2018年06月29日

祝!予選突破しかし・・・

日本の予選リーグ最終戦前に驚いた人は多かったと思う。
ここまで二戦の内容はおおむね良好、残すは引き分け以上の重要な試合で
11人中6人を入れ替えるという愚策に出たんですから!

最初は情報をかく乱する戦術だと思った。
これが負けても大丈夫な相手、完全なる格下ならまだしも、自分たちより
も上の相手にやろうっていうんだから、さすがにないと。

試合開始が近づいたときは3人が入れ替えという情報。
これならまだ妥当と思ってたのに、試合になったら本当に6人・・・
サポーターの多くにいわゆる負けフラグが立った瞬間でした。

個人的な経験から絶対に許せないんですよ。
西野監督ともあろう人が過去に同じような経験がなかったのか不思議。

選手を温存?
それなら本来しなくちゃいけないのは柴崎、長友選手じゃないでしょうか。
逆に戦術を難しくし負担を与えたのは本当に愚策としかいえない。

また日本の現状が強者のように先を考えるようなチームじゃないはず。
いま目の前を一生懸命やるのが当たり前なのに、こちらも意図がさっぱり
で結果がよかったから良いものの二度とやってはいけないと思う。

スポーツでは似たような場面がたくさんあるんですよ。
特にアマチュアでは勝利至上主義ばかりの人もいれば正反対もいる。
それでも勝つことは重要なのに・・・

自分の中学時代で今回の予選リーグと同じく、地域の予選で4校のうち上位
2校が次の大会に出られるバレーボールの予選をやってました。
1位の学校は次の大会や県大会でも優勝を狙える絶対的強者。
2位と3位をうちともう1校が争い、絶対的な最下位校に分かれてたんです。

うちの学校は順調に2位通過できる勝ち方をしてて、2戦目に最弱校と当たり
3ゲームのうちの1ゲーム目をゲット!
そしたら監督が6人中4人を入れ替えたんです。

過去の練習試合で一度も負けたことがなく、1ゲーム目も圧勝し確か交代も
2ゲーム目の最初ではなくほぼ勝ちが決定してた点差からだったように記憶
してますが、ここから漫画のようなことが起きました。

逆転されて2ゲーム目を落とし、3ゲーム目はレギュラーに戻したのに負け。
3戦目もその影響か落としてしまい結局3位になりました。
数年なかった地域予選敗退という結果、コーチの先生は我々に謝罪しました。

この時に思ったのは補欠選手を出してあげたいという優しさは理解できるけど
絶対にしてはいけない。なぜなら負けた場合はその選手たちの責任になる。
もう一つが相手を舐めると必ず痛い目にあう、この二つです。

後者においても経験がありました。
これは野球になるけど、こちらも絶対に負けたことのない相手に1-0で負けており
最終回まで来ました。しかもツーアウトの絶体絶命!
ここで相手のベンチが自分のチームのピッチャーに「勝ったら焼肉を食わして
やるぞ」って言い放ったんです。

それまで意気消沈してた我がチームに火が点きました。
自分が4番だったんですが、2番の選手に死に物狂いで出ろというチームの熱気。
フォアボールで出ると3番もヒットかエラーか忘れたけど出塁。
そして自分も燃えに燃えてさよならホームランを打つという漫画のような世界。

この時の試合は語り草になってると同時に教訓にもなってます。
お分かりのように絶対に舐めてはいけない。
例え勝てたとしても相手の人間に後味の悪いものを残しますしね。

かくもスポーツは絶対というのがなかなか無いものです。
絶対に少しでも近づけるのがプロの監督、コーチというものでしょう。
それなのにポーランド戦の愚策は日本サッカーという国民の思いを背負う
だけじゃなく、多くのお金も投入されているところに個人の情を出すとは・・・

結果はご存知のように負けました。
これで交代した6人には完全なダメ出しとなります。
情が仇になりましたねw

個人的には期待してた武藤選手が完全に空回りしてた印象。
功を焦り、自分が決めたいと周りが全く見えてなかった。
岡崎選手の起用は悪くないと思ってけどまさか怪我で退場とは・・・
この辺りは最大限の反省点だと思う。

逆に今まで自己チュー扱いされてた宇佐美選手が懸命に頑張ってました。
彼には一定の評価が出来ると思う。
山口選手も世界レベルじゃあちょっとダメかなって、ダブル酒井もいまいち。
槙野選手は個人的には好きだけどもういいでしょうw

自分は寝てしまって最後は見れてないけど、コロンビア勝利でファウル数による
2位通過が決まったことで後半最後の方でボール回しをしたことが話題になってる
ようですが、これについては逆に問題ないと思う。しゃあないですよ!

日本人として思い出さなければいけないのはドーハの悲劇。
あれなんてなぜボール回ししなかった、なぜ攻めたって言われてますやんw
だから、つまらない試合だの良くないって言ってるののほとんどは外野、敵視、
無知な人たちばっかでしょ。

そもそも相手も取り来ないんですからw
ポーランドも追加点を考えず勝ち点3が得られればOKと判断し、双方が動かなかっ
ただけで、これは今回だけじゃなく予選では過去何度もある。
問題ならFIFAがルール改正すべきだと思う。

今大会は韓国のえげつなほどのファウルに目が行きました。
その反対に日本のフェアプレーは素晴らしいと思ってたけど、その差で上に行け
たというのは別に卑下しなくとも胸を張ればいいと思います。
なぜならルールはルールなんですから!

言いたいことを書きましたんで思考を次に向かわせます。
自分はもういいです、結果がぎりぎりセーフでしたし。
逆に誇り高きポーランドに一勝をプレゼントし、面目もたたせてあげられました。
次は初のベスト8に向けて死に物狂いでやってほしい。

勝てば今回の愚策も笑い話になるでしょうw
ただし何度も書くけど、今回の6人には失格の烙印が押されました!
監督自身はベルギーに勝利すればすべてがパーになると思いますw
がんばれ!

taka1346yu at 09:11│スポーツ