2015年12月01日

選考委員が問題

年末が近づくと毎年恒例のことがあれこれ発表されます。
今年の漢字一字、流行語、紅白歌合戦出場歌手、大晦日番組・・・
もうここまで書けば何をかいわんやw

そうです、どうでもよくなってますわ!
なぜそうなってきたかといえば、行事に対する意識が薄れてきてる
感じがするんですよ。

12月はクリスマスだけど、いろんな業種が殺到しすぎて流行もへった
くれもなく、草刈場のようになったお陰で何をどうすればいいのかw

一昔前のバブルの頃やそれ以前は、クリスマスケーキ、プレゼント、
家族で仲良く鳥のもも肉を中心にご馳走みたいだったのに、バブル
以降は赤坂プリンスに宿泊、パーティ、KFCそこにコンビニやスーパー
も参入して完全にカオス!

ついでにお正月も週休二日制度以降は長期休暇できる人と、それら
の人のサービスのために休めない人に分類され、さながら主人と
奴隷のような感じに真っ二つ。

正月1日から開業が当たり前になりつつあり、お陰でおせちのような
長期保存型の伝統料理から、お餅にいくつかの行事も簡素化され、
お正月気分なんていうのもどうなんでしょうね。

だから最初に戻って今年一年を振り返るなんていうのも、もうどうでも
よくなっていて、特に流行語に関しては政治色が強く嫌な気分にさせ
られるだけでした。

というのも現政権批判、安倍批判が多かったわけだけど、支持率を
みれば低いわけでもない。
これが10%以下ならわかるし、自分の周囲から安倍下ろしなんていう
意見はほとんど聞かないw

ただ個別の原発、社会保障、経済問題では不満が出ます。
それでもじゃあどこに任せたらやってくれるかっていう期待もない。

逆に安保と近隣外交の緊張感が長引いたことで、それらについて議論
出来なかったこともあるし、肝心の国会でも野党はスキャンダルの追求
ばかりで、国内政治なんて進まないですもん。

紅白についてもご存知のように国民みんなが知るような歌も減り、CD
なんかの売り上げでは偏向があり、知ってる歌手も少し前に流行った曲
くらいしかしないような懐メロ歌合戦w

裏番組ではなぜか格闘技が復活するみたいで、日本人てやっぱ戦う
ことが根本的に好きな国民性があるのかって思ってしまう。
オイラはたぶん甥っ子と姪っ子と笑ってはいけないだろうな。

漢字一字も特に代わり映えのしないここ数年ではインパクトがなくなり、
こういうのも10年で終わりにするか、漢字2文字にするとか何か変えない
とつまらなくなってきました。

ただ、ここまでいろいろ書いてきて一番の問題は選考委員という共通点
がみえてきました。流行語も、漢字も、紅白も選考側に問題があるから
国民からの支持が減ってきてるんでしょう。

これだけネットなんかで世論を聞きやすい状況にありながら、そちらを
無視するような形で一部の人たちの利権のような選考だとエンブレムに
象徴されたように、不透明なものになってしまうと支持はなくなりますよね。 

ネット投票でも組織票という問題があるけど、そういうのも大勢の知恵で
解決することで、今後いろんなことを問いかけるツールになるものです。
こういうのが進む日本になってほしい!

さてさて師走、病気や事故に注意してがんばっていきましょう! 

taka1346yu at 18:02│話題