2019年10月24日

教えてほしいその訳を

即位式から数日経過しました。
やはり物事はすぐにどうこう考えるよりも日を置いた方がいい。

今回の式典でもいろんなことが湧いてましたw
相変わらず素直に歓迎する人と正反対の人と。

一番笑えるのが、皇室制度に否定的な人ほど憲法改正には反対。
これって完全に矛盾してますやんw

日本国憲法は誰もがご存知のように天皇を国家の象徴としてる。
だから天皇陛下をああだこうだ認めたくないなら、憲法自体も改正
する方向で語ってくれないと我々は頭がおかしくなってしまう。

9条は守る、しかし天皇は認めない。
これって明らかにおかしいでしょ!

日本の歴史を語るとき、天皇と幕府は避けて通れません。
幕府はもう存在しないけど、天皇はいまでも厳然と目の前にある。
ま、難しい話をしてもしゃあない!
そういうのは専門の方々にお任せするとしてアホはアホなりの話をw

天皇制に反対する人の声というのはどういうものか。
ああだこうだ言うわりに姿を見せないから朝日新聞を見てみると・・・

日本天皇制にはガラパゴス化した君主制一般以上のトラウマがある。
植民地支配と侵略戦争という消し難い事実が存在するからだ。


こういうガラパゴス化って言葉が好きなんですよね。
日本だけが孤立とかw
そしてなぜか韓国人がよく引用するから朝日のコメントがかなり注目
されてるのがわかる。日本の悲劇ここにありです。

言葉って違うものに置き換えると面白いんだな。
オリジナル、独自の文化、唯一無二、こう言うとどうです素晴らしい
ってなると思ません?

事実としてはもし日本の文化に価値がないと判断するなら、諸外国の
要人が式典に参加するでしょうか。
もし批判があれば190ヵ国もの王族を含む元首やトップクラスの方々が
祝福するなんてことはありえないと思う。
その事実に目を閉ざし、こんなのダメっていうのは説得力がない。

植民地支配と戦略戦争についてはもう結論が出てる。
アメリカのウォーギルトインフォメーションによる日本を二度と立ち
上がらせないようにした政策によるもので、真実を隠蔽し精神を叩き
つぶすためにあらゆる手段を講じました。

一番大きかったのが公職追放と検閲。
つまり言論弾圧と恫喝を使って朝日新聞が書いてるような方向に持って
行くようにした。朝日に残ったような人間はアメリカ様の言うなりにな
った卑怯者たちが自己保身で書いてるという証拠。

自分たちに引け目があるほど他者排除には懸命になる。
実際、韓国でも一番反日が激しいとされる民主労総は労働組合貴族と揶揄
されるほど韓国国民から批判が多いため、その批判を避けるために過激な
反日運動をしてるというのは有名な話(もちろん北の工作もある)

日本軍の犯した主権侵害・人権侵害・殺人・暴行・略奪の歴史を
美化することは禁じられている。

誰も戦争を美化したいと思ってないでしょう。
ただし解釈の違いというのを認めない彼らと話は平行線。
例えば、特攻隊の若者の遺書を読むと涙が出る、しかし彼らの多くが
そういうのも美化だという。

涙する我々はだからこそ戦争には反対という思いが起きるから美化と
いう感覚がまったく理解できない。実際は怒ってます!
が、さらに深読みすると取り上げること自体がダメといういわゆる言論
弾圧的な印象があるんで根深い何かがあるんだと勘ぐる。

また最近ネットで出てる意見として、やったことばかり主張するのは
いいがやられたことさえも論じるなという意見はおかしいというもの。
歴史ではどちらか一方が完全に悪というのはない。

裁判でも10:0がないように言い分とか、反証とかとにかく言いたいことを
言い合わないと必ず怨嗟の感情が残るでしょう。

左派のやり方のほとんどがそういう感情を残すものが多い。
しかも日本に口封じする東アジアの国々のすべてがまともじゃないという
日本人の感情も多く存在してる。
アホにアホと言われるのは頭にくるものなのですよw

戦時の殺人、暴力行為等は天皇制国家の国家犯罪である

これの解説があるけどさっぱり理解不能。
そして諸外国が本当にそうだとしたら、なぜ偏向の極みとも言われる
極東軍事裁判で有罪にならなかったのか。

アメリカは戦後の統治に天皇が必要だからというエクスキューズは有名、
ならばと日本国民に手を下させようとしたふしがある。
多くの独裁者といわれた人物の末路が人民裁判で処刑されているように。

そのようにさせるため天皇巡幸させた。
警備も手薄でムッソリーニのような虐殺を期待したと思われる。
しかし結果はご存知のようにバンザイのオンパレード。
(中には壮絶なエピソードもあり知っておくべきだと思う)

これでいけば個人的には天皇の戦争責任は総括されてないという左派の人に
自分も一時期は納得したけど、そうした事実を知ったら全然違うと思いま
したよ。つまり国際社会も日本人も責任なしとしたと解釈します。

侵略行為について何度も謝ったという議論も、戦後補償の実体がドイツと
全く異なる。ドイツとは補償に拠出した金額が二けたも三桁も違うのだ。

これについてもよく言われる。
しかしきちんと調べればドイツはしてない。
その証拠にこうした主張する人は絶対に数字を出しませんからw

また先ごろ、ギリシャやポーランドが賠償要求してる現実もどうなの?
じゃあフランスやイギリスが放棄したのは?
後者については第一次世界大戦で敗北したドイツに多額の請求をして、
それが後の第二次世界大戦につながった反省から放棄したんでしょ。

つまりヨーロッパは戦争で学んでる。
アジアよりも長い間やってただけに、いつまでもそうしたことを言い
続けることがはたして平和に結びつくのか。
それよりも寛容が第一で、それを破ったら許さないよって姿勢でしょ。


 他の新聞では・・・
儀式には、憲法に反するという指摘が根強い。まず政教分離だ。

政教分離好きですねw
でもこちらも最高裁判決で決着がついてます。
詳しくは調べてもらえばわかるけど問題なしです。

なんていうか、皇室の行為により一部の宗教の布教や人集め、儲けに
なるのはダメだけど皇室はそうじゃないよって。

明治以降、国家と結び付いた国家神道で天皇を神として崇拝し、天皇が治め
る国家への忠誠を国民に強いた。その結果、戦争で多くの国民の命が失われた。


これもよく出てきますよね。
もうこれについては戦後世代の我々には想像の範疇でしかないと思う。
本当のことがどうなのかなんてそうだっていう例とそうでもなかったって
いう例と盛りだくさんだから。

それを自分たちの都合だけで取り上げるのは偏向でしかない。
あとはもうこじつけの世界になっていくんだと思う。

また宗教の関係では現実的に宗教人口は激減してるという。
新興宗教はもとより、既存の宗教もかなり厳しいそうだ。
普段から葬式の簡素化とか、墓の廃止、戒名拒否とかいろいろ問題が
出てるじゃないですか。

つまり日本人の大多数が本当に忌避してる場合は、別に新聞などの
メディアが必死にならなくても自然に無くなって行ってるんですよ。
その論から行けば、皇室制度をダメっていう意見はどのくらいなんですか?

あと見るのが身分制度がどうだとか。
でもこうやって言う人ほど、身分の上下が厳しい中国と北朝鮮にはまったく
言わないんだから説得力がないんだよなあw

諸外国のほとんどが日本の皇室制度を肯定も否定もしてない。
日本のメディアは近隣諸国ばかりを気にする。
その中でも中国は「うらやましい」という声が多いから面白い。

中国は5000年というが歴史は途絶え、その証拠すら文化大革命で消滅。
それを悔やむ声が多いというからいかに文化と伝統の系譜が大切か逆に
教えてくれるように思う。

また政治家による外交はどうしても国益が主となり、時にぶつかることが
多いけど、皇室外交にはそれがない。
(本来、天皇が外交されるのはおかしいからこの言葉は間違いだと思う)
そういうのもメリットであるという話もある。

先日の即位式でもブルネイ国王と出てこられました。
ああしたお姿からも特別なものを感じましたね。

そして反対するのは韓国と反日日本人のみ。
えっ北朝鮮はって?
あの国のやり方こそが日本の天皇制を真似たと言われてますからw
北朝鮮に言わないのはなぜ?



フルバージョンだそうです

その他では女系天皇の話が出る。
特に外国の男女平等を盾に疑問を出してくるが天皇は王じゃない。
他国の王は権力の象徴でしょ。
つまり支配者!

天皇はって言うと祭祀ですから。
ここを間違えると議論は変な方向になってしまう。

日本人にとって命ともいえるのが稲作で、その豊作を祈るためとか、
そこから派生して天候、自然そして作り手の健康と安全を祈る。
その代表としていにしえの人々がこの方々と推したのが天皇家。

だから歴代の幕府や将軍が手出しできなかったのもそこだと思う。

祭祀ということは儀式がある。
その儀式が伝統にのっとり代々続いてるとして、そこに権力者が
割り込み、もしも国の安寧に変化があったら国民はいくら権力者とは
いえ恨み、憎しみ、責任を追及するでしょう。

そうして手出し出来ないから天皇家は続いてこれたんだと思う。

また稲作を考えたとき、必ずめしべとおしべがある。
もしも儀式の中に祭祀が男性でなければならないものがあったとしたら、
それは女性では無理という差別ではなく区別の話になる。

そうしたことを無視して現代人が現代の認識とは違うから、もう無くせば
いいというのは間違いだと思うし、百歩譲って今の人々の過半数以上が
反対というなら仕方ないって思うけど、自分を含めそうした考えの人は
ほとんど聞いたことがない。

反対で見るのは特定少数政党、一部メディア、一部コメンテーターくらい
で、先日の反天皇デモも500人っていうじゃないですかw

ただ100年後の日本国民が必要だと思うかどうか。
必要と思えるような努力というのも、ちょっとおこがましい言い方だけど
皇室や宮内庁に求められる部分でもあると思う。

最後にひとこと付けくわえるとせめて皇室に対する反対意見をするなら、
その元となっている農業くらいしてから発言してほしい。
自然は昨今の台風被害のように本当に深刻。
自然に左右される農業の過酷さはまずこの対策にあるといっていい。

科学技術や生物学など様々な学問研究も進んでるとはいえ、最後は神頼み
というくらい必死なんです。
勉強でもスポーツでもやることをやったら最後は神頼みにいくじゃないですか。

そういうのも否定し、皇室制度や神社仏閣なんて必要ないという考えを
現代日本人は現時点では持ってないと断言したいと思います。

とにかく反対意見に納得はできません!


今から約1000年前、宋の太宗も万世一系の日本の天皇に理想を見出し、
羨望の念を日本の使者に対して伝えたと記録に残っていますが、
外国人で最も日本の皇室に対して特別な想いを抱いているのは、
おそらくは中国の人々なのかもしれません・・・

かつてユダヤ人の大思想家でフランス革命に大きな思想的影響を与えた
ジャン・ジャック・ルソーの有名な『社会契約論』

「人もし随意に祖国を選べというなら、君主と人民の間に利害関係の
対立のない国を選ぶ。自分は君民共治を理想とするが、そのような
ものが地上に存在するはずもないだろう。したがって自分は止むを
得ず民主主義を選ぶのである。」

ここでいう君民共治というのは、君主が決して国民大衆に対して
搾取者の位置にあることなく、したがって国民大衆も君主から搾取
されることのない政治体制のことである。

ところがここで驚いたのは、日本人にこの話をするとみな不思議
そうな顔でキョトンとする。私は最初その意味が全くわからなかった。

しかし、だんだんその意味がわかってきた。日本の天皇制にはその
ような搾取者と被搾取者の関係が存在しない、ということを私が
知らされたからである。今度は私の方が驚かされた。

『日本人に謝りたい』モルデカイ・モーゼ著

これが結論に近い気がする。
天皇は日本国民の平和と安寧を祈って下さる。
我々にはそのお返しが出来ない。

竹田恒泰氏によれば返礼方法は二つだけしかないという。
それが天皇陛下万歳そして君が代の斉唱。
万歳はいつまでもご健康ご多幸であってほしいという願い。
これらのどこに異を唱えたくなる要素があるのか反対派からの
説明は一切なし!


taka1346yu at 22:50│話題