2015年06月23日

するは簡単、しないのは知恵で

ふだん討論番組はあまり期待して見ないんだけど、久々に今週のたけし
のTVタックルは面白かったですわ。

タイトルはネットに規制は必要か?というもので、賛成の側は政治家、
紀藤弁護士そして若手論客の古谷氏。

反対はホリエモンと2ちゃんねるのひろゆき氏。
オイラももちろん反対、ただこうした討論の場合はやはり相手の言い分が
どこまで正論かどうかを聞く必要がある。 

すると匿名の書き込みはいじめや自殺の原因につながる。
犯罪の温床となるっていうのが主な言いぶんだっったと思う。

これに対して反対派はネットだろうがスマホだろうがツールが変わるだけ
でネットのみを悪玉にするのはおかしい。
そもそもいじめや自殺はずっと前からあるわけで、ネットが普及してから
急に増えたというデータはない。
韓国は規制強化しているけど、それらに効果があったという報告はない。

減らす努力はもちろん必要だと思う。
しかしそれは家族がまず第一の問題で、次に未成年の場合は学校であり
ほとんどは自己責任がともなうツールという認識が必要だと思う。

賛成派はサーバーの運営会社の対応やリベンジポルノのような訴えても
難しいものもあげていたけど、そもそもを言えばNTTやdocomo、Au、ソフト
バンクのような会社の方が根本の問題を抱えていると思う。

ネットの黎明期から始めた人なら、当時は時間が規制されていたり、回線も
重かったし、24時間使い放題なんて夢のようでした。
ならばそれを逆手に取り、未成年者の場合は時間規制をすればいいし、
定量制はもちろん閲覧できる状態にするのもいいでしょう。

同じ規制でもいきなり匿名をなくすとか、登録制のようにしてしまうと確かに
風評被害やデマの拡散とか誹謗中傷は減るかもしれないけど、それよりも
何回も書いてるように日本のメディアは真実を報道しませんから、日本全国
にいる個々人から情報発信してもらう方が天秤にかけてもOKだと思う。

政治家の人も国民の規制を語る前に、公的機関が個人情報を集めている
のに、それが漏れてしまった時の罰則規定はゆるいし、そもそも電話の詐欺
は勧誘によるものがほとんどなので、電話によるビジネスを廃止しろって!
こちらがかける分にはいいけど、相手がかけるのは違法だとね。

人を傷つけようと思ったら、ネットは確かに手っ取り早いツールです。
また罪の意識も低いだろうし、自分が攻撃される可能性も低い。
昨今では簡単に画像があげられるようになり、バカッターといわれる存在も
問題になっています。

それらについても取り締まる側の準備が全然整ってないと思う。
何よりデータがないと議論の出発点にはならないしね。
経済産業省になるのか総務省になるのかよくわからないけど、通信省みた
いなものが単独で必要なくらいの時代になったと思いますね。
 

taka1346yu at 18:22│テレビ