2019年08月25日

気象予報士と陰謀とw

涼しい。
確か、天気予報は8月後半は暑くなるって言ってなかった?

こっちは覚えてるぞ!
予報は本当に当たらないのに、気象予報士ってなに?

気象予報士試験は8月と翌年1月の日曜日に一年度2回行われている。
法律では年1回以上と定められているが、2017年(平成29年)現在、
一年度2回が通例となっている。
合格率は第1~4回頃まで現業の受験者が多かったことから高めに
推移した(過去最高は第1回の18.0%)。
その後は4~6%台で推移し、平均の合格率は約5%である。

おいおい、すげえ難しい試験やんw
でもそんな試験で合格した連中の的中率ってどうなん?

そもそも気象予報士は気象の知識を知ってるじゃなくて当てられる
方が大事ちゃうの。
知識はあっても当たらないんじゃ何のための資格よw

最近はスーパーコンピュータがある程度の予測をし、それを予報士が
解析するっていう流れだと思う。
でもこれが長期予報はまったくだし、台風も酷いし、驚くのは一週間
どころか三日くらいでも外す。

ひとことで言うと無能www

そのくせ何かあると「暑くなる」これ。
地球温暖化という世界では日本だけの妄信を国を挙げて勧める。
これに疑問を提起する予報士を見たことがない!

もしも反対したら資格がはく奪されるのかと思うほど。
先日は表現の自由が物議をかもした。
それと同じく思想信条の自由というのがあるけど、温暖化に疑問だっ
たり科学的に考えようとすることを抑圧されてるみたいなんだけどw

自分はそこそこ当てられます。
というのも、ずっとスキーをしてきた関係で中学生くらいから天気図
を見るようになったのと、そういう関係から知識を蓄え、同時にわか
ってきたのが、気象はデータの蓄積とパターンを読むこと。

だから一番当てになるのが、この夏のパターンが過去の何年のものと
酷似してれば、秋以降も大体似通ってくる。

それを阻害するのが温暖化思考で「暑くなる」「暖冬」しか言わない。
日本国民を誘導しようとする何かを感じて仕方がない。

その延長から海洋汚染、プラスチックゴミ、二酸化炭素排出規制・・・
自分はよく言うんだけど、未来の科学は人類を便利にするものであって
それはつまり「分別」なんていう不自由を生み出すものじゃない。

事実、ゴミの問題も最近の焼却炉はかなり進んでいて、分別もしなくて
いいと言われるほど燃やし尽くし、二酸化炭素の排出も抑えられていな
がら、その事実を公表しようとしない不思議。

そうそう、今アマゾンが燃えているのをご存知でしょうか。
アマゾンが燃えている。一体何が起こっているのか? | ハフポスト

ハフポスも朝日系なんで見事に誘導してますわw
アマゾンは地球の肺であり、地球上の酸素を生み出してるだって。

これ知識のある人なら、酸素の70%が海からって知ってますよね。
こうした嘘を平気で垂れ流すのが温暖化利権なんですよ!

ネットではさすがに騙される人が少ないため、林野は燃えることによって
また新たな新芽が息吹き、森は蘇って新陳代謝がよくなるんですがって
いう意見がたくさん上がっていました。

日本人はかようにどこぞの国民みたいにメディアやフェイクに煽られ
ない賢さを持っているんですよね。
キリスト教の布教を戦争ではなく論破で止めた国民性だけあるw

記事ではそれ以上の陰謀論が書かれてますから笑えますよ。
こういうのも利権なんだよなあ・・・

個人的には気象予報士も世界遺産もそして何か新しい国の指針が出る
たびに天下りの直結を感じてます。
だって国とか行政がしゃしゃり出すぎ。
民間に任せればいいことが多いのに、いまだに民間は利益追求の悪みた
いな括りで考えられてるように思う。本当にそうかな?

物を作っていれば、最初にコストがかかるけど、年々下がっていくこと
で利益が上がり、それを少しずつ蓄えて次に投資しますよね。
これが出来ないとビジネスは出来ない。

これを国に当てはめると、徐々に減税したり、どこかを増税したら別の
どこかは減税したり、無駄を見つけて省くのが正常。
しかしなぜかそうならない。
そこにはもう書きませんがいろんなことがあると考えます。

米中貿易戦争、EUのブレグジットほか、朝鮮半島の危機など、どう考え
てもたいへんなのに増税する日本。
気象予報士の話からずれてるぞって?
いえいえ根は同じだと思いますよw

メディアに煽られ、アホな行動をするまさに愚民w

taka1346yu at 23:51