2020年06月15日

日本ちゃちゃ!

「パクりまくる中国」に日本が勝てない深い事情 |
中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


この記事が話題になってました。

思えば20~30年、日本は失われた時代といわれ、就職氷河期などもあり
その間に中国や韓国が台頭したわけで、それらもあって日本はもうダメ
だという話や。両国に追いつかれた、追い抜かれたというのを見ます。

これについてどう思われるでしょう。

記事を参照してみます。
パクる、マネるというということは簡単ではないとある。
細かく見ていくと・・・

日常的に、世界中の同業・他業種のビジネスについて情報収集しておく
必要がある。そうして、優れたビジネスを発見したら、即座に「どこが
優れているのか」、「なぜその特長は実現できたのか」を分析する。

これについて日本が劣っているだろうか。
日本の技術はかゆいところに手が届くと言われている。

ただ近年、家電メーカーが失敗してるのは確か。
第三国では中国や韓国のメーカーが席巻してるわけだけど、それは価格
が安いとか、シンプルで機能が少ないなどで手に届きやすい。

日本はどうしても商品がいいため壊れにくい。
それを高価格でカバーしようとしてるから負けているだけで、製品の
信頼性では相変わらず世界のトップクラスだといえる。

マネるためには、リサーチ・分析・発案・意思決定・資源分配・実行と
いうプロセスが求められる。これだけの複合スキルを発揮できる企業や
人材に対して、「ただマネが上手いだけ」とは言えないはずだ。

これすごく良い言い方をしてるけど、技術を盗むやつが必死に調べて
いるというだけのことで、そんなことは古今東西どの企業も同業他社が
ヒット商品を出せば研究してますよw

現在の中国企業はただのマネで終わらない。ただマネるだけでは、本家の
劣化版で終わってしまい、競争に勝ち続けることは難しい。そうではなく、
他社の優れた特長を自社に取り入れ、ビジネスの新たな組み合わせを
つくることで、差別化を量産していっている。

これが得意だったのが日本。
そして今の中国が本家に追いつく、あるいは追い抜くかと言えば・・・
笑いしかこみあげてこない。

中国製品で優れたもののほとんどは日本やアメリカへの輸出品に限った
もので、それらは外国人が検査、検品してるから一定水準を保ってる
わけで、国内向けは無茶苦茶w

そしてこの筆者が優秀だとあげてるのがフェイスブックたツイッターなど
の中国版が素晴らしいと言ってるだけ。
そんなのプラットフォームの丸パクリやん!

じゃあ日本はってなったら、そんな著作権侵害は出来ませんよ!

他にはフードデリバリーをあげてて、そんなのもサービス形態をパクった
ものつまりビジネスモデルをそっくりそのままやん。
そういえば大江戸温泉とかもパクってましたなあw




zei

こんなん先進国の中で発展できますかいな!



ただし日本も全く問題がないわけじゃない。
個人的には中国や韓国の後塵を拝したいくつかの理由があると思う。

・経営形態が変わった。
日本のモデルも欧米のパクリから始まった。
しかしスタートは技術者や職人がそれこそ雨後の筍のように競争して失敗して
生き残ったのが数社。そこから高度経済成長で大企業になったところで、
営業側の方が力を持ち始め、バブル期には株や証券なども比重を置かれたこと
で銀行員など技術者ではない者が役員になっていった。

そこからさらに超優良企業では大学卒の人気もあり、たくさんの就職していった
わけだけど、課長島耕作に代表されるように派閥争いのような内部抗争が起き
結果、製品の競争力は落ちて魅力ある商品も無くなってしまった。

・イノベーションが起こせなかった。
イノベーションは技術革新といわれるように、過去の概念や生活形態を
激変させるシステム、商品などを言います。

近年ではインターネット、そして次世代が5G、AIと言われているけど
科学者に言わせたらその程度はイノベーションじゃないそう。
じゃあどういうのっていうと、反重力、テレポート、タイムマシンクラスだと
いうから怖ろしいw

こちらについては何と言っても研究費でしょうね。
先の話にも関係するけど、経営側が強いとどうしてもコストの話になる。
研究費はある意味捨て金でもあるから、ここをどう捉えるかで生き残りに関係
するでしょう。

ただ成功してる企業は本来の商品で絶対真似のできない製品か、自社の技術を
使って新たな新商品開発をして生き残ってますよね。
コロナ関連でも富士フィルム、村田製作所・・・いくつかの名前があったし、、
韓国への輸出管理強化三品目は言うまでもありません。

・国の規制、天下り
これが今後一番の課題だと見ます。
先に挙げた5G、AIなどの研究を阻害してるのが規制でしょう。
AIでは自動運転が注目されてるけど、日本は一般道路での研究は不可。
海外では普通に許されてるのに、これだけで進展に違いが出ます。

5Gは通信や電波が関係してくる。
こちらも言うまでもなく規制。
車を運転してるとラジオなんかでもすぐに切れてしまう。
狭い国なんだから同じバンド帯を使えばいいのにといつも思う。

ただ5Gに関しては遅れた分を6Gで取り返そうという動きもありそう。
こういうのって経験してません?

例えば自分が最初にパソコンを買ったとき、HDが3ギガなんて言ってた
ら、先に買ってた人がすごいなあって言ってました。
しかしその後にパソコン初心者の友人が買うと一気に10ギガとか20とか、
抜かれた~としばらくは思うけど、次に買うときは追い抜きますよね。

そういう世界なんでしょう。
それよりも重要なのはそれで何をするかであって機能の優劣ははたして
どれだけの意味があるかってことです。

スーパーカブで日本一周したり、あちこちに出かけたり。
高級車で近所しか行かないのとではどっちが有効に使ってるかってこと。



 


taka1346yu at 23:39│ネット