2017年06月19日

スポーツの過渡期

オリンピックの新競技を聞いて驚いた。
さらに付属のものを含めたら、メダルの乱造みたいな感じw

ただでさえ膨大な予算になり、次回開催からは先進国のしかも一度は開催
した都市じゃないと手を挙げそうにないと予想されてる。

こちらについても都市単独開催という建前は終えた方がいいと思う。
先のように増え過ぎた競技を行うには国レベルじゃないと!

日本は最近すごく調子がいい。
喜ばしい反面、国立スポーツセンターのようなものができ、選手育成の予算も
増え、国をあげて素晴らしい指導をしてるけどオイラは首をかしげる。

なんていうか、一部の養殖みたいな感じ。
そういうのは何だか社会主義国家が得意としてきたものじゃないのかな。

こういうのはまず広く浅くのクラブ制がいいんじゃないかと。
つまり市、地方なら郡レベルのスポーツクラブを作る。
これらについては学校の部活動から完全に分離し、学生から社会人までが気軽に
どんな競技も楽しめるレベルのものでいいと思う。

ちょっと走ってみたいとか、最近は卓球が流行ってるしやってみたいとか、
一度アーチェリーがどんなものか知りたい、ホッケーてどんなんだろう。
ラグビーのルールとどんなスポーツなのか・・・そういう軽くできるように。

そこにはきちんとした指導ができるコーチを資格なんていうのにしたら、
また文科省が天下りを作るので、地域の協会や所属者が認定すればいい
くらいにしてねw

そして次に選抜レベルの広域クラブを作り、そこから県、圏そして国という風
に少しずつすそ野を広げ、山を高くするような仕組みがいいと思う。
そういうのが出来て最終的に国立だと思うのに、そもそもTOTOはどうなった?

医療の問題が根深い。
メタボ検診、子宮頸がん、薬害・・・本当に国民の健康を目指すなら、スポーツ
をさせればいいんちゃうの?しかも敷居の低い。

こういうので少しでも働き口が地方に増えればいいと思うし、娯楽がないといわ
れる地方でもこういうのがあればそれなりに楽しめるでしょう。
友達を作りにくいという人でも同じ興味があることならいいしね。

ま、こういうのは利権がない限り、国が動いたりはないと思うけど。
ただ、いつかは確実にできる世の中が来ると信じてます。

戦争があって平和を望み、無法者の世の中に嫌気がさして法律ができ、不便から
科学が進歩し、公害から自然保護を思うようになったように、今のこの世知辛い
世の中も過渡期だと思ってます。


taka1346yu at 23:29│スポーツ