2017年09月14日

テレビが変わるかな?

電波オークションの話が出てるけど、新聞とかには出てきませんねw
静観してるんだろうか。
仮に反論しようと思ったら、どういうふうに言えばいいのか。

世界は~って言おうと思ってもダメ。
広く自由に開かれてますっていうのは嘘。

ネットであがってたものの中には、オークションで高くなったぶんCM料
などが上がり、それが消費者にはね返ってくるってあったけど、それは
おかしいと思う。それは既存の会社がそのままだったらという話でしょ。

実際には新規参入や体力ある会社、戦略のある会社が加わるだろうし、
案外CM料も今よりも安くなることだって考えられる。
だって今の料金が妥当だっていう根拠すらないんだから。

日本の一部業界にはびこるムラ社会。
そういうのは週刊誌やムック本なんかで目にすることがあったけど、実際
目の当たりに感じたのは東京五輪のエンブレム問題だと思う。

今までは既存メディアがいろんなことを追っかけていたけど、結局そうした
人たちも利権やムラにどっぷり浸かっていて、追及したのネットの人たち。
彼らの中にたぶん業界の人もいて、内部告発的に海外の証拠画像も紹介し
最終的に下ろさせました。

これはかなりの転機になったと個人的に感じます。
この頃からメディアって実は騒いでるわりに本当のところは目を背けている
と、そして報道しない自由って言葉も出てきましたしね。
今ではネットで騒がれてようやく重い腰をあげる感じ、オワコンですよw

そして徐々にテレビの世界の一般とかけ離れている話にフォーカス!
例えば芸能事務所による圧力とか、バーターとかの話。

これなんかも当たり前のように記事になったりしてたけど、よく考えるとおか
しいと思いません?公共放送になぜ一般社会とかけ離れている契約とか裏約束
みたいな話が当たり前になるのか。

最近ではようやく事務所を独立したタレントが、業界のルールで干されるのは
おかしいという方向になってきました。
またタレントの不祥事があっても事務所の強弱で取り上げ方が違っていたり、
最近はようやく沈静化したけど一時は裏社会の関りも。

報道なんかでは有名な記者クラブ制、報道スクラムなど目に余る行為が多過ぎ、
その正反対で自由に発言するネットを目の敵にしています。
局員の厚遇も有名だし、そうした驕りが目に余るレベルにもなってきました。

とにかく、日本の根幹であり、権力基盤の一つを国民が納得するような形に
してもらわないとね。
そもそも世論調査とか視聴率とか、そういうデータすら信用できませんからw

そうそうよくある街角インタビューでも編集されていたり、酷い場合は海外の
訳をまったく違うものにしてたりと悪質な事例も。
もうこうなると悪意があり、悪質で、歪んだ方向に導こうとする意図がありあり。

悲しいかな電波オークションに反対する理由が見当たらない。
さてさて口先だけで終わるか、本当に行われるのか期待したいものです。

taka1346yu at 22:47│テレビ