2017年09月30日

岩盤はテレビ

フジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の30周年特番が
9月28日に放送され、そのなかで往年の人気キャラ保毛尾田保毛男を登場
させたことが問題になってる。

フジテレビは30年前は最先端を走ってました。
タブーに挑み、真面目なものを笑いに変え、他の局が高学歴な人ばかりの
なかで、そうじゃない雑草軍団がヒットを飛ばす!

ある種痛快な下克上のような姿に、当時は自民党の護送船団方式に反発する
かのような反権力的、反権威的なものを感じた人もいたでしょう。

しかし視聴率三冠王となり、大卒者の人気就職先ランキングで上位になった
ころから徐々に変質、つまりはフジも権威側に・・・バブルも重なり、自分が
東京にいた頃、フジ社員の闊歩する姿に奢れる者は久からずを感じました。

とはいえ、思ったより全盛時代は続いていたけど、やはりネットの登場が転機
になりまたよね。韓国押しで多くの視聴者を敵に回し、ネット民から格好の的
にされ、現在の凋落へと続きました。

フジも高学歴者、縁故採用が顕著となり、いつしか冒険をしない無難で保守
的なものが増え、最終的には芸能事務所やスポンサーに篤くじり貧に・・・
フジテレビデモからの「嫌なら見るな」は象徴的な言葉。

そんな状況の中でついに「笑っていいとも」も終了。
ドラマではキャスティングされたくないなんていう話も飛び出し、ジャニタレ
を使いまくってた弊害もあったのかSMAP解散にも少なからず影響したんじゃ
ないかとみています。

そして今回の件。
とんねるずに誰がその首に鈴をつけるのかといわれ、超まんねりのしかも笑い
というより、いじりや身内芸、他人をバカした笑いという学生の宴会芸の延長
とも思える低品質のものを公共の電波で流し続けていたツケがやってきたと
思えるような批判の嵐、このご時世に保毛尾田保毛男はないでしょw

それだけ世間の感覚とずれていることを証明したのと、誰一人こういうのはや
ばいと進言する人がなかったことに、テレビ局特有の独裁、抑圧そして無知の
三拍子が頭に浮かびました。

最近のネットのコメントにこういうのがありました。
テレビ番組の中で高級料理、高級ホテルに象徴される高額なものを買ったり、
身に着けたり、食べたりするのを流すとテレビタレントたちが一般視聴者と
同じように「高い」「信じられない」「食べてみたい」「行ってみたい」って
わざとらしくコメントするが、お前らの高額ギャラなら余裕じゃん!
そういうのが視聴者には鳥肌が立つんだよって。

奇しくもとんねるずの番組はそれを象徴してました。
男気じゃんけんとかで爆買いの散財、タレントが高級車、高級腕時計を買う、
見てないけど最近は田舎にスーパーカーで行こうなんていうテレビ欄に書いて
あるのを見ました。ホント何をやってるんだかw

個人的には有名タレントや人気者が高額ギャラをもらうのは成功報酬だと。
しかしことテレビに関しては事務所の力でどうこうしてるもので、また最近
言われ始めたテレビ特有の電波利権による儲けで通常では信じられないような
ギャラになってるのはあまりにもおかしい。

人気スポーツ選手なんかはその選手生命が短いこともあって当然だと思うけど、
タレントはどう?タモリが一週間で300万、古館は年間12億・・・そういう
テレビ界の連中が今の政治をどうこう言うのは一番恩恵を受けてるくせにあまり
にもお門違いだと思う。

とんねるずの番組のことからテレビ界全体の批判に流れたけど、これらは関連
がかなり強いと思ってます。世の中で一番旧来の悪い日本的なシステムが続き、
それを一番変えられないのがテレビの世界。
急げ電波オークションw


dempa


taka1346yu at 20:47│テレビ