2007年09月28日

暴動の影に

ジャーナリストが射殺されてしまったなあ。 長井さんはイラクやパレスチナにアフガンと過激な場所で取材されていたそうで、 それが逆にミャンマーはまだまだ大丈夫と思わせたように感じた。 ミャンマーという国を知るきっかけになったのはずっと前に北朝鮮による爆破テロ で韓国の閣僚が数名死亡した事件があり、その場所がアウン・サン廟ということで 名前を覚えた頃にアウン・サン将軍の娘アウン・サン・スーチーさんが軟禁された ことを知った。 軍事政権でビルマという国名がミャンマーに変わったのもこの頃だったと思う。 はっきりいってこのことと第二次世界大戦でインパール作戦の名のもと多くの日本兵 がタイ・ビルマ国境でイギリス軍と戦うべくジャングルを移動したけど補給路を絶た れ餓死と病死という悲惨な作戦があった場所という知識くらいしかない。 あとは「ビルマの竪琴」という映画のタイトルかな。 ただ親日的な国だというのは知っていた。 そのため軍事政権はどうなってる、スーチーさんは?と思ってけど、この十年はなん の動きもなかったから案外落ち着いていると思っていたんだけど・・・ そしたら今回の騒動、貧富の差に怒る国民の姿は想像していなかった。 国が貧しいのに武器があるというのは最悪だね。 もちろん軍が政治をつかさどるなんてロクなことはない。 それにしても最貧国への武器輸出の影にここ最近は中国という名が上がる。 こんな国にいまだになんやかんや言われるなんて・・・

taka1346yu at 23:07│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字