2020年03月19日

通信か電波か

地上波は見なくてもyoutubeは見てる日々ですw
ホント新聞やテレビがなくても差し支えないなんて・・・

そしたらカンニング竹山さんがつぶやいてました。


最初は何言ってのかなって思った。
自分もネット動画は利用してる側なのに。

実は続きがありましたね。(以下、記事より)
カンニング竹山がYouTube「崩壊」を予言「ビットコインと一緒」

竹山は、芸能人がまだほとんど進出していなかった8年前からのユーチュー
バー。そのベテランとしての経験を踏まえ、「今のYouTuberは、動画を
撮ってYouTubeというサイトに上げて、自分のチャンネルをやってるでしょ?

でも5年後ぐらいに5Gが全国隅々まで整備されると、もう特定のサイトに
上げる必要はなくて、誰もがリアルタイムで配信できるわけ」と切り出す
と、「そうなると企業も個人も自分で好き放題に動画を撮って、いわば
『自分のテレビ局』から配信する時代になってくるから、今のYouTubeから
広告料をもらって配信するやり方は古くなる」と断言。


言いたいのはyoutubeというシステムが5Gの登場で変わるってこと。
これには自分も納得。
でも本当に脅威なのは地上波でしょう。

youtubeの登場で多くのことに気づかされました。
一昔前は素人参加番組が多く、そこからスターも発掘された。
それが今やほとんどが事務所に所属。

タレント同士がクイズや何かをして賞金争いをするのが何が楽しい?
今出てる中には実力で出てる人もいるけど、バーターといわれるコネで
出てる人も多い。

作る側のテレビも下請け、談合、丸投げのオンパレード。
そうこうしてる中で業界内天下りも多い。

一昔前のビデオを見ると飾りなんて質素。
それが今や目が痛くなるほど派手なものが多い。
一体何千万かけているんだろう、そしてそんな価値があるの?

視聴者の人でどうでもいいって言う人もいるでしょう。
しかし法外な出演料、制作料、人件費は高額なスポンサー料にはね返り、
それが我々が使うモノの値段へとなっていきます。
だから一概にどうでもいいなんて言えないと思う。

youtubeがそこに一矢報いてくれてる。
特に飾りが無くても面白ければ見る。
企画力や内容が充実していれば興味がわく。
出演者が家、お店、かんたんなセットでも十分。
そして何より、好きなときに好きなように見られるから録画も不必要!

新しいツールにみながどう対応していくのかが見物。
ただし竹山さんが言うように、その進化にどれだけの人がついていける
かは未知数でしょう。

自分たちもPCやネットが出た当初は先端にいた自負がありました。
しかしだんだんついていけなくなった。
それを思うと時代の流れほどたいへんなものはない。

運動の方が筋力や反射神経が衰えるのと同様に、感性とかひらめきそして
行動力やなんかもある一定に年齢になると壁があるでしょう。

一つだけはっきりしてるのは地上波終わり。
生き残るなら電波オークションなどで厳しい現実に直面しないと!





taka1346yu at 23:50│マスコミ