2019年07月03日

どうなっていくか

今回の輸出規制の詳細が世耕経産大臣から発表されました。

こういうのはきちんと理解せずにとんちんかんな発言をするとよく
ないんで、今一度読み返したいと思います。

世耕氏のツィートより

韓国への輸出管理上の措置について、なぜこの時期に?等の疑問がまだ
寄せられているし、マスコミもまだ完全に理解できていないようなので、
今回の措置に至る経緯を改めて説明します。

経緯① 従来から韓国側の輸出管理(キャッチオール規制)に不十分な点があり、
不適切事案も複数発生していたが、日韓の意見交換を通して韓国が制度の
改善に取り組み制度を適切に運用していくとの信頼があったが、近年は
日本からの申し入れにもかかわらず、十分な意見交換の機会がなくなっていた。

経緯② また近時、今回輸出許可を求めることにした製品分野で韓国に関連する
輸出管理を巡り不適切な事案が発生している。

経緯③ さらに今年に入ってこれまで両国間で積み重ねてきた友好協力関係に
反する韓国側の否定的な動きが相次ぎ、その上で、旧朝鮮半島出身労働者
問題については、G20までに満足する解決策が示されず、関係省庁で相談
した結果、信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない。

経緯④ 輸出管理制度は、国際的な信頼関係を土台として構築されているもので
あり、経緯①〜③を勘案した結果、韓国との信頼関係の下に輸出管理に
取り組むことが困難になっていると判断し、厳格な制度の運用を行い、
万全を期すこととた。


普通はマスコミ相手に発表されるのにツィートというのが興味深い。
韓国が関わると変なバイアスがかかり、都合のいいところをつまんで
批判したりするからこちらでの発表にしたんだろうと見る人多数。

わかるにはわかるけど、もっと簡素にしてはどうかと思う。
どうも奥歯にものがはさまっている。

不適切な事案なんていうまわりくどい言い方は何なん?
韓国における対日事案の対応があまりにも酷すぎるでいいでしょw

またテロ指定国家への横流しなど安全保障上の問題。
つまりは軍事転用への懸念!
それらを含め、国際法を順守する姿勢、遡及法なども書いてほしい。

韓国は対応を模索中みたいだけど、大統領はだんまり、外務大臣は
国連で慰安婦合意を批判と相変わらずとんちんかん。

日本側が想像する反撃でも怖れるものがない!
ネットではキムチ、韓流、マッコリの輸出禁止?なんて書かれてる。
自分はせいぜい旅行制限か不買運動くらいじゃないかなと、つまりは
日本にとって脅威でもなんでもないということw

そう考えるとなぜ彼らが歴史を持ち出すのかがわかってくる。
つまり日本相手に勝てると思える材料がそれだけ・・・
それよりも勝とうとする方がどうかしてると思うんだけどね。

その歴史戦も徐々に終了。
世界は新たな問題であるボーダレス、グローバル化に突き進み、その中で
発生した様々な事案への対応及び逆行する民族主義に警鐘を鳴らしている。
つまりは韓国のようなおかしな行動はもう許されないってこと。

過去を反省しない日本といって世界に呼び掛けても、そんなことを言い出
せば旧植民地宗主国は謝罪も補償もしてないって言われる。
逆に日本だけがやってることにスポットが当たり、それなのにまだ過去を
持ち出す連中は日本バッシングのヘイト連中のみだというのもバレた。

韓国以外にも世界のリベラル左派、反捕鯨団体などの正体。
そこにあるのは根本的な解決じゃなく嫌がらせとたかり。
日本の反撃はひょっとしたら、トランプ大統領の日米安保見直し発言の奥に
ある日本はもっと戦えっていうメッセージかもしれない。





taka1346yu at 23:51│話題