2016年11月30日

不毛な会談

ニュースに東京五輪2020の4者会談が始まったとのこと。
実質は森元総理VS小池都知事といった様相w

少しだけしか見てないけど完全に利権対阻止の構図といった感じ。
ご存知のように行政側はやるとなればどんな理由をつけてでもやろうと
するし、その反対にやらない場合は難癖をつけまくる。

今回もまったくその通りで、でも森氏の論は突っ込みどころは満載。
だって出来ない事情が横浜がどう、前もってどう、今さらどうばかり
で、そのほとんどが「そう聞いてる」だってw

たぶん当事者に聞いたら「そんなことはない」と即答されるだろうな。
やっぱずいぶん前にサメの脳みそといわれたのはまんざらじゃない。
ただこの人がいまだに影響力があるのは、別の側の人たちからすれば
ありがたい存在なんだろうとも推測できる。

でも、そういう時代は終わりましたよね。
ブラックボックスでなあなあの話し合いは右肩上がりの時代!
今はもうバブルを知らない若者が30歳くらいまでになったのかな。

彼らは可哀そうにさとり世代と名付けられ、欲望が少なく質素で真面目
とされてるけど、派手な時代がないんだから仕方がない。
じゃあ不幸かといえば、一度蜜を味わいどん底に落ちた世代よりはマシかも。

そんな過去の栄光をもう一度なんていう化石たちが、よってたかって五輪
利権にすがる姿の醜いことw

どこかの国が人脈やコネで利益誘導し、大統領の座を追われて大騒動に
なっているけど表沙汰になってないだけで似たような構図だと感じてる人も
自分だけじゃないでしょう。

記憶を思い出すと東京五輪反対の空気は少なくなかったと思う。
震災もありたいへんだったし、いまさらもうねえ。
でもコンパクト五輪、質素で倹約というキーワードは魅力的だった。

金満日本、古くはエコノミックアニマルと揶揄されたこの国から商業五輪
といわれた構図を変えられたら、それはイコール日本のシステム改造にも
つながるんじゃないかと甘い夢を見させ、結果は騙された・・・

ふたを開ければ不景気な日本にのしかかる兆という単位。
ほんの数か月のイベントにその後何十年と借金がのしかかる。

しかも今話し合ってる連中はもう少しでこの世からいなくなるというのに、
自分勝手に孫子の代まで苦しめようとしてる。

相変わらずメディアはだんまりw

こういうのこそデモしていいと思うんだけど、市民運動家もイデオロギーや
政権打破でないとだんまりw

そしたらIOCの副会長の方から2兆は多過ぎ、再考しろという話が出たよう
で、ほっとしました。IOCにしても莫大な費用がかかれば、今後候補地が
辞退することにつながるでしょうから。

それにしても本当に酷い。
個人的には天の怒りが舞い降りてくる気がして仕方がない。
人知を超えた罰を受けないためにも多くの人が納得する気持ちにならないと!
知らないぞ・・・
 

taka1346yu at 22:57│ニュース