2017年07月14日

あなたは何者?

安倍首相が加計問題なら、民進党の蓮舫代表は日本国籍と台湾籍の
「二重国籍」だとされる問題。
既に台湾籍がなく、問題は解消されたことを証明する資料を、18日に
公表すると明らかにしたそうなんですが、ここに来て風向きがw

「(証明資料として)何を示すかは今、弁護士を含めて整理している」
「戸籍謄本そのものを公表するとは言っていない」

あれれ?何だかこの前誰かさんがツィッターで記者会見する予定なんて
ぶち上げながら、結局しなかったことを多くの人が怒ったら、あくまで
予定なんて逃げをうったのを思い出しましたよ。

そもそも彼女が発表するとした後、なぜか党内や運動家などから公表は
ヘイトを誘うなんていう意味不明な意見が出てましたね。
発言は認めないといけません、が、どこがヘイトなんでしょう。

彼らが言うには、そういう前例を党首がすることで一般社会からも戸籍を
示せなんていう風潮が出来上がるっていうものらしい。
いつもの論理の飛躍としか思えないんですけどねw

また得意の海外事例を出すから、自分もそれなりに調べてみました。
(海外を出すなら、スパイ防止法や盗聴は当たり前w)

多くの国が多重国籍について緩いという事例が多いです。
しかしあくまで一般社会であったり、生活でのこと。
そりゃあ違法行為さえなければ、また犯罪性向さえなければ、そんなに
うるさく言うことはないでしょうから。

これが問題視されるのは、外国人や多重国籍者の犯罪が増えると見る目は
変わってきますよね。それをヘイトとする風潮が保守層がリベラル派へ
怒りを向ける原動にもなりつつあります。

そしてこと政治家に限っては多重国籍には厳しい。
多民族国家で少々緩い国であっても大臣クラスでは許されないようです。
そりゃそうでしょう、だって国民を縛るための法律を作り、また執行する
機関にいる者がその国の国籍を持たないとしたら・・・

恣意的に反国家行為をされる可能性は十分考えられますから。
それでも多文化共生の観点から良しとする日本国民がどれだけいるんでしょう。

ヘイトという言葉は便利に使われていて、今では徐々に軽くなってきました。
本当に深刻なヘイトでさえ、真剣に受け止められないような感じ。
ひと昔前に問題になった部落差別、男女差別はもっと重かったのに・・・

民進党内で問題にすべきじゃないという人は、選挙をどう考えているのか。
民主主義の基本中の基本は選挙じゃないですか。
デモや革命で政権交代するような国ははっきりいって後進国!
日本では226や安保運動もあったけど、そんなのでは何も変わりませんでしたよね。

その選挙において、投票権のある人々に国籍をきちんと明らかにするのは
ある意味立候補者の義務だと思う。
たまに経歴詐称が問題になるように、人となりのわからない立候補者を判断する
のに経歴で見る人も多いですから、どれだけ重要なのかを考えないと!

蓮舫代表はまだ有名人ですから、人となりもわかってます。
でも無名な候補者だとさっぱり。
ある著名人は国会議員すべての国籍を明らかにすればいいという意見もw
これは大賛成ですね。なにせ、蓮舫氏以外にも多重国籍者が・・・

とにかく、発表の日を見守りたいと思います。
自分が何者かを明らかにしないなんて、そんな人に政治家を任せたくない上に
そういう人が他者を攻撃するなと言いたい。


taka1346yu at 23:15│話題