2019年05月13日

どうでもいい続々w

なんか、ここんとこ些細なことが話題になってる。
自分もそれに触れてるからアホの一人なんだけどw

米中対立をかなり追ってます。
またこちらについては追々と!

ではその話題とやらw

巫女に対する暴言や恫喝も…
浅草神社が『三社祭特別御朱印』の頒布見送りを発表


これについては良いも悪いもさっぱり。
決めるのは神社ですからね。
なんか客は偉い、金を出せば後はどうしてもいい、そんな風潮の行き先が
こんな風になってしまったという感じ。

逆に売るからには転売の可能性を考えるべき時代になったともいえる。
そこに法律も無ければ罰則もないんだし対処のしようがないもの。

そして金になるとなれば無法者が大挙して群がる。
そういう連中にとって御朱印がありがたいとか、神様の御加護とかな~んも
関係ないんでしょう。

そうなるとネットで送付、予約制、くじなど方向を変える必要がある。
まあ神社側もプレミアムなものを出そうとするから卵が先かにわとりかが先か
になっていく中では神社が先なんでしょう。

今後は東京オリンピックのチケットでひと悶着ありそう。
まあ上級国民さんたちは普通にゲットできるんだろうけどw
 
 
映画・空母いぶき、首相役の俳優・佐藤浩市氏のコメントに
百田尚樹氏「三流役者が、えらそうに!!」


百田さんは相変わらず口が悪いなあw
もうちょっと関西人らしい口撃を期待するんだけど、まあ叩く人が過激なんで
彼も強い口調になってしまうのかもしれない。

自分も最初読んだときはなんでこういう他人の病気を揶揄するのか不快な気分
になりました。また首相批判は構わないけど、具体的な発言や政策に対して
言うのも別にと思う中で、まったく無関係な攻撃は人格を疑います。

そんな中で有本香さんのツィートの中に以下のようなのがありました。

自分も原文は違うのかと、ビッグコミックは買ってるんで読み返しました。
それでも違和感がありますね。
わざわざ触れるようなものじゃない。

反体制に触れず、気の弱い総理を演じたいと言っていれば問題はなかったと
思う。芸能ムラは一部に特に映画界は故津川雅彦氏が語ってましたが、左派
が多いとおっしゃられていました。

自由や平等、平和とか愛をテーマにすることが多いんで理解できます。
ただ批判も正当な理由がないとネット時代には受け入れられない。
なぜならイデオロギーを持つ人と持ってない一般人の感覚がここにきて全く
別物に動いてますから。


まさにこれ!
世の中は反権力、反体制がカッコイイという時代は完全終了。
なぜならどんな政党、組織、団体・・・パーフェクトなものはない。
野党がほとんど支持されないのも消極的選択で自民党が取ってるといわれている。
つまり自民党及び安倍政権が60~70点としたら、野党は30点とかそんな感じ。

そのため代替えがないから落胆してるところに、反安倍界隈がもっとがっかり
させるから、どうしようもなくなってきてる。

自民党も30点くらいになったとき政権交代が行われた。
当時の野党は40点くらいかなw
それでもお灸をすえるという言葉があったように代わった。
しかし・・・

みんな勉強しましたよ。
お題目だけでは政治は出来ない。
100点を目指しても実際は無理だし、民主主義ではどんなところでも意見が分かれ
るのは当然で、どこからどう持って行けるかが政治。
そこから批判、批難だけなら何も生まないとね。
 
最後に映画「空母いぶき」、左派系の人は見ないと思う。
どちらかといえば右派、保守層が見る印象。
それなのに観客動員がどうなるか、逆にいい宣伝になったかな?
 
 
最後は維新の丸山穂高議員。
これについてはもう呆れるというか、情けないというか・・・

【北方領土】丸山穂高議員「戦争で島を取り返す」趣旨の発言をし、
元島民から抗議 → 丸山議員「戦争で取り返すことに賛成か反対か聞いた」


個人的には嫌いな人じゃなかっただけに猛烈に批判したい!
タイトルにはどうでもいいって書いてるけどこれは違う。

まず今の時代に戦争を考えるような愚かな日本人はいない。
それも領土を獲り返すためには当然と言う人を聞いたことがない。
それなのに国民を代表する国会議員が手段として発言するだけでもアホでしょ。

韓国の掲示板には日本は軍国主義を諦めてない、いつか必ずドクトをはじめ
領土を獲りに来る、彼らの野心は終わってないというのがある。
それを見るたびになんでこんな認識なのか、やっぱ朝日や毎日がソースだと
こうなってしまうんだろうなって思ってる。

でも、実際に現職の国会議員が戦争で取り返すのが仮の話にしても、韓国人に
言われる隙を与えてしまうでしょう。
国益を損ねるという言葉があるけどまさにそう!

次に団長に質問したとのことだけど、彼らは戦争で島を追われた。
それを考えれば戦争を軽々に言えない。
ここにこの人のバックボーンに戦争の悲惨な体験を語ってくれた身内がいない、
文献などを読み何も学んでいない、戦争自体をゲーム感覚に近い他所の話のよ
うに思ってると判断します。

もちろん違うって言うでしょう。
しかし、そう勘違いさせるというのも発言による失態ですわ。

さらに酒とプライベートを言い訳にしてました。
以前にも書いたけど、こんなのを理由にする人間は最低。
酒のコントロールが出来ないなら公人は飲むべきじゃない。
また地方の首長でも、いや役所の長でも公の席での発言は気を付けるべきなのに
国会議員がそんな認識じゃダメでしょ。

プライベートっていうのは本当に気の許せる仲間同士の閉塞空間であり、
今回のような公式訪問の打ち上げで、しかも新聞記者がいるんですから。

実は当初はどうでもいいのにって思ってた。
それが時系列を読んでいくうちに変わりました。
しばらく謹慎が妥当でしょうね、残念ながら・・・

taka1346yu at 23:19│話題