2018年08月17日

罰当たり!

話題がちょっと古くなるけど、すごく気になってたニュースが
徳島の阿波踊りに関するもの。
いまいちよくわからない部分もあり静観してました。
ただ火種は去年からくすぶってたのを知ってます。

まとめた人がいてわかりやすく説明してありました。

阿波踊り共催は観光協会(市の非営利外郭団体)と
徳島新聞(県内シェア75%で日本一)来客数120万人、
経済効果100億円の大イベントに成長 
↓ 
観光協会の不明朗会計で40年間の累積赤字が4億円だと発覚 
↓ 
不明朗会計の原因は徳島新聞グループの利権 
随意契約(チケット、広告、貸倉庫)で儲けまくり。観光協会赤字 
↓ 
観光協会は非営利団体なので儲けるのはダメ 
でも赤字解消の為に経営改革開始。
徳島新聞グループと随意契約の見直しを計画 
↓ 
利権を持つ徳島新聞が激怒!子会社四国放送の人気アナウンサーを
市長に立候補させて当選 
↓ 
観光協会の経営改革大成功!2017年は2,500万円の黒字、
累積赤字解消のめどが立つ 
↓ 
市長が徳島新聞グループの利権を守るために累積赤字・不明朗会計を理由に 
観光協会を一方的に破産手続き、解散に追い込む 
↓ 
徳島新聞が3億円を市に寄付し、徳島市と徳島新聞が阿波踊りの主催者に 
徳島新聞グループ派の市長が実行委員長になる 
徳島新聞グループとの随意契約は温存。利権を守り抜く 
↓ 
市長が観光協会寄りの振興協会(踊り手の最大組合)が行う、
総踊り(阿波踊りのメインイベント)中止を一方的に決定 
↓ 
振興協会(踊り手の最大組合)がボイコットを決断 
振興協会独自に総踊りを開催しようとするも市長に阻まれる 
↓ 
阿波踊りのチケットが売れない  
↓ 
今夜10時過去最大の総踊り決行 

これ以降は特に揉め事もないようなので無事終了したんでしょう。
となると市長が声高に叫んでいた危険はなかったということになる。

ここまで外野から客観的にみた印象は徳島新聞の厭らしさw
自分たちの権限ばかり固執し、公のメディアという公共性を無視した最低
最悪の団体であり、地方に巣くう巨悪の一つ!

去年からいわれていたんで、今年はどうするかと思ったら、やはりオールド
メディアが自ら襟を正すということはまったくなかった。
反省もなければ改革もしない、そのくせ恫喝まがいのことばかりw
おいおい反安倍なんて言えるのかよ~ってな感じ。

それにしてもわからないのが市長の方。
元地方局人気アナウンサーながらバックに徳島新聞がいたというけど、選ん
だのはあくまで徳島市民でしょ、なのにこの有様がよくわからない。
対抗馬がいなかったのか、読みを誤ったのか。

こういうイベントは日本各地様々だろうけど、ほとんどは実行委員会がやって
いるもので、主催者が邪魔するんなんて滅多にないでしょう。
ていうか、儲かるからその利権にあずかろうとしたクズが出てきたっていう
わかりやすい構図ですわ。

自分はフジテレビを思い出す。
この局はバブルの頃に、人気と利益が一挙にやってきた。
そうするとスポンサーにべったりとなり、縁故採用は当然で大きなイベント
例えば当時の人気のF1とかライブ、人気チケットなどを横流ししてた。

そういうのを目の当たりしたもので、こんなことをしてたら今は良くても
数年後は確実に罰が当たると思ったものです。
そしてご存知のように思い上がり、偉ぶったものはみごと撃沈www

何事においてもいくら人気と実力があってもそれはお客様のお陰。
そこを無視して自分たちの権力を暴走させれば、このご時世ではもう第3の
権力なんていう力は発揮できないことを思い知れって言いたい!

そもそも阿波踊りにしても観光の部分はあれど亡きご先祖への供養でしょう。
京都の五山の送り火とか、そういうのを本来の目的以外に利用したとすれば
必ず罰が当たると思わないとね。
ま、今の日本のメディアなんてその程度だって多くの人が思ってますけどw


awa


taka1346yu at 23:16│話題