2017年03月27日

中止すればいいのに

高校生のグループが山岳登山の練習中に雪崩に巻き込まれたという
悲しいニュース、はっきりいって頭に来ます。

個人的には起こるべくして起きた事故だと!

自然にかかわるイベントや行事に携わっているとず~と思ってきたのが、
学校と旅行代理店の自然に対する考えの甘さ。

ご存知のように自然は人間の思い通りになりません。
いい天気が急変したり、例年とは違う状況だったり、特に気象は大きな影響を
与えるため、天気予報を見ておくことは重要。

ただオイラも指導するさいに口を酸っぱくして言うのは、見るだけじゃダメで
そこからどう判断するかが最重要だと。だって大雨になる大雪になるってわか
っていても対処してなくちゃ何もならないでしょう。 

そして最初に戻ってその判断が一番甘いのが先に挙げた二つです。 
学校は行事日程を優先したがる。
最近はそれでも主催者側がダメ出しすると責任がかかってくるから以前よりは
言うことを聞いてくれるようになりました。それでいくと今回の事故は誰が
どう判断したのかがかなりきつく問われると思う。

旅行代理店に関しては払い戻しなどの問題もあるんでしょう。
かなり強行にしようとするし、たちの悪い会社は落ち度を探して賠償を求め
ようとするところもありますからね。

自分も学校と旅行代理店を出したけど、もちろんいい学校いい会社は思っている
以上にきちんとしているけど、それでも悪質率は普通のものに比べれば高いと
断言します。今回の事故のようなことでも起きないかぎり改善されないと思って
いただけに、雪崩被害者はそうしたものの犠牲者といえるでしょう。

今シーズンも多くの生徒や人々に山の怖さを伝えました。
その人たちが今ごろ自分の話を思い出していると思われます。 
2017年になっても悲劇は終わらないことに悲しさを感じるばかりです。 

taka1346yu at 22:25│ニュース