2019年03月27日

他人のせいの末路

日韓関係は悪化の一途。
これについて日本からは別にって感じw

そりゃそうでしょう。
こっちが動くわけにもいかない。
ただただ対応するしかないだけ、なのに韓国の見方は違う。

日韓関係の悪化は誰のせい?韓国メディアが原因を分析
このサイトの分析が興味深い。

まず「日本の政治家が日韓の歴史問題を政治的立場の強化に利用して
いる」と指摘している。
この時点で韓国らしいなあw
まず日本が最初にやりました?
徴用工判決、レーダー照射、天皇陛下への発言とすべて韓国発。

それに対して日本側が強行に対応してるだけで、その対応を歴史問題や
政治に利用とか頭がどうかしてる。たぶん日本側の挑発の方が先なら
韓国大好き日本メディアは黙ってないでしょ。

ただ彼らは後先を問題にしてるのじゃないみたい。
「相手国の情緒を考慮し、関係を改善させる責任のある政治家がむしろ
対立をあおっている」
黙って言い分を聞いてくれない、言う通りにしないのが悪いと言ってる。
つまり日本は殴られても黙ってなさいと!

一部からは平和憲法の改定と軍事力強化を目指す安倍政権が国民らを説得する
ため、意図的に周辺国と安保対立を作っているとの予想も出ている
もしこれが正しいなら、そのような方向に導いてる自らの行動の方がアホでしょw

何度も書いてるけど中国にしても一昔前は脅威もなく、自分ももう沖縄には
米軍基地は不用だって思ってたんですよ。
それなのに必要だと思うようになったのは中国の挑発からです。

それがあって不要論は一挙に飛んでしまった。
なのに悪いのは日本というのは中国、韓国のメンタリティでこんな国は他には
無いと思うんだけどw

その典型例がついにアメリカからも指摘されてしまった。
「韓国外交官は米国を教化しようとし、日本は自分たちにできることはないか
と聞く」中央日報

 米国務省のある関係者は、ワシントン内の韓日外交の違いを次のように説明する。 

「韓国の外交官は会うとすぐにわれわれを教化しようとする。
それから何々してほしいとお願いする。
要請を聞き入れるとその後しばらく連絡が途切れる。
少しするとまた連絡が来るが、会うとまた要請だ。
日本の外交官は会うと先に『私はあなたのために何ができるか』と聞く。
助けようとしてくれる。だからこちらも『われわれのほうでは何を
助られるだろうか』ということになる」 

日本も褒められたもんじゃないけど、違いがはっきりしてる。
とにかく自分が、自分が、自分が・・・

先月、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長と与野党代表がナンシー・
ペロシ下院議長と会談した後、ワシントン外交界では微妙な波紋を呼んだ。 

  北朝鮮の非核化意志に対する論争が起こったこの日の会談に対し、文議長と
与党主要人物は「ペロシ議長は『(北朝鮮の非核化意志が確実だという)
皆さんの希望通りになったらとても良いだろう』という言葉を使った。
ペロシ議長が(韓国側の説得で)十分理解したと解釈できる」と話したためだ。 

  米議会関係者は「その話を聞いた瞬間、われわれは皆、『oh my 
God(まさか)!』を叫んだ。
『皆さんの希望通りになったらとても良いだろう』という言い回しは、まったく
話が通じないときに話を打ち切る表現だということを知らないのだろうか。
どうしたら確認もせずに、そのような天地ほどの違いの曲解をなんとも
思わずにするのか」
と問い返した。

この関係者は「ペロシ議長も相当な不快感をあらわにして、
『今後、韓国要人との面談の時に参考にせよ』という指示を与えた」とも伝えた。
当時のハプニングは、韓米両国だけでなく第三国の間でもしばらく話題になった。 

簡単にいえばアメリカが遠回しの外交儀礼で発言したのを事実のように脳内変換
つまり妄想して、自分たちの都合のいい解釈をし、その上報道した。
しかも無理と直接言うと失礼なので暗に否定したというのに・・・
彼らの外交とは、思考能力、読解能力に疑問符というもんでしょw

これについても彼らのメンタルなら悪いのは自分たちではなくペロシ議長と言う
はず、そういうところがなんともらしい。

そんなこんなからついに
米国務省、韓国外交部に「金剛山のことを言うなら来るな」(中央日報日本語版)
なんていうニュースに発展してますね。
お前らの話は聞きたくもない。
良い話を持ってこないなら来るなって、これ以上の侮辱があるかなって思うほど
怒らせてるんだけど、それでもなぜアメリカが怒ってるのかわかってないと思う
のが韓国スタイル。

この流れを見てると、韓国では上下関係で物言いが変わるっていうけど、ちょっと
違う部分があるように思いますね。
個人的に思うのが絶対に自分が正しい、自分に正義があるという思考じゃないかと。

そこには相手にわかってほしい、理解してほしいというものじゃなく。
わかれ、理解しろ、なんなら教えてやるという上から目線の態度。

もしも彼らのいう国力の差から日本にいわれる、アメリカに従わざるをえないなん
ていうのがあれば、アメリカ人がそこまで言うはずないもの。
しかしまあ相手のことは一切考えず自分たち中心の考えを国内ならまだしも外交に
までするなんてちょっと考えられませんわ。


taka1346yu at 23:18│ニュース