2019年07月05日

画面上と目の前と

ネットを見てると、特にツィッターなんかで著名人が言い合い
してるのをよく見かける。

自分が持つイメージではそんなに攻撃的じゃないどころか紳士
と思ってるような人が口汚い発言をしてて驚くことがある。
また最初はそうでもないけどヒートアップすると激変したり。

注意すべきはわざと過激発言して注目を集めようとするタイプもいる。
そういう人に振り回されてしまうのは嫌だ。
例えば話題の丸山穂高氏、長谷川豊氏なんかがそのタイプでしょう。

長くネットをやってて画面上の文字だけでやり取りすると、案外
人となりが出てくるものかもしれないと思う。
車を運転すると体格差とか筋力差がなくなることで、ふだんそうでも
ない人がオラオラになる例に似てるというかw

面と向かってなら言えないのに、書くとなるとペンを剣にする人が
信用できない。マスコミなんかに典型的な人がいて、実際書いてる
内容と現実の対応がこれだけ違うんだと思うようなタイプはたぶん
サイコパス気質もあると考えます。つまりは普通じゃない。

そう考えるとツィートでリアルとバーチャルに差がある人も同じと考え
てもいいと思う。ただしいわゆるバカッターっていわれる人がそうかと
いえば少し違う気がする。彼らは半分リアルに首を突っ込んでますから。

文字の恐ろしさは普段人と話す機会が多いほどわかる。
日常会話では「アホちゃうか」「バカなことやってるなあ~」「そういうの
言うなよ」「ええ加減にせえよ」なんていうのもその時々の雰囲気では
笑顔でしゃべってる。でも文字には表情がわからないでしょ。

さらに恐いと思うのが間に人を介したとき。
「OOがあなたのことをもう少しがんばってほしい」って言ってた。
なんて、特にネガティブでもないのになんか偉そうになんて思ったりする。
実際会って話を聞いてみると全然だったりするのに。

そういうのもあって人の話をするときはすごく気を遣うようになった。
気の置けない仲間以外には「褒める」ことしかしないようにw
上から目線になるような言葉は間の奴がアホだと関係を壊す可能性がある。

現実がこうなんだからネットの文字が怖いのは言うまでもないでしょう。

著名人の多くがちょっとした反論で怒るのはいくつか考えられます。
まず自分たちの周囲に諫める人が少ないタイプ、先のように現実ではケンカ
を売ってくるようなことは少なくファンの反応しか知らないから、どうして
もアンチの存在が認識できない、売れてる人=成功者という自覚から許せ
ないなど、そんなとこじゃないかな。

自分は長年ネットをやり、HPとか掲示板運営などもした経験から人に話す
のは、書きこんでくれる人は好意的なんだけどROMの人には悪意を持って
見てる人が多いと思った方がいい。
いつか揚げ足を取ってやろう、何かあったら・・・そんな感じ。

もちろんここに書いてるのもそういうのを想定してますw
ただし偉そうに書いてますが、過去にはいろいろやって多くのお叱りを受け
たこともありますことも正直に書いておきます。



 
 

話はそれて、ここ最近ニュースでまた中高生のいじめ自殺を聞く。
すべてに共通するのが担任教師に相談したがの報。
もう教師を信用するなんておわってるんとちゃうの。

個人的には相談して解決されないようなら、警察に相談すべきだと思うな。
自分の経験と知識から学校の先生がいじめをはじめとしたトラブルに対応
できるほどの指導力と度量があるとは到底思えない。

ちょっと考えれば、彼らは勉強を教えることを学んできたわけ。
人間関係とか社会の常識は一般とはかけ離れている。
せいぜい上下関係がある中でやってるだけだから、下の者が力が強く
手に負えない状況では法的拘束力もないのに対応できないでしょ。

すぐにでもやってほしいのがカメラなんだけどそれもしない。
ならば警察、じゃないと命が守れないんだから!

いじめられてる子への対処法を地上波も言わない。
左派的な人はなんでも警察の介入というか権力の介入を善しとしないから。
そういうのが闇を作ってるんだよなあ・・・

どうしても聞けば教師を叩きたくなる。
でもそれは今の日韓関係を話し合いだの冷静になれという連中と大差ない
反応だと思う。なぜ動かないのか、動けないのか。
どうすれば動いてくれるのか、動かないならどうすべきなのか。

そういう根本を言わないと被害者に終わりがない。
また同じような可哀想な子を作り出すだけ!

自分が提案したいのは「証拠の動画、映像、録音を残せ」「担任教師、親
に相談したのも証拠として残せ」それらで動かないならまずは不登校。
そして親も動いてくれないなら「警察に行け!」です。

ここで大切なのが親に心配をかけたくない優しい子がいるんだよね。
ある意味、こういう子が本当に深刻。
逃げ場もなく、親にも気を遣う・・・でもそのうち心が満杯になる。
想像するだけでも胸が締め付けられる。

今回はここまで、またじっくりと。
あと、友人知人からもそれ方面に詳しい人から対応を聞いてみたいと思います。

ijime

taka1346yu at 22:10│ネット