2016年08月25日

化けの皮

大手メディアとネットの違いをまざまざと見せつけられる案件が継続
してて、両者が交わることもなくとても興味深い。

ご存知NHKが特集した貧困女子高生のドキュメンタリーで、本来の
話からそれヤラセの方に向いてしまった。

視聴者は事実と真実を知りたい。 
テレビ側からすれば確かに重要だけど、追い続ければ日数と費用がかかる
から、少しはヤラセがあってもいいと思ってるんでしょうw

番組が作られるときは必ず制作会議というものが行われるでしょう。
そのときにテーマが決まり、それにそってリサーチャーといわれる人たち
が、それらにそった場所、人物、物を探し出すのだという。

子供の貧困というテーマでやろうとした今回、じゃあ当女子高生はどのよう
にピックアップされたのかっていう話になる。
普通はリサーチャーが見つけてくるんだけど、問題発生の度合いをみると
あまりにも杜撰なためそうは感じられない。

問題を起こせば切られるのは子会社の方ですから、ただNHKの場合は天
下りの可能性もあるから一概にはいえないかもねw

何にせよ、シナリオの奥底には現政権批判が確実にあると思う。
そう考えると制作側のディレクターなんかの交友関係とかに注目。
またスポットを浴びた家族も何かの政治的運動に関係してないかとか。

つまりはどうしてもNHKが問題!ってなるはずが、なぜか左派メディアは
女子高生叩きが酷い、人権侵害という観点ばかりにいってる。
それはまるで仲間をかばうかのようにしか見えないんだけどw

貧困は今の日本では最大の敵であり、最重要課題だと思う。
結婚したくない、子供をもうけたくないのにお金がかかるからだし、そこから
教育費や養育費で悩む家族、老後の不安、正規と非正規社員問題にそうした
中でも増税が続き、公務員のボーナスだけが右肩上がり・・・

忸怩たる思いをしてる人が多い中で貧困ビジネスといわれる闇もある。
それを上手くやってるのが今回ネット批判する連中に見え隠れするんだけどw

また普通のニュースでは見てないあるパソコンショップの問題。
こちらも詐欺のような話がネットをにぎわし、はては株価まで影響してる
っていうのにおかしい。 

taka1346yu at 18:00│テレビ