーファンならずっと前から知ってたとはいえ、
一体誰がその首に鈴がつけられるのかを考えると闇のままでした。

サッカー強豪国が強く発言するというよりも、政治力の強い国が好きなよ
うにしていた印象があり、時には不可解な判定や懲罰もその強弱がかなり
影響してきたようにいわれてきました。

そういう風潮の中なので日本もワールドカップの招致をしたときは、かなり
工作をする必要があったでしょうが、韓国ほどのあからさまことはしてない
思いますがね、ここのとこは今後明らかになるでしょう。

韓国についてはもうすでに当時FIFA副会長でも会ったチョン・モンジュン
氏が公けに語っています。またW杯史上に残る誤審ベスト10に韓国を含
むものが多数ランクインし、今回の件ではイタリアが蒸し返しそうな雰囲気。

それはそれで不正や腐敗が表に出てくれば、韓国についてはサッカーだけ
じゃなく政治、世論形成、ごり押しなどたくさんやってますから、そういうのが
今後やりにくくなる状態になればと期待します。

今はネットのお陰でいろんな情報に接することが出来るけど、マスメディア
だけだったら、完全に彼らの手のひらで踊ったままということですから恐ろしい。
正しく真っ当なものなら我慢もできるけど、嫉妬に狂いゆがみ、嘘と妄想に
まみれた攻撃的な裏工作に辟易した日本人も疲れた呆れ相手にしたくもない
という風潮になったことを考えると、そうしたものがいかにバカげているか。

もちろん彼らだけじゃなく日本のノイジーマイノリティな連中も同じような傾向
があるため、情報を注意深く受け止め、解釈する必要があります。
振り回される人間も同じ仲間といえるでしょう。

さてさてFIFAの今後ですが、なぜかブラッター会長だけお咎めなし。
ん~ここのところはどうなんだろう。
ひょっとしたら裏取引があったなんて可能性も?

ヨーロッパサッカー連盟のUEFAは脱退を示唆しているし、会長選もある
ということで今回の話は始まりにすぎないとされています。
またサッカーだけじゃなくオリンピックの方も似たようなもの、こういうこと
もあり以前からスポーツマフィアなんていわれたりもしてますから。

何回か書いたけどスポーツは儲かります。
そこに群がり、巨万の富を得ている奴らがいる反面、そこにお金を投入して
いるファンの多くは貧しい人々やそんなに裕福じゃない人がほとんどでしょう。

トーマス・ピケティが富の配分を世界的にたださない限り、永遠に貧富の格差
は埋まらないといい、タックスフリーなんていうクソみたいな国があり、そして
闇に巣食う奴らを根絶やしにしないと貧困そして戦争やテロもなくならない
でしょう。本当に悲しいことだと感じます。
 
そこに対処できるのはアメリカだったのか、偏った正義ともいわれるけど
やはりこういうのはアメリカしか無理なのかと思ってしまいます。

ただ個人的には今回の件は先にも書いたIOCの件もあるけど、世界的な
不正腐敗の金の流れや裏工作、テロ資金、マネーロンダリングとそういう
方面にも影響し、少しは改善されていくんじゃないかと信じています。
いやそうであってほしい!
しばらくの間は注視していきたいと思ってます。
 

taka1346yu at 23:25│スポーツ