2016年03月30日

変わる大阪

今日はニュースで西成あいりん地区の違法小屋の撤去をやってました。
なんでもたくさんあった小屋を少しずつ説得し、片付けてもらった
けど、最後の一人が残っていたのだという。

その人にも丁寧に代替え法やいろんな説得をしたけど応じないという
ことで、今日の強制執行を迎えたようでした。
一部支援者が騒いでいたようだけど、さすがにコメンテーターの反応
も冷ややかでしたね。

近所には学校もあるし、地区住民からしても自分の住む場所のイメージ
ダウンや地価も低下するだろうし、一昔前は世界関連の会議があると、
無理やりにやってたけど、その時代に比べても根気よくやった方でしょう。

あの界隈はスパワールドや通天閣界隈の串カツ屋さんなんかによく行って
たんで、けっこう知ってる方です。
間違ってかなり危険なゾーンにも迷い込んだこともあるし、本当にディ
ープだった時代にも行ってたんで、変わりようも熟知してます。

スパができる前のあの周辺は女性が行けるような地域ではなかった。
犯罪傾向のある人や俗にいう変態変人とか、100メートル先から暴力の
臭いをプンプンさせるような恐いおっちゃんに、まともな人の割合が
動物園前を中心に離れれば離れるほどやばくなっていたのを思い出しますw

そういう点では今すごく発展した大阪の顔ミナミこと難波でさえ、
お洒落な飲み屋の前を歩くと、昔はじゃりんこチエみたいなトタンが
立てかけてあった立飲み屋だったのになあ・・・と。

京都から大阪にやってくると、空はどんよりした感じで、歩く人は
ケンカ早く、まだ戦後の臭いがする地域もけっこうありましたね。
子供の時だと、空気の澄んだ田舎に住んでたからか、西宮か尼崎周辺
に来るだけで息苦しくなるほど暗いイメージでした。

今は行きは淀川の橋から見る大阪は奇麗だし、帰る時は六甲山が見え
スモッグ時代の大阪を思い出すこともありません。
いろんな努力で世界屈指の観光都市になったんだと思います。

それにしても最近は個人の人権と公共が様変わりしてきました。
個人の自由だから、権利だからといわれれば、どうすることも出来な
かったのが、条例とか法律もでき、もとよりみんなの意識がずい分
変化してきたように思います。

理想はもちろんあるけど、現実が追いついてない感じ。
特に移民問題が世界的に問題になり、自由度が高かった国々がギブ
アップし始め、排斥運動が急加速してます。

興味深いのはそのニュースで、移民NOの人を極右とか愛国主義者
などとレッテル貼りするメディアへの批判が出てましたね。
その人たちも元々はどうでもよかったのが、治安の悪化や犯罪の多発
で怒り出したわけで、思想とは全然違う。

誰だって死刑は廃止した方がいいと思うし、軍隊もあるよりない方が
断然良いでしょう。人の傷つくことをいうのはダメだし、多くの人が
安全安心に暮らせ、ストレスのない社会であってほしい・・・

そうそう冒頭の大阪も以前は、追い出された人は南へ、南へと移り
住んでいたんだけど、さすがに今は共同住宅のようなところに行って
もらうようにしてるらしく、浮浪者の数も激減してるんだって。

元々は大阪万博をはじめ、高度経済成長を支えてくれた人たちなんだ
から、やっぱ邪険にはしたくないですよね。
今度行く機会があったら、どんな感じになってることやら。
なんでも大阪特区構想の地区だそうで、興味深く見守ってます。 

taka1346yu at 22:54│街角