2017年06月20日

エリート

日々いろんなニュース及びニュース解説をやってるものを見てます。

地上波は少しで、ネットにあがってるものの方が信用できそう。
理由は自分なりのリテラシーで、地上波のものはあまりにもバイアスが
かかってる感じだし、矛盾も多く、報道しない自由といわれる隠蔽や
偏向が酷すぎるのがわかってきましたから。

今日も相変わらずの加計と森友をまたぞろやってました。
これらについてどれだけ安倍首相の違法性があるのか・・・
ネット上で指摘されてるのが民進党議員の獣医師会からの献金の件。

ずいぶん前のKSD事件というのを思い出します。
村上正邦当時労相が、古関氏に依頼され、1996年1月25日の参議院本会議の
代表質問で取り上げるなどしてKSDが進めていた「ものつくり大学」の設立を
支援し、この見返りに現金や事務所家賃の肩代わり等、総額5,000万円の利益
供与を受けたというものです。

問題点は企業献金などは収支報告書に記載され受け取るるのはいいけど、
そこから利益を誘導するようなことや国会質問をしてはいけないという
ものでしょう。野党は安倍首相が加計学園とそのような図式にしたいん
だろうけど証拠といえるレベルは今のところなし。

それどころか逆に獣医師会からはっきりと献金をもらい、そちら側に立
って国会を振り回してるのをみると、こちらの方が問題じゃないのって。

それにしても民進党は東大の人が多いし、話題の文科省をはじめ、省庁
にも東大を筆頭とする国内屈指の高学歴な人を中心に形成されている。
普通の人が考えれば頭のいい人たちなのになぜ?って。

一般常識や客観的に考えればわかりそうな話が通用しない。
どこに落とし穴があるんだろうって思っていた時、これまたネットの
ニュース解説でこのようなことをいう方がいました。
「エリートが集まるとバカになる」

最初はピンと来なかったけど、少し考えるとわかる気がします。
人の価値を決める基準ていろいろありますよね。
学校に行ってる時代なら勉強、スポーツ、容姿など、そこから社会に
出ると金、地位、名誉なんかもあります。
またそこから離れて人間性がいいとか、特技、芸術など様々。

本来のエリートはそうしたいくつかの分野で秀でた人の集団でバランスの
とれたものだと考えられます。
しかし官僚制度などを考えると偏差値というか一発合格の国家公務員試験
の成績と順位がほとんどを占めているんじゃないかと。

ここで価値観が止まると、いくら創造性があり、素晴らしい人格であって
もついてまわるのが若い時期の一度の成績だとしたらやりきれないw

自分も何度も書いてるけど、世の中は早熟な人もいれば晩熟な人もいます。
スポーツがわかりやすく、中高で大活躍した人がそのままという例ばかり
じゃないし、その頃は大したことなくて後に大成した例は枚挙にいとまが
ないですよね。

国家公務員試験がプロ野球のドラフトだとしたら、ドラフト1位がずっと
活躍するというのを考えたらどうでしょう。
入団してから鍛えられることで才能を発揮する人もいます。
また当時は試験に落ちてもその後に素晴らしい才能を発揮する人も当然。

どんな世界でも仮に選抜試験はあっても、それだけでその後を決めてしまえば、
たぶんその世界というか業界は澱んだ水のようになってしまう気がします。

また最近ではラグビーが大活躍しました。
そのトレーニングは外部のコーチを呼び、今までにないやり方や今までとは
違うアプローチの指導なども取り入れ、躍進の原動力になりました。

逆に柔道なんかで日本が苦戦したのは、外国の選手がレスリングとか他の格闘技
も経験してることで、柔道とは違う体の使い方に日本勢が苦戦した話もありました。
何にせよ、重要なのはいろんなやり方であり、いろんな方法でしょう。
それを政治と行政に戻せば、組織の中にもいろんな人間が必要だということです。

よく問題になるのが学校の先生で、彼らは大学を卒業し教員になるわけで、その
過程で一般社会をまったく知らないといわれており、そのかい離で多くの問題が
発生するといわれています。が、さらに文科省を考えればその教師すらしていない
官僚が日本の教育行政の方向を示しているというのは能天気以上に恐ろしい・・・

しかも先に述べたように、価値観が公務員試験の成績だけでしょw
学校という場が社会の縮図としたら、勉強が主の価値観になるのは目に見えるし
それ以上に勝者の論理しか働かない方向になるのは仕方ない。
そんなところに心の教育だの思いやりだの教えられますかって。

エリートはイギリスでよくいわれます。
彼らは学業はもとより、スポーツもするし、狩りとかしたりする上に文化
とかマナーとか日本でいう文武両道を目指しています。

いい生活をしていながらも、いざ戦争になれば自分たちが先頭に立ち、
最終的な責任も自分たちが取るように教育されています。
古臭い階級にイギリス国民が目をつぶるのもそこなんでしょう。

これを日本に戻せば、大本営では試験で好成績だったものが牛耳り、終戦後
で責任をとったものは少なく、しかもその流れが今の官僚制度に引き継がれ
ています。これじゃあ日本は完全に戦時中のままですよw

日清、日露を戦った頃は優秀なら飛び級が多かったと聞きます。
またそもそも明治維新は地方の下級武士が中心になったように、日本の底力も
日本国内のあちこちにいる無名ながら優秀な人たちの存在ではないでしょうか。

日本型のエリートは確実にできると思う。
でも今の状態では厳しい。

何よりそうした志を持った人が教育者として学校を作ろうとしたらどんだけの
邪魔が入るかな。(森友は別ですよw)
今の大学なんかも国立を除けば私塾で始まりましたよね。
そういうので淘汰されるような方向が一番だと思うんだけど。
でも、いつか必ずそうしたものができる世の中になってほしいです。


taka1346yu at 22:12│ひとりごと