女性のリーダーいい加減にしないとね

2018年05月15日

ちょっと妄想w

北朝鮮情勢について地上波や新聞は何かにつけて遠回しに政権批判w
蚊帳の外だの、拉致問題だけを強調すると失敗する打の意味不明。

ネットではその逆で制裁は効いてる、なかなかいい感じだと70~80点
くらいの成果だという意見が多い。

一応どちらも見聞きしてるけど、正直メインストリームは酷いね。
素人でもわかるような嘘というか曲解だらけ。
ま、曇った眼鏡の人たちに期待する方がバカでしょうw

ところで今のところは先行き不透明。
制裁が効き過ぎて中国にまで秋波をおくりながら、その中国もアップアップ。
軍事を背景にした経済の恫喝はやはりアメリカ。
そのアメリカに影響をもたらす過去に例のない安倍外交はいまのところスゴイ!

戦争回避の可能性が増してるけど、そうなったとしても落としどころが不明。
はたしてどうなるのか・・・そんな感じだけど、あまり言われてない金正恩
委員長の見方をしてみます。

兄を暗殺し、幹部を粛清しまくった無慈悲な指導者。
それが一番イメージとしてある。
ただしこういうのもいろんな情報が必要ですよね。

あるものでは市場経済を導入した部分もあり、一定の評価はあるという噂。
それでも農業を復興させたり、配給がよくなったという話も聞かない。
行き詰っているのは確かだと思う。

もし彼が賢明なら、この先はないと判断しているはず。
四代目への政権譲渡は100%ないと!
じゃあ、どうすればいいかといえばそれは軟着陸。

過去の独裁者が国民からの逆襲で惨めな終わり方をするのも知っていれば、もう
自分は下りてもいいと思う部分もあったはずと見ます。
ただしプライドも高いでしょうから一筋縄にはいかない。
そんなときついに兵糧攻めがやって来た、これはかなり厳しいと思う。

そんでもってアメリカから元CIAが使者としてやってきた。
なぜそうした人が行ったのかはたぶん北朝鮮が偽札作り、薬物輸出、武器製造
など非合法というか犯罪国家という部分を脅しに来たんじゃないかと。

ごく普通に軍事、経済の話なら国務省の人でも良かったと思う。
それがCIAですからね。

そしてご存知のようにテロとの戦い以降のアメリカはマネーロンダリングを調査
し、あらゆる資金の流れを押さえにかかりました。
中国も幹部や金持ちは確実にドルで蓄え、海外の銀行に預けているだろうから、
アメリカはそうした流れを把握しているからこそ強気なんでしょう。

そして金正恩委員長はもう完全に詰んだ・・・というのが現状。
しかし彼はそうなるのを待ってたんじゃないかと!
本当はどうにかしてアメリカと話し合いたかった。
朝鮮戦争ゲームを終わらせたいと。

その障壁になるのが戦争経験した元軍人幹部や強硬派たち。
アメリカとの話し合いをスムーズにさせたいがために粛清をした可能性。
また目の上のタンコブが長男の正男氏。
朝鮮の歴史では家族と親族の身内争いが後継者問題では必ず起きます。
そのための暗殺だったとしたら。

だとしたら結論は休戦協定が結ばれ、少しは改革開放の道が近づくかもしれない。
そして彼は亡命か何かの形で身分保障してもらうとも思う。
ポジティブに考えるとそうなります。

実際彼がアメリカに対してどこまで恨みがあるのかどうか。
ただ権力の座にいたいだけで殺し合い上等な人間には見えませんから。
さてさて占いではないけれど当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・

taka1346yu at 23:22│ひとりごと 
女性のリーダーいい加減にしないとね