2020年01月10日

みんな不安

日本で公共事業と名のつくものはたくさんあれど、そこに
利権や天下りのうまみが無ければ完全に無視w

よくいろんな人と話すんだけど、ある程度の年齢まで行けば、
残りは少し働くくらいで大丈夫なら不安にならないでしょう。
仮に病気になっても保障があればなんとか。

それが完全に崩れてしまったから日本はダメになってしまった。
ただ、このことは世界の先進国も同様の問題になっているから
日本だけの話じゃないと言っておかなければならない。
まだ克服してる国はないですから。


世界の方が日本よりも貧富の格差が酷い。
ただ日本は数十年前までは一億総中流っていわれ、世界で一番成功
した社会主義国家とも言われた。

一般と公務員の格差も少なく、今のように文句をいうこともなかった
のが、バブル以降反転しおかしな国になっている。
どうしてこうなったかは100%政治の問題でしょう。

なぜなら、日本は借金が多いんなんて言うけど資産はあるし世界有数の
債権国でもあるというのに今のような状態はあまりにもおかしい。
確実にどこかがおかしいとしか思えない。

また同じく牛耳る日本の省庁には日本の最高の頭脳が集結してるという
のに、このざまはまさしく無能集団といえよう。

ある人は戦時中の大本営時代から何一つ変わってない。
いやそもそも明治から・・・なんて言う人もいるけど、個人的にはバブル
辺りから、給与やシステムを好きなようにさせた弊害だと思う。
なぜなら、それまでの日本で好き好んで公務員になりたい人は少なかった。

社会というのは本来は一生懸命働き、汗を流し、物を作り、商売した人が
それなりの対価をもらうのが当たり前の世の中。
それをみかじめ料のようなお金を取る者の方が豊かになるというのは、確実
に歪な社会にしてしまう。

本来なら一番崇高ともいえる社会主義や共産主義がダメになったのも、思想
ではみなが平等で利益の分配が上手にできるべきなのに、実際は口だけの
踏ん反りかえり野郎ばかりがみかじめ料を取るから大失敗した。
中国共産党はその典型だよねw

自分のこの正月は病床に臥せった。
健康なんていうのはいつどこでどうなるかわからない。
それ以上に家族の健康も風前の灯火。

年末のニュースでも家族を手にかけたとか、同様の悲しいニュースが
たくさんあり、何とかできないものかと無力感を感じた人も多いと思う。
そういう点からも家族がいる安心から、家族を持つ怖さを言う人もいる。
そういうのが少子化への遠因の一つになっているかもしれない。

自分が足を引っ張りたくない。
その反対に家族に足を引っ張られたくない。
結果は家族なんていない方がいいと・・・

あと十数年後には老後の形に激変が起きてると思う。
シェアハウスのようなので規模の大きいものや小さいものとか、そこには
家族単位というより地域、友人、仲間・・・のような感じで。
それはそれで幸せならいいけど、そうじゃないとしたら悲しい。

とにかく、今は過渡期にあるのは確実。
こういう時に政治がこれらの問題を話し合わないことへの怒りは大きい。
桜、モリカケ・・・なんやねん。

最近では山本太郎氏のみが野党で消費税増税反対、自殺者数を減らしたい
など直球を投げている。
個人的には彼の思想は大反対ながら、問題提起は賛成。
もっと他の野党にもがんばってほしいが、メディアともどもクズ度合いが
激しい。IRなんていうのの噛みつくよりもっとこういうのをやってくれって!




taka1346yu at 23:08│ひとりごと