2007年05月30日

阪神の応援とは?

阪神の負けが止まらない。 でも、おいらは平気いやもっと負けてもいい。 できれば今のファンのほとんどを切り捨ててほしい。 阪神ファンは負けてもずっと見続けてきた。 あの暗黒の18年を経験した人同士ではなんとなく似たようなところがあり、 今回の負け続きについても鷹揚かどうかでわかる。 最近の応援がほんまに嫌いだった。 エラーしても打てなくても応援しようなんていうのは応援ちゃうと思うな、 だってお金を払い、貴重な時間を割き球場に足を運んでいるだよ。 負けてもファンサービスするならいいけどそんなこともない。 不甲斐ない内容ならば厳しくやるべきでしょう。 あの満員の球場が嫌で行ってなかったから知らなかった。 7回に歌を歌ってたんだってね、「男をあげろ」とかいうんかな。 それを広澤コーチがブログで批判したそうだ。 それについてはよくわからないからここでは書かないけど、よく考えたらテレビを 見てても応援マーチがなんとなく違っていることに気づいた。 以前は中虎会が仕切ってたんだけどや~さん絡みとかなんかで追放された。 その後今の人たちががんばっているそうだけど、よくも悪くもああいう盛り上げと いうのはガラの悪い連中の方がうまい。 そういうのもあってか応援マーチも一掃されてしまったのかなあ・・・ 雰囲気がなんとなく変ったと感じてたのもそれだったのかもしれない。 最後に今年の阪神を見てて 3位以内なら良いという思いがスタートからつまづいた原因になったと思う。 戦力的にはBクラス落ちはないというおごりがあったんちゃうかな。 プロの選手なんかそんなに大差ないと思うな、あそこまでくるとメンタルの 勝負になってくると思う。 そこを上手くのせられなかったため、勝ち癖ならぬ負け癖がついたように思う。 もちろん金本・シーツの主力の不調と投手陣の初回に先制を許してしまうパターン があまりにも痛い。 でもこうなったら若手や新戦力を試してほしい。 負けていいんだよ~阪神はね。 ガラガラになって誰も来なくなったらおいらは行きます!!!

taka1346yu at 22:29│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字