2019年06月29日

笑止千万

傷付いた、悲しくなった、残念に思う。

ネット上には誰かさんの言動により、そう感じてしまった人の意見が
毎度あちこちに見受けられる。

そうだなって思うものものあれば、それくらいでっていうのから、
それはないでしょっていうものまで様々。

ただ思うのは、やはり大勢の意見、反論そして議論が面白いと思う。
その結果、自分なりの意見や考えが構築されて行くのがネットの良さ
でもあるんじゃないかと。

G20の中で安倍首相が大阪城のエレベーターについて発言された。
それを受けて乙武氏が語る。

安倍首相、大阪城にエレベーターは「大きなミス」
→ 乙武氏「とっても悲しい気持ちになる…」


名古屋城の再建でこのエレベーターをどうするかで沸騰したのは有名。
少数意見や障がい者の方々への配慮は重要とはいえ、何でもそうすれば
いいかといえば別の話だと思う。

例えば、電車、バス、地下鉄などの公共交通は普段使うものであり、
誰もが分け隔てなく利用出来る必要は否定のしようがない。

しかし過去の遺物の復興とか難しいもの、現代風にしてしまうと価値が
下がってしまうものははたしてどこまでってことになる。
実際意見の中でも世界遺産などでは現代風にしたことではずれてしまった
ものもあるという意見があった。

安倍首相のジョークは一般でもよく言われるもので、今回の発言に対して
センスがあると思う人はほとんどいないと思う。
その程度のものに噛みつく方のセンスも疑う。

今回のG20では批判したいところが結構ある。
乙武氏という著名人、また障がい者の中では境遇を克服し、前向きな生き方
で名をはせた人がこのくらいのことでツィートしてしまうのは残念。

逆に穿って思うのが、こうした意見を言うことで脚光を浴びようとでも
してるのかとがっかりしてしまう。
彼のことだから言葉狩りとして発信はしてないと思うけど。

また傷付いたということでは性のこと、婚姻、出産、子育て、ベビーカーに
独身、引きこもり、ニートなど枚挙にいとまがない。
とはいえ、言われて傷ついてもどうかと思う。

克服しないとそれこそどこにも行けないし、誰とも話せない。
また負い目を持ってない人などたぶんゼロだと思う。
中にはその負い目があるから逆に攻撃的に言う人もいたりと、人間はまだまだ
悲しい生き物だって思ったりもします。

最後に一番言いたいのは禁句にしてしまうこと。
ネットではこうしてあれこれ語ることで自己反省もあれば、異議をとなえたり
と考えることでいろんな人間形成ができる。

その自由な空間は善しとして、これが地上波に出たら最悪。
そうなると言ってはいけない、自粛せよの嵐になるでしょう。
もしも乙武氏がそれを狙ってたら軽蔑する。
そしてネタがない地上波、ふだんはネットを悪者にしてる彼らが取り上げたら
それは最悪だと言いたい。



これがかなり面白かった。
続編に期待w

taka1346yu at 23:04│ネット