2018年03月02日

地域のサッカー環境

久しぶりに少年サッカーの見学に行きました。
1年ぶりになるだろうか。

自分が見本をみせられなくなり、また体調不良や家庭事情などもあり
遠ざかってたわけですが、ずっと前に教えてた子が5.6年生になって
どれだけ上達してるのかも見たかったので。

みんな上達してたし、以前はすぐにさぼったり、嫌がってた子もしっかり
走り回りまた技術も上手くなっててうれしいかぎりでした。

しかし良いことばかりじゃなく、チームの存続は厳しいとのこと。
現監督、コーチに聞くと再来年辺りから人数が激減するという。
もともとそういうのがずっと続いていたチームとはいえ、本格的に
厳しいという話で、他チームとの合併の話とかしました。

すると、現段階でうちなんかよりも全く大丈夫なチームでさえ合併が
加速してるとのことでした。
どうやら人数というよりもクラブチーム的な思考のようです。

現在は旧町単位であったり、小学校区なんかだけど、人数が多いところ
もあれば少ないところもある。多いチームも安泰かといえば、今度は
対戦相手で困ることになる。

もうあと数年すれば、我がチームも合併で無くなると予想しますが、何より
子供や保護者のためを思えば仕方ありません。

ただ不満は指導法が確立されても、いまだガミガミコーチなど指導法がが
よくないコーチや勝利至上主義者は後を絶たないという。

自分たちの前後の世代には多かったけど、彼ら自身が新体制の指導法の中で
育成されてきたのにどこでどう間違ってしまったのか。
教えるというのは本当に難しいと思う。

スポーツは何のためにやるのか。
自分の場合は健康と親睦。
周囲も同じような考えの仲間が集まるためみんなそんな感じ。

たまにいるのがやるからには下手とか、勝てないとかは情けないという人。
自分の得意なこと、好きなことしかやってない人ほど社会性は少ない。
まあ個人の考えだからどうでもいいけど、少なくとも人付き合いを制限
するよりも、いろんな人と語らいたいね。

taka1346yu at 19:19│街角