2017年06月01日

相手も悪い?

サッカーACLの決勝トーナメントでサッカー史上に残る情けない場面が
テレビで延々放送されてしまった。

浦和VS済州のゲームなんだけど、たぶん日本人の場合はそのシーンを
ニュートラルに見て判断すると思う。
自分も日本、韓国という先入観をとぱらって平等に見てみたら・・・

まず試合内容で済州の選手のファウルが酷い。
相手に怪我をさせても構わないと思えるような行為。
これじゃあヒートアップしていくだろう。

それでも浦和は比較的冷静に対応してる印象がある。
そういうのが得点にもつながり、勝ちチームの戦いをしていたと思う。

その反対に済州は徐々に冷静さを失っていた。
それが暴行シーンになってしまったんでしょう、あまりにも酷い!

何より自分たちの非を認めないコメントが情けない。
監督の「刺激したチームに責任がある」って何なん?

日本人だと刺激されても最終的には手を出した方が悪いという見方がある。
こういう考えは世界的にも共通しているはずで、韓国人がいうような相手
の責任をいうような国は遵法意識が低い国じゃないだろうか。

挑発行為があったとすればどのような挑発があったのかもわからない。
ホームで勝った浦和がサポーターに向け、勝ち誇るのは当然でそれを挑発
されたなんて言われれば、世界中で乱闘があるだろう。

百歩譲って浦和の選手に怪我をされたというのならまだ理解できる。
そのことへの抗議としてね。
でも肘打ちをし、唾を吐き、度重なる危険行為はすべて済州じゃないか!

そもそも韓国は国際試合の前によく揉めている。
相手チームに対し侮辱的な発言をし、それを相手も言い返しヒートアップ。
精神的な怒りを増長させて試合に臨むとパワーが出ると信じてるふしがある。

その上、試合後には勝てば国旗を刺したり、必要以上にパフォーマンスしたり
どれだけの問題を起こしてきたことか・・・
だから近年では韓国との国際試合や親善試合を回避する国が増えている。

また今回このような事件が起きたとき、日本と韓国を比較し日本に非があるだ
ろうと思った国がどれだけあるだろうか。

毎回言われる勝利至上主義の弊害。
後先を考えずそのときが良ければいいという行為。
しばらく忘れていたけど、やっぱ変わってませんでした。
残念だけどこんな国を好きになれるわけがないよ・・・


acl


taka1346yu at 19:50│スポーツ