2020年01月11日

ネットの記事から

19年訪日客、2.2%増 3188万人、政府目標遠く(時事通信)
- Yahoo!ニュース
  という記事があがった。

おおよその意見は訪日韓国人が減ったといいながらも過去最高、
東京五輪の今年はもっと増えるだろう、そんな感じ。

ただ意見の中にはなぜ客数ばかりにこだわるのか、落としたお金の
方を重視すべきというのもあった。
さすが役人とは違い目の付け所が違うw

もちろん民だけでもよくないとは思うが、官主導型ほどダメなものは
ないと思う。なぜならビジネスをやってきてないもの。
責任も無ければ過去失敗をきちんと処理したこともない。
そんなところがやってても声を大にしていえるのが税金の無駄!

そして彼らの頭にあるのが、民間悪玉説。
いわゆる儲けに走るとロクなことをしないw
そういうのは法律で責任を取るようにすればみんな慎重になるの。
バカバカしい・・・



まあ政治もこの程度だからというのが
日本政府、1000人規模での訪韓を計画していることが発覚 ⇒ 既に
韓国側には伝えてる模様:あじあニュースちゃんねる

こういうことをやってるんですからね。

まあ、このニュースは聯合ニュース発で共同通信が報じてるということ
からフェイクという話も出てますがw

それにしても危機だから自分たちの出番、仲違いしてる時こそ話し合い
というお花畑脳は理解しつつも、先日も書いたように無用な嫌がらせを
してることへはっきりとした抗議のメッセージがないことに怒りを感じる。

その昔、福田元総理は「あなたは相手の嫌がることを言いますか」って
記者会見で発言したことがあった。
その時も同じように思ったけど、それじゃあ言いたいことを言えず相手の
言いなりになるのがあなたの外交ですかって。
まあ現実には中国の言いなりになってるけどw

こんな人たちが相手国では腰が低く、自国では恫喝する。
クズ中のクズでしょう。
まあ選挙で通す地元連中が一番のクズだと思うけどw

日本の特に自民党に巣くう悪玉コレステロールはまだまだたくさん。
いつも野党に文句を言うけど、個人的にはこっちが一番嫌い!
ただ選挙で少しずつ浄化されてることもあり、あと何回くらいで日本の
政治はまともになるのかなあといつも思ってます。

お金がかかってもいいから、無駄金とはらわた煮えくりかえりがなくなる
ためにも選挙をしてくれた方がいいですわ!



話は少しそれてこんな記事がありました。
【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「なぜ日本だけを責めるんだ!」
日本軍の『グアム侵略』に関する米誌の記事に異論続出

一部抜粋すると・・・

米誌ナショナルジオグラフィックは先日、
「過去に日本はグアムを侵略したのにもかかわらず、
 日本人の観光客は現地で歓迎を受けている」
というタイトルの記事を掲載。

日本統治下のグアムや戦後の観光ブームに関する内容で、
「チャモロ人はすべての日本人に屈することを要求され、
 男性は日本の軍事インフラで労働することを余儀なくされた」
「日本統治中、チャモロ族は米国への帰還を切望していた」
「『アンクル・サム、どうかグアムに戻ってきて』という曲が
大人気となり、
日本軍はそれを禁止にしなければならない程だった」
など、非常にアメリカ寄りの内容になっています。

つまり日本に統治され、酷い目にあったはずのグァムなのに現在は
すごく歓迎されているといった内容。
それについて異論が噴出してますw

アメリカの統治の方が酷い。
昔のことをとやかく言うな。
日本はハワイでもアメリカ本土でも歓迎されている。
など。

個人的に思うのはナショジオでしょ。
つまりは環境関係の有料テレビ番組。
内容はたまに見てるけどすごくいい。

ただし、こういう連中は日本ヘイトの疑いがかなりある。
その最たるものがクジラ。
動物愛護の精神で日本を攻撃しまくるんですよ。

でもね、その先鋒でもあるオートラリアが大笑い。
豪当局、ラクダを空から多数射殺へ 
水を求めて民家を破壊 - BBCニュース
これですよw

実際は非難を浴びるからかラクダにしてるけど、その他の動物も殺戮
してるというのが事実のよう。

まあ死刑廃止国が日本の死刑制度を批判しながら、てめえらは犯罪者を
裁判にかける前に射殺してるじゃねえかという突っ込みがあるように、
どっちが野蛮なのかを問いたい。

オーストラリアにしてもたまに大規模山火事がある国にしても、なぜ
対策がなされてないのかが不思議。
自分が思うのは幅50メートルくらいの舗装もしくはコンクリートの
火災防御ゾーンを作る工夫くらいすればいいのにと思う。

自然破壊の問題もあるけど、区分けしてやれば被害も限定的になると
思う。そういうことすらしない国からあれこれ言われたくない。



最後に
池田清彦@IkedaKiyohiko
特攻隊は犬死です。国は国民が生活するための道具に過ぎません。
道具のために死ぬのはアホでしょ。

このツィートが話題になってます。
どう感じますか?批判を浴びた、その後以下のようにおっしゃられています。
特攻隊は犬死です と書いたらリプライがたくさん来てびっくりして
います。勘違いしている人が多いようですが、犬死とは決して侮蔑の
言葉ではありませんよ。何の役にも立たずに無駄に死ぬことです。
私は特攻隊の遺品が展示してある太刀洗博物館に行ったことがあります。

続き まだあどけない若者の笑顔の写真と悲壮な遺書を見て涙が出ました。
同時にもはや勝ち目がない戦にもかかわらず、純朴な若者の命を捨石に
した時の軍部に言いようのない怒りを覚えました。
今また日本は危うい道に踏み込もうとしています。

続き どうか皆さんは犬死にせずに、使い勝手が良い社会を目指して、
生きてくださいね。

続き 犬死とは特攻隊員に対する侮辱の言葉ではなく、若者を特攻に
仕立て上げて、死に追いやった者たちへの怒りの言葉です。


犬死は侮蔑の言葉ではないといいながら、役立たずで死ぬこととと最大無礼
な言葉で批判してるこの矛盾。
池田先生は団塊ど真ん中の戦後教育にどっぷりつかった方なんでしょう。
勉強ができても残念な人って感じです。

反論では以下のツィートがありました。

自分としてはまず言いたいこととして、最近は発言して問題になると
必ず言うのが「わたしの発言で傷ついた人がいたらお詫びします」と
いうこと。

自分はそういう意味で言ったのではない。
本来の趣旨とは違うと弁解するシーンをよくみる。

そのたびに、そうやって言えば確実に誰かが反応してくるに決まってる
って思いますやん。危機管理ともいわれているように公けでの発言や
特に謝罪についてはすごく厳しい。
それが権力、権威のある人だとなおさらですよ。

今回の件に戻ると、多くの犠牲者の上に我々が平和を甘受し、生かして
いただいてると思う日本国民は多いと思う。
そうじゃなければ皇室制度は崩壊し、靖国神社は継続してないだろうし、
先祖の墓参りなどすることもないでしょう。

最近ではたれれば歴史論で、もしもああしてたら日本の敗戦はなかった
というのを見ることがあります。
その話を父にすると彼はごりごりの保守派で戦争ぎりぎり体験者であり、
兄を二人も亡くし、親せきも多く亡くした人ながらはっきり言います。

「日本は負けてよかった。もしも負けてなくて軍がそのままだったら、
ロクでもない国になっていた」と。
自分もまったくそうだと思う。
多くの犠牲で涙し、平和を強く願い、そして今の日本がある。

その犠牲を犬死と呼べるかどうかで人としての在り方がまったく違う
んだと思う。

彼のツィートを追っかけると反安倍界隈の人だとわかったw
こういう人たちに嫌気がさすのは、政権批判は仕方がないにしても根本
をまったくスルーする人が多いこと。

例えば、日本人の行為に対しては凄く批判するけど、中国の人権問題、
北朝鮮の拉致問題には目も向けない。
戦争反対でも根本である武器を作ってる国への怒りや、話し合いを言い
ながら、それに応じようとしない独裁国家もスルー。

そして言いやすいアベガー!
何なんだこいつらっていうのが自分の思いですわ。

「土地汚れる」障害者グループホーム、理解なき反対運動:朝日新聞デジタル
挙句はこういう人間になったら終わり・・・


taka1346yu at 23:16│ネット