2017年09月27日

右往左往w

いよいよ解散前夜、少しずつ選挙に向かった動きが見え始めてきました。

衆議院議員にとって先生になるか、ただの一般人になるかという
重大な局面、その動きに注目なんだけど、ここにきて前代未聞の
醜態をさらけ出してるといった感じ。

その主人公は民進党、何なんだこの人たちは!
一部の人たちが離党し、希望の党に合流。
ネットでは泥船から逃げ出したと揶揄されていますw

ただその人たちを見れば民進の中でも保守の色が強い人たちだった
のでまだ理解できた。
希望の党は憲法改正、消費税凍結を明言しましたから。

それが先日まで憲法改正大反対を国会で叫んでいた民進党自体が
なんと合流しようという話、政治家としての信念は無しそれはイコール
政治家としての信用もない。それは死を意味すると思う。

しかも安倍首相の解散宣言を大義がないと言ってましたよね。
じゃああなたたちの合流にはどんな大義があるの?
政治家としての信念を引っ込め、ただただ選挙に勝ちたいがための
無様な姿に、呆れを通り超え哀れ。

それは政策ではなく安倍おろしに徹したモリカケ質問と同じ構造。
特定秘密保護法からほとんどの法案に反対し、多くの国民に成立後は
たいへんなことになると煽っていたけど今どうなっているか。

未来はまったく考えない、目先のことばかり。
それが民進党で、民主党から民進党そして姿を無くして希望の党?
アホか!!!

そう考えるとやはり今回の選挙がすごく意味のあるものになってくる。
国会とは、国会議員とは、政治とは・・・
これらを重々考え、投票する機会が与えられたことは素晴らしいと思うし、
党よりも立候補者を曇りなき眼で見据える時が来たように感じる。

奇しくも今日は地元の町長町会議員立候補者説明会に行って来ました。
自分が立候補するわけじゃなく友人なんだけど、小さい町ながらも
公職選挙法はまったく同じものになります。

初めてながらいろんなことを見聞きすると、こうした仰々しいことを過去
ずっとやってきながら、いい加減な政治家が多かったんだなあと。

特に立候補条件が読まれた中には日本国籍を有するっていう一文もあるし、
いろんな思いが頭をよぎりました。
ですから、今回のドタバタはネタ探しのマスコミは大喜びなんだろうけど
多くの国民は怒り心頭だと思いますね。

10月の選挙は歴史の変わるものになりそう。
何度も書いてますが、結果はどうあれ自分は多数決に従います。
それだけは明言しておきます。

taka1346yu at 23:51│ニュース