2015年10月30日

ごり押しビジネス

ネットが広がる少し前まで、流行はテレビや雑誌からやってきた。
それら仕掛け人は最先端をゆくお洒落な人という位置づけで大人気。
そうした職業に憧れた人もいましたねw

それがネットの登場とともに一般人の方が先に進みだし、流行の
内部告発や事情を暴露するにいたっては広告代理店などの戦略が
明らかになってきて情報に乗る=情報弱者というイメージw

例えばOOで流行るラーメン、行列のできるB級グルメが本当に
美味しいかどうかをスポンサー付きの者となしではどちらが信用に
値するか論じるまでないでしょう。

ただしそこはそこで邪魔をする者がいることも考えられますから、
情報の見極め能力は以前と比べ物にないくらい変化してきた印象が
あります。

そんなこんなで話題のハロウェーン。
何が言いたいかはもうこの時点でお察しのことwww

これには思い出があって、ずい分前のことになるけど地元で仲良くなった
オーストラリア人からパーティに誘われました。
4~5人で集う慎ましやかなものだと思っていったら20人以上はいてびっくり!

近隣の外国人が押し寄せ、大盛り上がりでした。
そのとき、ハロウェーンはこういうものだと思ったんですけどね。
つまりは仮装して家の中でパーティして楽しむような習慣

それがここにきて仮装で外出して騒ぐ、もっといえばコミケなんかで仮装が
話題になってるけど、それを都心部のような繁華街に広げようという感じに
変化してるというか、誰かがそうした商法にしようと。

そういうのをちらっと耳にしたもんで、確かにテレビなんかではワイドショー
で女子アナすら仮装で登場したり、賑わいを中継したり・・・
でも、いろんな情報ではそんなに都市部で見ないといいますねw

イベントを楽しむのは嫌じゃないです。
どちらかといえば楽しみたい方。
でもどんどん作っていくよりも、あるものを発掘する方がいいな。

ここにも何回か書いたけど地元の祭りに参加しようとか、イベントにも何か
の形で参加したり、そういうのも出尽くしてのハロウェーンならね。
それがとにかく流行を作りたい人々がごり押しのようにメディアを使って
旧来の戦略で広めようとするやり方は完全な時代遅れでしょう!

この日曜日には恒例のリレーマラソンに出かけます。
こちらも日本全国あちこちで行われていますが、そんなに宣伝してないし
何よりテレビで特集されることもほとんどありません。

それでも年を経るごとに参加人数はどんどん増えています。
またショックだったのは、はじまった当初はけっこうメタボっぽい人やどう
見てもスポーツが出来そうにない人が参加していてほのぼしてました。
それがいつしかみんなランナーっぽくなって・・・

思うに、ハードルが低いからとりあえず参加し、その後にはまった人たち
が練習し始め、どんどん早くなっている。
そこから本格的にマラソンに移行してる人たちもいるでしょう。
そういう自然発生的なものの方が好印象だと思いますね。

一過性のものじゃなく、長く続きしかも健康的。
お金を使わないかといえば決してそうじゃなく、ウェアはもちろん遠征
したり、宿泊とかそういう二次的なこともあるから中々のビジネス!

とにかく流行を楽しむことは否定しないけど、踊らされる人間には絶対に
なりたくないと思いますね。 

taka1346yu at 21:19│話題