2020年01月20日

諸刃のドローン

体調悪化の年始から3週間近くなりました。
かなり元に戻ったとはいえ、唯一戻ってないのがラーメンを
食べる気にならないこと。

寒くなるともってこいのラーメン。
普段はチャーシュー大好きで定期的に食べてたのに。
こちらの食欲が出れば完治と言える気がしますね。

あと免疫力が弱ってると思い、運動も始めました。
ここ2年ほど肩が痛いことから、運動が面倒くさくなってしまい
ジョギング、ウォーキングもしてませんでした。

そういうのもあって免疫力が落ちたと思い、久々に歩いたら足の
筋肉がかなり落ちてることに気づきました。
しかも歩くのはいいけど走れない・・・

自分の場合は野球、サッカー、スキーとしてきてたんで普通の人
よりは貯金があると思ってたけど、だからこそ落ちたのもよくわ
かりちょっと焦ってます。

毎日ハムストリングス、スクワットを100回ずつ欠かさずやってた
ました。それでも力が入らない感じがする。




年々というか日々ドローンの技術が進化してる。
最近ではUFO動画が出ると、ほとんどがドローンなんじゃないか
と思ってしまうほどw

プログラミングの技術と飛行性能が理解しがたいレベルになって
いるんじゃないでしょうか。

このツィートを見ると救命としての期待が上がる。
でも日本人で軍とか兵器とかにアレルギーを持ち、知ろうとしない
人たちは殺傷マシーンとしてのドローンがわかってないでしょう。

そもそもドローン自体が無人軍事兵器として開発されましたから。
ま、そこのところはインターネットなんかも軍事由来なんで深刻に
考える必要はないと思うけど。

このことはAIにしても5Gにしても同じ。
使用者の意図によって善意にも悪意にも分けられます。

ところで日本はこうした技術に関して異常に遅いと思いません?

一昔前なら最先端にいました。
ただ心臓部だったり、素材部門では最先端を走ってるでしょう。
ところが製品、デザイン、販売にはいない。

前に書いたことがあるけど、かの武田先生受け売りの話では、家電
などの工場は組み立てるだけなんでどんどん賃金が安いところに行く
ものと思った方がいいと。

最初は欧米でスタートし、次に日本が奪い、その後は韓国に中国
そしてベトナムや南米へと移っていくものと考えた方がいい。

そう思えば、日本の家電が一時期は世界を席巻したけど今は凋落した
っていわれますが、形を変えながら唯一無二の製品を作り、海外の
市場でもそこそこのシェアを持ってると思った方がいい。

でも、国際規格に何の影響力も無くなってるのは問題。

通信、電波、エネルギー、自動運転など今後の情勢を左右する市場に
日本の企業が部品屋としてしか顔を出さないことの悲しさ。

そしてその原因は完全に政治というのに怒りを感じる。
なぜならすべて規制ですよ!

最近は自動車でもテレビが普通に見られるけど、電波の範囲が次々
変わること。自動運転とかも許可を出さないし、通信も民業圧迫。
エネルギーなんて議論すらされない。

少し進んだと思えば、その業界や企業に天下りがいるのを発見w
こんなことばっかだから日本はもう終わりますよ。

働き方改革が施行されましたよね。
まだまだ効率よくやってるところは少ないという。
そりゃそうだわ、FAX、判子、手紙・・・いつ変わるの?
ため息が続きます。

taka1346yu at 23:03│話題