2019年02月08日

自分の苦い体験

前回、偉そうに書いてる感じw
お前は過去まったく大丈夫だったのか。
そう問われると被害こそないけどいろいろありました。
いや一部は手痛いものもあったな。

そういうのがあったからこそ、連中のことを調べ始めたんです。
本はもちろん心理学に精通した人、犯罪に詳しい人、いろんな体験を
した人なんかにも聞きました。

その上でどういうパターンかがわかってきて、知識が出来て
以降はほとんどやられなくなったと思います。
もちろん安心はできないからこそ注意してますがw
 
 
 
自分が一番最初に体験したのは勧誘商法。
中学くらいだったかな、いわゆる学習参考書販売でした。
このときの売り文句は「近所のOOさんもご購入されました」という言葉。

サイコパスとは違うというかもしれないけど、こんなまともじゃない商売を
普通の人はやらないでしょw
仮に良いものであったとしても利率が法外。
そういうのを平気で他人に売れる良心の呵責のなさをサイコは持ってますからw

結局わが家はセコかったんで他人がどうこうなんて無関係。
値段があまりにも高いんで商売人の計算が働いた!
これがもう少し手が届く値段ならやられてた可能性は大でしたけどね。
断るときの母親の凄さが「この子は買ってもやりません」でしたw
 
 
 
次に学生時代。
こちらは後々分かるけど宗教勧誘。
授業が始まる2~3日前だったと思う。
1人の先輩学生が訪ねてきて映画に興味はないですかって言ってきた。
もちろんこういうので「ない」っていう人は少数派だと思う。

今では勧誘の仕方を知ってるから「ない」って言いますけどね。
初対面で声をかける手段と知ってるか、知ってないかの差は大きい。

OOというところで安く見れるけどどうですか。
ついては500円の費用さえもらえれば大丈夫ですよってことで払ってしまった。
その後、大学のオリエンテーションでそういうのがあるから気を付けろって
いわれたもので、僅差で知ること出来ました。

田舎から出てきてすぐのいわゆる新入生要注意期間。
頼れる友人は2人いたけどまだどこに住んでいるかわからず。
勧誘後に彼らの居場所がすぐにわかってからは孤独感を感じることもなかった
のと、自分はアパート独り暮らしだったけど彼らは寮と荘で先輩から情報を
得ており、教えてもらってセーフ。

お陰で次に来たときははっきり断ることができました。
相手はせっかくお金をいただいたんだからって何度も言ったけど、最後はしつ
こいと殴るって言って退散させましたw

これらがきっかけとなりビジネス、宗教などの勧誘対策が上手くなったと思う。
執拗な新聞勧誘、当時有名だった美術品とか恋人商法、他にもいろいろなことに
出くわし、その都度、あっこれはあれだなって心に余裕ができた。
相手がこいつはわかってると対応を切り替える瞬間は面白い。

そうなると逆にもっと構ってよ~ってなるんだけど冷たくなるんだよねw
そういうところにサイコパスの本性のようなのを感じました。
まさに獣が獲物を狙うような目だったのが、歯牙にもかけなくなるんだから。
 
 
 
他にもオカルト大好き人間なのでそういう系もけっこう会いましたね。
特に占いは面白い。
こういう人たちにありがちなのが、自分はいかに当たるか、すごいかをまず宣伝
するのが特徴で、この段階で相手が食いつくかどうかを観察してます。
いわゆるホットリーディング。

それを知ってて話をしてると本当に面白い。
相談者の多くは恋愛、ビジネス、家族関係などの悩み事が多い。
ただ普通の占い師と詐欺師との違いは、最終的に金銭に行きつく。
怪しい奴はお金儲けに誘導するというのを知っておいてほしい。

自分の体験では株で儲けたという話を出してきました。
こちとら普通の人よりは知識がある方なんで、どの株でって聞き返すとこれが
もう初心者レベルだったんでえっ?ていうのが顔と態度に出たと思う。

相手はびくっとなるほどの反応しましたからw
その後は急に言葉が減り、はい終わりましょうってなった。
 
逆に自分がすごいと思った人は、本当に誰も知らない秘密を知っていたり、
お金儲けには無頓着で、ご自身は相談者が多くても清貧だったりする。
共通点は早死に・・・たぶん多くの人を視るイコール他人のいろんな因果も
背負ってしまうんだと思う。
 
 
 
反省してるのは電話機と電気関係のやつで騙されたこと。
これは皆さんご存知じ「安くなる」っていうやつですわ。
こういうので安かったためしは一度もないんで以降ははっきり断ってます。
この二つは本当に勉強させられました。

詳しくはまたの機会に!


初心忘れるべからず・・・

taka1346yu at 23:36│わたくし事