2015年06月28日

二つのドラマ

テレビドラマはほとんどみないタイプなんですが、NHKの連続朝ドラと
最近はTBSの天皇の料理番をみてます。 

天皇の料理番は以前堺正章氏が主演で好評を得たと記憶してますが、
当時はまったくみてません。
だから比較する記事もあるみたいだけど、読んでも参考にならないので
どうなのかはわかりません。
ただ佐藤健主演の今回のものはなかなか面白く毎回涙ぐむ自分がいます。

今の評価では主演よりも脇役の鈴木亮平と黒木華がいいというのをけっこう
みますね、あとその他の人たちも注目に値します。
やはり美男美女ばかりを並び立て、そちらで視聴率を稼ごうという見る側
をなめたものよりも、こうした番組の方がいいんじゃないかな。

ところでNHKの朝ドラである 「まれ」、朝ドラは東京と大阪放送局が交互
に作っているのをご存知の方もいるでしょう。
傾向としては大阪の方が面白く東京がいまいち・・・それが「梅ちゃん先生」
「花子とアン」 「あまちゃん」で好評を得ました。

大阪は「純と愛」がやってしまった感があったけど、それ以外はなかなか
安定してるというか、「ちりとてちん」「てっぱん」「カーネーション」
「マッサン」など記憶に残るものがたくさんあります。

そういえば好評なやつは最後に「ん」がつくけど、げんを担いでいるのかな?
現在進行形の「まれ」が面白くないのも納得がいくかもw 

こちらは完全に視聴者への媚を感じます。
美男美女の恋愛、パテシェ、脇をかためるのも人気のある人たち・・・
そのくせストーリーはさっぱりで、先読みさえ面白くない。

修業経験がある人たちなら、好きだの嫌いだのやってる時間なんてないくら
い厳しい時、まあその反動で余裕が出来たら放蕩する人もいますけどねw
でも、彼女の今の状態で専門学校卒でもない者が、舌やアイデアがいいと
いうだけでテンパリングをさせてもらうとかありえない。

また時折ふるさとに帰ったりするのも変、盆と正月でも帰れないのが普通。
まずそういう下書きから間違っているので、見るに耐えなくなってしまうのと
仕事なのか恋愛なのか曖昧な状態もイライラしかつのりません。

得に朝ドラは年配の人たちがみる傾向にあるため、そういうものよりも懸命
さやけなげさが受け、あまちゃんが当たったからと二番煎じ風に少し笑いを
取り入れたり、アイドルチックなところといい何だか・・・
早く9月で終了してほしいとそれしか思いませんね。

自分がもし書くなら、パテシェよりもパン職人の方がいいかな。
しかも都市部じゃなく地方都市で土地の素材から、様々なものを作り、地元の
人に愛される店つくりをする。もちろんベタはベタだけど、職人テーマならそ
っちの方が広がりもあると思う。

ドラマの中のケーキは1個500円。
どちらかといえばピエスモンテ、工芸菓子といわれるもので一般的ではない。
日本中にいる多くの職人も作れるけど、地域性やコスト面で作らないだけで、
本当に素晴らしいのは美味しく安く安全安心なものなのです。
日本でいえばお客さんの質も高い神戸近郊で見受けられます。

ひょっとしたら、後々能登に帰り、そちらで地に足の着いたケーキ作りをすると
いう結末なのかもしれないけど、とにかく今の段階がつまらんなあ。
楽しくみてる人には申し訳ないけど、早送りが続く日々ですw
 

taka1346yu at 23:11│テレビ