2018年02月26日

悲喜こもごも

meda


たぶん地上波では絶対にありえないだろうという話題が、
ネットの方では盛り上がっててすごく面白い。

それはカーリング女子に対する一般女性の嫌悪ツィート&SNS!
罵詈雑言の嵐がネット上を賑わしているという。

でも何となくわかる気もするw
すごく美人でもなく、スポーツ競技の中ではストイックとは程遠い印象
とか、それなのにちやほやされる感などいろいろでしょう。

確かに美人ではないけど可愛らしい。
それは多くの男性陣が書いてたけど笑顔なんですよね。

愛嬌のある子っていうのは敷居が低い感じがして話しかけやすいし、
体形もいかにもダイエットや運動で努力してますって感じだと近寄り
がたくなってしまうけど、少しぽっちゃりしてると何となくいい。

よく女性が理想の女性像をあげるけど多くは男性から見ると引くパターン。
それよりもいわゆる隙がある印象の方が魅力あると思うのが男性の意見。
この乖離はなぜか埋められない不思議・・・

個人的には高木姉妹では妹の美帆選手の方が好みw
しかし性格というか印象で行くとお姉ちゃんの那奈選手の方がずっといる
と徐々に好きになっていくんじゃないかと感じます。

どうでもいいんだけどw
それもやはり愛嬌というか話しやすさみたいなものだと思う。
そういうのでいくと小平選手なんかもちと苦手なタイプですね。

ただ美帆選手は地元の同級生情報ではさばさばしてて賢いし、空気も読めるし
人気者だったとのことなので、あくまで個人的な印象だけで書いてると思って
下さい。実際の彼女を知らないのに失礼なんで。

しかしまあこうしたディスりがあるのがネットらしくていい。
地上波の持ち上げ、感動、お涙、ドラマにはうんざりするし、彼女たちが
食べてたお菓子の情報やイチゴのことなどはネットですでに調査されていて
完全な後追い企画にテレビのやることかよって言いたくなる。

話は少しそれて、彼女たちを有名にしたのが「そだね~」という言葉。
北海道弁だというけどちょっと違う気がする。
本当のは「そうだね~」じゃないのかな。
文字で書くと表現しずらいけどイントネーションのアップダウン付き。
実際北海道でも使う、使わないの議論がされているという。

今日はメダリストのインタビューがあった。
少ししか見れなかったんで偏向しますが、高梨沙羅選手の映像が少なかった
ように感じました。確かに銅メダルなんで仕方ないにせよ、女子では初!

ただネット上にはメディアから快く思われてない情報がちらほらありました。
インタビューは避け、特に大手でなければ相手にしない。
急に派手になり、周囲の付き合いも変わって来たとか、ベンツの乗ってるの
はかなり言われましたからね。

もしメダル獲得数が少なければ彼女にも行かざるを得無かったろうけど、今回
はまったく気にしなくてもいい状態になり、意趣返しがされているのかなあ
なんて思った次第です。
実際、先に書いたいわゆる感動のドラマでも高梨の情報はほとんどないですから。

ただ現役のときはいいけど、引退後が心配ですね。
女子スケート界のようにサバイバルは楽かもしれないけど、やはり愛嬌がない
人というのは実力や実績があっても使いずらいし、人気も無くなっていくもの。

他の団体なら先輩もいるんだろうけど、女子スキージャンプは彼女が先駆者な
だけに教え諭してくれる人もいないんでしょうね。
今日はそういうどうでもいいことばかりを思った日になりましたw

明日もまた話題はくだらなだろうな・・・




taka1346yu at 23:18│スポーツ