2019年10月16日

タジキスタン戦

昨夜のタジキスタン戦を見た方はいかがだったでしょうか。
自分はあまりの不甲斐なさにかなりの方々が今の日本代表を
見放したと思ってます。

特に監督の選手の起用方法がまったく理解できない。
現在国外国内リーグで活躍してる選手を招集し起用するのはわかる。

ただ素人目にも世界レベル、アジアレベル、Jリーグレベルの三段階
があると思う。ただ全てを海外組にするというのも日本人的仲良し
思考ではなかなか出来ないんでしょうw

特に長丁場の予選では強豪国でも最初から世界レベルのみを使わない
はず、しかし本選では確実に偏りますけど。

こんなの少し考えればわかります。
例えば地元の兵庫県ですごく活躍できても近畿大会、全国大会となれば
まったく違うくらいわかりますよね。そして全国大会クラスを上手に
招集し、指導し、差配するのがトップの指導者でしょう。

そういう目で森保監督を見たとき、さっぱり理解できないんです。

どんなサッカーをさせたいのか、目指しているのか。
選手自身もそういう戦略、戦術のもとやっているのか。

いまラグビーが俊敏性、持久力、展開力を生かした戦術を考え、そこに
当てはまる選手を招集し、それに合ったトレーニングをして準備した
結果が勝てるラグビー、見てて面白いラグビーになっています。
(これらによって五郎丸など外れた選手がいるとも)

過去の日本代表でもそこそこ成果があった監督は明確な戦術、戦略が
あったように思うんですよ。
中でもオシム監督は最高だったし、岡田監督は追い込まれると発揮する
不思議なタイプの人でもありました。

そうやって最近の試合を見てると本当につまらない。
今回も途中交代で浅野選手を使った理由が謎。
というのも相手はがむしゃらに走るけど、守備は引いてない。
引いた守備の裏に走る選手なので真価が発揮できないと思う。

吉田選手の体力、酒井選手のテクなど、そろそろ不安になってきてる印象
があり、次を考えるべきではないか。
彼らは一試合で必ず数回ポカをしでかす。
富安選手の台頭はうれしいけど、彼がケガで休むと酷い内容になりました。

今回は鎌田選手がスタメンから起用されたけど、なぜワントップ?
彼は本来トップ下だそうだ、そのせいか大迫選手のように残ることを
しないから相手守備がライン調整を余裕を持ってやれてたように感じた。

しかもシュートチャンスではパスを出すという新加入選手にありがちな
プレーに悲しくなってしまった。
こういうのがラグビーとの差、どん欲さがないように見えてしまう。

そして堂安、柴崎、中嶋選手たちは特に悪くないけど、結局周囲の動きが
劣ると真価が発揮できないんだと思う。
トップリーグの選手ならではの苦悩というか・・・

そういう点では久保選手は別格だった。
やはり、彼はケガさえしなければ今後3大会は彼中心でいく必要があると
思うレベルにある。

というのも年下ならではの遠慮がないのはもちろん、ポジション取り
テク、連携などほんの数分しか出てないのにかなり目立ってました。
早く彼を使い、彼の思い通りのチームにしていくべきじゃないか。

もしそれを監督が年功序列、国内海外、チーム、スポンサーに気を使って
出来ないというなら辞めてほしい。
そう思ったのが今回の試合の感想でした。



『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編 - YouTube




ついに公開が決まったようです。
2019年12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペース他全国公開

自分が見れるのはいつの日か。
一応原作はわかってるけど、動くりんさんは楽しみです。


taka1346yu at 23:15│スポーツ