2018年07月27日

いじめを考えてみた

上沼恵美子氏が自身の番組で、ずっと以前に小学校の女性担任教師が息子の
いじめを指摘したところ、いじめられる側にも問題があると言ったという。

現在のいじめは完全にいじめる側が悪く、いじめられる側の非はないみたい
な風潮もっといえば「いじめられる側に問題がある」ということさえ
言ってはいけないみたいになってる。はたしてそうなんだろうか?

何でもそうだけど一方的な二元論になってしまうと、多くのことがおかしく
なっていくと思う。
交通事故も被害者は悪くない、殺人も殺された側は悪くない・・・みたいに。

犯罪、事故そしていじめなんかも千差万別。
加害者が一方的に悪いものもあれば、被害者に非があることも少なくない。
だから調査し判断するのはかなり難しいと思う。

それなのに専門家でもない行政にばかり押し付けるからおかしくなっていくとみる。
つまり学校以外ももっと口をはさむべきだし、責任を教育委員会、学校、教師
みたいなところにばかりやってると彼らは逃げをうちますから。

まずは証拠や証言をできるだけ取りましょう。
家族にはきちんと話しましょう。
傷害や脅迫などは警察にも通報すべきという三点が最低条件にしないとね。

どういう場合にいじめが行われるのかの分類

1 成績がよくない、授業についていけなくて進行を遅らせることがある
2 体の弱い子、体格の小さい子、気の弱い子、時には病気や障害など
3 1・2を必要以上にいじめる奴が逆にやられる 性格が悪い
4 自慢しい 自分ができることを吹聴する 出来ないことを指摘すると逆切れ
5 ホラ吹き、わかりやすい嘘を平気でつく 指摘すると逆切れ
6 和を乱したり、わがまま、自己中心的で引っ掻き回す
7 特殊なのは美人、イケメン、賢い、スポーツが出来る、優等生だが4ではない
8 贔屓されやすい、ウケがいいなどで嫉妬される
9 担任や教師から理由はよくわからないが嫌われる(家庭事情?)
10 家族関係の不仲が子供に影響している
11 スポーツ、学業で自分を脅かす相手である
12 乱暴者で皆から敬遠される

いかがでしょうか。
これ以外のものも存在すると思われますが、おおむねこんな感じでしょう。
これらを辿るといじめられる側にも問題ありというのがいくつかあると思う。

そして書いてるうちにふと気づいた。
これらを学校じゃなく一般社会にあてはめるとどうですか?
会社でも似たようなことがありますよね。

またメディアなんかは完全にいじめの構図。
そういうのを自分で理解できない自覚症状がないのは心底恐ろしい・・・

じゃあお前はどうなんだと言われたら、自分たちの同級生は弱い子が多かった。
そういうのもあってか、低学年から担任教師はそういう子をいじめてはいけない
というのを徹底的に教え込んだことで弱い者いじめはほとんどなかった。
逆に1,2以降のものがほとんど。

ただ興味深いのが小学校はそんな感じが、中学では他の小学校も集まると
他小出身者は弱い者いじめが平気でしたね。
もちろんそういうのには加わらなかったけど、自慢しぃがやられてたのが自分
たち同級生の印象。

そして以降を考えると、個人的には態度が悪い、言葉使いやあいさつがダメ、
周囲の事情を全く考えないような人を無視してます。

悪口を言う場合は本当に心を許してる人にだけで他言はしません。
けっこう人当たりがいい方なんで相手はまったく接してこないから嫌って
いるのはわかってると思うけど、空気を読めないからそういうのもわかってない
かもしれませんがw

そうそう悪口で思い出した。
こういうのも堂々と公言する人はすごいなあって思う。
こちとら生まれたときからの商売人、商売敵もあればいろんな客がいて
味方もいれば敵もいるのが当たり前で育ってきましたから。

そういう環境にいると、Aさんの悪口をBさんに言ったら案外親せきだった
とか知り合いとか、そういうのがけっこうあるんですよ。
また時には誘導尋問をする奴もいます。
わざと探りを入れるように悪口を言って反応をみるんですね。

こういうのをよ~く知ってると、何か言われたら「あまり詳しくないから知ら
ない」と言って逃げ、人の評価をするときは褒める方に重きを置いてます。
褒めて損をすることはないですからw
無駄に敵を作りことはない!

ただし八方美人もけっこう嫌われますからね。
本当に許せない人のことはその人と敵対覚悟で非難します。

話はそれたけど、とにもかくにも人間関係は難しい。
人は薄情でもあり、すごく厚情でもある。
自分に対してどうであるかは自分次第なんですよね。


taka1346yu at 22:18