2019年10月21日

サッカーとラグビー


サッカーがラグビーから学ぶべき5つのこと | Football Tribe Japan
というネット記事がありました。

自分はサッカーが得意じゃないけど、地元に帰省してからは草サッカー
チームに参加したり、その流れから地元少年サッカーのコーチをし、
ライセンスも取得しました。

現在はコーチも辞め、サッカー自体もしてません。
そんなこんなである意味客観的に見ることができます。

また本来得意なのは野球とスキーなんでスポーツのプレーから指導まで
いくつか携わっています。
長々と書きました、簡単に言えば一応少しはわかりますよってことw

さてさてこちらの記事では、自分と同じようにサッカーが好きということ。
その観点から今回のラグビーを見て感じたとことをあげています。
記事通りから少し自分流に解釈してみたいと思います。

まずサポーターの違いをあげていました。
サッカーでは敵、味方に分かれる。
しかしラグビーでは場所分けというものがなかった。
サッカーはチーム愛が強く、ラグビーは競技愛の方が強いものではないか
と、それがノーサイドに現れています。

次にレフリー。
書き主はレフリーを裁判官と称していて、サッカーでは試合の裁判官に対し
文句を言い、欺く行為をしているのではないかと。
その点ラグビーはそうした行為が少ない、それが正々堂々に見えると。

ただサッカーにおいては加盟国が断然多いわりに、レフェリングの成熟度が
かなり差があるということもあるでしょう。
トップの審判は素人目にもすごいけど、未熟な方も多いですからね。

あとTMOいわゆるビデオジャッジはかなり有効でした。
サッカーももちろん使ってるけど、ラグビーはプレーを切れる競技ながら
サッカーでは流動性が求められるぶん嫌う人もいます。
しかしミスとシュミレーションを防ぐためにも今後は頻度を高めてほしい。

そのシュミレーションや時間稼ぎにも警鐘を鳴らしていますね。
自分もラグビーを見てて一番感じたのがその部分でした。
いわゆる卑怯とか、冷静さを欠いた野蛮なプレーが少ない。

余談ですが先日W杯予選で北朝鮮-韓国戦がありました。
意味不明の無観客試合、報道陣をはじめ選手とその関係者以外の排除。
そして試合自体も最悪な内容になっていました。

こうした政治とスポーツを絡める北朝鮮のやり方に怒りを禁じえない。
ただ韓国も旭日旗問題や様々な日本に対する嫌がらせなど、はっきりいって
両チームともラグビーにあるような精神と正反対だと思います。

さらに余談ですが、なぜ無観客試合をしたか。
韓国が政治デモで何十万に集めたかを両陣営が競っています。
それに対しキムジョウン氏は自分は逆に全員の口封じや統制ができることを
示すのが狙いだったんじゃないかと。

そこには南北統一などと綺麗ごとで近寄る現政権に対し、反対派にデモを
やらせるようなことに対してNOをつきつけているんでしょう。
そのメッセージだったと思います。
そういうことをスポーツの試合でやるような国々は退場してほしい!

最後に試合後の姿。
ノーサイドは元より、観客も同じように称える。
今大会でも試合後に遺恨が残るような話はまったくない。
激しいプレーで怪我をした、させた者同士もすぐに和解しています。

ina

「故意でないのはわかっている」「健闘を祈っているよ」
 ラグビー稲垣啓太、“危険タックル”の南ア・ムタワリラとの肩組み
2ショットに反響 (1/2) - ねとらぼ


ラグビーの発祥はサッカーからというのは有名な話。
サッカーの試合中にある少年がボールを持って走っていった。

つまりはサッカーの後輩。
しかし先進性はラグビーが一歩有利かな。

ぶつかり合いが基本なだけに紳士的なもの同士でないと戦えないという
前提があるとはいえ、そこまでたどり着くには様々な葛藤もあったこと
でしょう。

もちろんサッカーの世界も進歩がないわけじゃない。
普及率が高いからこその悩みともいえます。

とにかく勝利にこだわるのは大切。
しかし勝利至上主義になって近視眼的になってしまうと、スポーツをする
意味が無くなってしまうと思います。

長年スポーツに携わったことで友人や知人が数多くできたことは自分の
人生における宝になりました。
そう思うようなツールになることを個人的に願っています。

可愛いね
まさか吹っ飛んでいくとはw




不可思議な生物
ホント一体何でしょう?
犬?猫?
 


taka1346yu at 23:13│スポーツ